RPAとクラウドサービスがAPIで繋がる?UiPath Integration Service入門①

こんにちは、クレスコの吉田です。

2021年10月に、UiPath Japan MVP2021に認定いただきました。2020年から2年連続の認定となります。最近は複数の企業でRPA推進事務局支援やDX人材育成支援に携わっております。一緒に働いてくれる仲間も随時募集中です。お気軽にお声がけください!

さて、2021年11月にUiPathプラットフォーム「UiPath 2021.10」が提供開始されました。

2021.10では、Linux環境でのUiPathロボットの実行が(一部)可能になったり、SaaSとして提供されていたUiPathプラットフォームをオンプレミスやプライベートクラウドで利用できるようにコンテナ化したAutomation Suiteなど、100を超える新機能・機能拡張が提供されました。

本記事では、まだ日本語情報がほとんどないUiPath Integration Serviceについてご紹介したいと思います。

UiPath Integration ServiceはiPaaSの1種であるため、まずはiPaaSについて説明します。

iPaaS(Integration Platform as a Service)とは

iPaaSとは、複数のシステムやアプリケーション間でのデータ連携を行うクラウドサービスです。RPAが主に画面操作によりデータの抽出や入力を行うのに対して、iPaaSは主にAPIを通じてデータの入出力を行います。

続きを読む

ReactでToDoアプリを作成

はじめに

WEBアプリのフロントエンドに触りたいと思い、ToDoアプリを作成してみました。
Reactの基本的な用語や環境構築について記載しているため、初学者の方でもわかりやすい内容かと思います。

アプリケーションの概要

タイトルにもありますが、ToDoアプリを作成します。
タスクはチェックで完了/未完了を判別でき、フィルターで
絞り込むことができます。

続きを読む

Nutanixの基礎 Part1~製品の特長とCVMの概要編~

こんにちは。
クロステック事業部 第二クロステックセンター Ao です。

本記事ではNutanixとは何ぞや?という方向けにNutanixの基本の”き”を紹介していきます。
主に、Nutanixの特長やコアコンポーネントであるCVMの概要を説明させていただきます。
HCIの説明はこちらで紹介しているので、ぜひご覧ください!

続きを読む

HTML Canvasでお絵描きアプリを作ってみた

 こんにちは、デベロップメントテクノロジーセンターの岩崎です。

少し前にHTML Canvasを使ったお絵描きアプリを作ることがあったため、備忘録もかねてサンプルアプリを作ってみました。

サンプルアプリ

早速ですが、今回作ったサンプルアプリは下記です。
画像ファイルをアップロードして、その画像に対してお絵描きが出来るようになっています。


CodePenでのソース確認、動作確認はこちら

今回は、上記サンプルアプリからいくつか要点をピックアップして説明していきます。
細かい説明も知りたい場合はソース・コメントを直線ご確認ください。

続きを読む

ディープニューラルネットワークのモデル軽量化

この記事は『CRESCO Advent Calendar 2021』 最終日(25日目)の記事です。

こんにちは、CETにて殿堂入りしました井上です。
“CETって何?”と思ったかたコチラの記事(「困ったら必ず助けてくれる人がいる」クレスコの仕組み紹介します)をどうぞ!

さて、アドベントカレンダーも最終日となりました。
12/1から毎日投稿された、様々なテーマの記事はいかがでしたか?
最終日の記事はディープニューラルネットワーク(以下、DNN)のモデル軽量化について書きます。というのもエッジAIへの取り組みを行なっているのですが、そこで得られたことを記事としてまとめておこうと思います。

現在のDNNは、層の数が多く膨大なパラメータが含まれる傾向にあります。このような巨大なDNNは計算量、メモリ、電力など多くの資源を要求しますが、計算資源の限られたエッジデバイスで動かすには限界があります。
こうした課題をクリアするモデルの軽量化について解説します。

続きを読む

DXを支えるCloud Center of Excellence(CCOE)

この記事は『CRESCO Advent Calendar 2021』24日目の記事です。

こんにちは。第一クロステックセンターの長田 修次と申します。

数年前よりオンプレミスのインフラエンジニアから学び直しを行い、現在はAWSで金融業界を中心にクラウドトランスフォーメーションのご支援をしています。

近年担当のお客様にてCCoEのタスクや運用を検討する機会をいただくことができました。

クラウドを活用する多くのお客様にはすでに馴染みがあるかもしれませんが、共有させていただきたいと思います。

 

続きを読む

アジャイル開発で使える振り返り手法について

この記事は『<CRESCO Advent Calendar 2021』 23日目の記事です。

 

初めまして。

システムズエンジニアリングセンター(SEC)1年目のとくです。

去年までアジャイルという言葉も聞いたことがなかったアジャイル初心者ですが、半年ほど前からアジャイルについて学習を始めました。

アジャイル(特にスクラム)を学習していると「ふりかえり(レトロスペクティブ)」という言葉をよく聞くのではないでしょうか。

ふりかえりはその名の通り直近の作業をふりかえってよかった点や課題の解決策などを話し合い、次につなげる活動です。アジャイルは短いスパンで計画からリリースまでを繰り返し行っていくため、ふりかえりで見つけた改善案をすぐに実行に移せるという利点があります。

 

そこで今回は、アジャイルに欠かせない「ふりかえり」について目的に合わせた様々な手法をご紹介していきたいと思います。

ふりかえりのやり方は様々あり、チームに合った効果的なふりかえりができれば、業務の改善やチームビルディングに役立ちます。ふりかえりはアジャイル開発だけではなく、ウォーターフォール型の開発や開発以外の業務でも取り入れることができます。また、1人でも行うことができる手法もあるため、いいと思うものがあればぜひ実践してみてください。

続きを読む

AWSのGitLabホスティングをTerraform化してみた

この記事は『CRESCO Advent Calendar 2021』 22日目の記事です。

『CRESCO Advent Calendar 2021』 1日目の記事でAWSをGitLabでホスティングしましたが、
色々手順があって面倒だったので、Terraform化してみました。
(cloud9のUbuntuプラットフォームでの構築は対応されてなかったので、1日目の記事を見て構築してみてください。)
手順は以下です。
1.Terraform実行環境を作成します。
2.Terraformのセットアップをします。
3.Terraformでリソースを作成します。

それでは、やってみましょう!

続きを読む

伝わる文章を書きたい! 注意すべき5つの視点

この記事は『CRESCO Advent Calendar 2021』 21日目の記事です。

みなさま、こんにちは!EXDC金井です。
私たちの部門では、HCD(人間中心設計)という考え方をベースに、デザイン業務を行っております。

UIデザインを通して、ボタンやメニューの文言を考えたり、仕様書や提案書でチームの合意を形成したり。自分の考えを端的にまとめ、人に伝えるための文章を書く機会が、本当に多い職種だと実感しています。

HCDは、「使う人の視点」でモノを作る、という思想ですが、これは「文章」にももちろん当てはまります。
そんな中、最近ではUXライティングという言葉をよく見かけるようになりました。

ただ、何冊かUXライティングの関連書も読んではみたものの、「読む人にとって分かりやすい文章を書く」というシンプルな目標が、いかに難しいことか。
ましてやこのコロナ禍において対面でのやりとりが減り、伝わる文章を書けるというスキルは、