PM学会で発表してきた話~後編~

こんにちは。技研の「110」です。

先週、担々麺さんから紹介があったPM学会で発表してきた話~前編~の後編ということで今回は私が発表してきた2本目の論文について紹介します。

成果物レビュー結果を用いたプロジェクト問題検出手法の提案と評価

クレスコ 技術研究所 伊藤まゆみ、村田新司、青山裕介、高野政幸
     品質コンピテンシー管理室 丸山久

 

 

弊社は独立系SIerのため、幅広い分野のシステム開発を請け負っており、常に多数のプロジェクトが稼働しています。各プロジェクトが高い品質を達成するために品質コンピテンシー管理室(以下、品管部門)を設置し、プロジェクト管理を行っています。

品管部門の仕事の1つにプロジェクト状況報告のチェックがありますが、この方法でプロジェクト状況を確認する場合には「認知バイアス」により正しく状況が報告されないリスクがあります。

 

認知バイアスが何かというと、ダニエル・カーネマン(2014)は人が複雑な問題解決や何らかの意思決定を行う時に「ヒューリスティック(暗黙のうちに用いている簡便な解放や法則)」を利用するが「ヒューリスティック」を利用した解決方法には対象を評価する際に、自分の利害や希望に沿った方向に考えがゆがめられ、対象の目立ちやすい特徴に引きずられて、他の特徴についての評価がゆがめられる「認知バイアス」が発生すると主張しました。

プロジェクトで例えると、何か問題が発生している場合にプロジェクトマネージャが「お客さまの体制が弱いせいだ」というような先入観に囚われ、原因がお客様にあると思いこむようなことを認知バイアスといいます。自分たちにも問題があるかもしれないことに気づかず、品管部門へ報告してしまいます。

このような事象が発生すると、品管部門は報告からプロジェクト状況を正しく把握することができません。1つ1つのプロジェクトにインタビューを行ったり、現物をレビューすることが解決策として考えられますが、品管部門のリソースは限られているため全てのプロジェクトへこのような対応をすることは難しいです。

 

そこで報告とは別の情報源として成果物のレビュー指摘を用いてプロジェクト状況を把握する手法を考案しました。

この研究を実施するにあたって弊社で開発・運用しているプロジェクト管理ツールであるCREAMS(CREsco Advanced Management System)にレビュー指摘から情報を自動収集し、メトリクスを表示する仕組みを追加しました。

 

検証手順としては、あるプロジェクトへ今回の手法を導入し、品管部門はこれまで通りプロジェクト状況報告を確認し、検証メンバがレビュー指摘のメトリクスからプロジェクト状況を推測しました。
推測した内容とプロジェクト状況報告の内容を並べたところ、それぞれ違った問題であることがわかりました。

 

推測した内容
・レビューの質に問題あり
・設計作業に問題あり

プロジェクト状況報告
・担当顧客不在による遅延
・他社資料の精度が低いことによる作業遅延発生
・現工程内での手戻り

 

今回の研究では推測した内容の妥当性を確認するために、プロジェクトへ特別にオブザーバを参画させました。オブザーバはプロジェクト活動は行わず、プロジェクトの状況を第三者目線で観察します。
検証チームはオブザーバへのインタビューを行い、推測した内容の妥当性を確認しました。
確認したところ、推測した内容はそれぞれ実際のプロジェクトの問題であったことが確認できました。

 

これらの検証結果から、本手法が一定の効果を持つことが分かりました。
効果を証明することができたことも成果の1つですが、事業部と品管部門と技研の横断的な研究を実施することができたことも大きな成果だと感じています。

また、実際に学会で発表したことによって、より自分の研究の位置づけや意味を深く理解することができたことも大変よかったと思います。

 

発表では、2つの質問をいただきました。

1つめは、データの集め方についてです。
プロジェクトごとにデータのばらつきが出てしまうという点は、こうした取り組みについて回ることです。この研究ではチケット管理を取り入れたCREAMSでデータの登録/管理を行うことでデータのばらつきを防ぎました。このCREAMSは会社の標準ツールにすることを目指しているため、これが認められれば粒のそろったデータをより多く収集することができます。

 

2つ目は、オブザーバがいない場合の妥当性確認についてです。
今回の手法ではレビュー指摘から推測した内容をオブザーバへのインタビューによって妥当性を確認しました。オブザーバはあくまでプロジェクト状況を観察する者で、プロジェクト活動は行いません。こうした役割のメンバをプロジェクトに参画させることは通常難しいです。
そのため、実際の運用では推測した内容は品管部門からプロジェクトメンバへのインタビュー項目として利用するのが現実的だと考えています。

 

学会で発表することで、このように幅広い指摘や意見がもらえることは今後の研究活動にも非常によい影響を与えることができ、よい刺激を得られる経験になりました。

今後もこのような活動を通じてクレスコの知名度をあげることに貢献したいです。


PM学会で発表してきた話~前編~

はじめまして。PSの担々麺です。

3月9日、10日にPM学会が主催する春季研究発表大会が開催されました。
プロジェクトマネジメントに関する論文の発表の場ということで、半期に1回開催されています。毎回80本近い論文が発表されており、弊社からも2本の論文を発表しました。

今回はそのうちの1本についてご紹介したいと思います。

ヒューマンエラー排除に向けたヒヤリ ハット横展開ディスカッションの事例 ~メタ認知的アプローチによる一考察 ~

クレスコ プラットフォームソリューション事業部 藤田智、山内貴弘

もともとあるお客様の維持保守プロジェクトで、ヒューマンエラーが起因するトラブルを発生させてしまったことから、どうしたらヒューマンエラーをできるだけ排除することができるか。そのための活動をしてきました。

続きを読む


PI に時間を

技術研究所の(あ)です。
一昨日は 3/14。そう、円周率(PI)の日です。小学生のときに 3.14 とかおよそ 3 とか習うこの値、小数点以下が繰り返しもなく果てしなく続く、ということは誰でも知っているかと思います。その数字の並びは、規則性もなくランダムです。つまり、0 から 9 のどの数字も、どういう数字の並びも、(長い目で見ると) 均等に出てくる、ということです。

ほんとうに? どんな感じ?
といったあたりを実際に見てみましょう。

続きを読む


技研インターン体験日記

初めまして!
今、現場配属型インターンシップに参加しています、O-Bといいます。
ここでは私がインターンシップで思ったこと、わかったことについて書いていこうと思います。

1日目・・・

いよいよ、現場配属型インターンが始まる日になりました。
いつもは(家を出る)10分前におきて、(学校の授業開始)1分前に着けばいいと考えている私ですが、当日は緊張しすぎで、(家を出る)2時間前におきて、(集合時間の)1時間前に会社に着いてしまいました。
1日目の内容を簡単にまとめると、インターン中のルールや社会人としてのマナーの研修、配属部署の発表という感じです。ルール、マナーの話をしてもという感じですので、1日目については行った内容だけにしておこうと思います。

続きを読む


gitbookで楽々ドキュメント作成

ご無沙汰しております。技研の(ほ)です。

突然ですが、仕様書などの各種ドキュメントを作る際には、みなさんは何を使っていますか?
Sphinxのエディタ選択の際にも同じことを書いたのですが、私は今でもSphinxがベストだと思っています。

ただ、ベストだとは思っているのですが、インストール、設定、記法などのハードルの高さは確かに感じております。

そのため、今回はお手軽に使えそうな Gitbook を紹介したいと思います。

続きを読む


あれ?…私のChrome、シークレットウィンドウがない…?

技研の(ほ)です。

Webブラウザは何を使用していますか?
日本のブラウザシェアランキングではChromeが32%弱で1位のようですので、Chromeを使っている人が多いと思います。

私もChromeを使っており、”シークレットウィンドウ”機能を複数アカウントでログインしたり、まっさらな環境での表示を試すのに使用しています。

ところが、ある日シークレットウィンドウを開こうとしたところ、メニューになかったのです。

secret_option

当然、ショートカット “Ctrl + Shift + N” も効きません。

最初はこの機能が廃止されたかと思ったのですが、周りに聞いてもTwitterを見てもそのようなことは無さそうでした。

何とか再度使えるようにはなったのですが、意外と対処法が見つからなかったため、解決手順を書きたいと思います。

続きを読む


「HTML5感。~HTML5の最新動向ともっと使いたいHTML5のノウハウ~」に参加してきました

こんにちわ、ビジネス開発室の ton です。

2/11(土)にLPI-Japanさま主催のイベント、「HTML5感。~HTML5の最新動向ともっと使いたいHTML5のノウハウ~」に参加してきました。このイベントは”HTML5の最新情報を楽しんで聴けるセミナー”として、定期的(3か月毎くらい)に開催されているもので、今回が5回目の開催になるそうです。ちなみに私は約1年ぶり、2回目の参加になります。

開催概要
http://html5exam.jp/newsdetail/seminar20170211/

プログラム

初級者向けセッション 中級者向けセッション
ディスプレイの中のバーチャルな世界からリアルな世界に広がるHTML5
有限会社futomi / 株式会社ニューフォリア 羽田野 太巳 氏
プロジェクトを殺さないCSS設計
株式会社 ピクセルグリッド 高津戸 壮 氏
CSSの便利機能で楽しちゃおう!
NTTソフトウェア株式会社 鈴木 雅貴 氏
HTML5 Web アプリケーションのセキュリティ・マネジメント編
株式会社シーピーエス 村地 彰 氏
<input>は地味だが役に立つ
株式会社フォーク 棚澤 優介 氏
SCSSの関数機能を利用した効率的なCSS作成
株式会社コムセント 関口 和真 氏
HTML5を使った開発にも役立つVisual Studio Code
日本マイクロソフト株式会社 戸倉 彩 氏

初級、中上級者向けに分かれているところは、中上級者向けのセッションを聴講してきました。
聴講したセッションについて、概要と個人的にポイントだと思った点をお伝えします。

続きを読む


AR とか MR とか VR とか

技術研究所の (あ) です。

マイクロソフトの HoloLens が (ようやく) やってきて、HMD (Head-Mounted Display) 界隈がまた新たな賑わいを見せています。しばらく前は Oculus Rift を使った VR (Virtual Reality) が大流行して、その後はよりお手軽なハコスコ、Cardboard が増えつつあるかなぁ、という感じだったところに、新たな流れを作ることができるのでしょうか。

マイクロソフトは HoloLens を MR (Mixed Reality) デバイス、と称しています。メディア・記事によってはこの MR という言葉をあたかも新たに発明された概念かのように書いていることもありますが、そんなことはありません。現実と仮想を融合、って言うけれど、それって AR (Augmented Reality) とどう違うの?

今回はその辺りを、歴史もふまえてざっと整理しておきたいと思います。

続きを読む


アヒルと “TANSTAAFL”

技術研究所の (あ) です。

弊研究所では機械学習を用いた画像分類などをやってます。
機械学習にもやり方がいろいろありますが、どれも基本的には、「判定したいもの」や「状況」を入力したときに出てくる「答え」が、なるべく正解 (教師データ) と同じに (もしくは近いものに) なるようにするか、あるいは何らかの「ポイント」がなるべく高くなるように学習する、ということをやってます。

すなわち、何らかの評価関数 (コスト関数) の最大値・最小値を探すという、最適化問題を扱っていることになります。この最適化問題に関して、おもしろい名前の定理があります。

その名も「ノーフリーランチ定理 (No-Free-Lunch Theorem)」。”Free Lunch” とは「無料の昼食」のこと。”No Free Lunch” とは「無料の昼食なんてものはない」ということ。

「『無料の昼食なんてものはない』定理」? いったいどういうことでしょう?

続きを読む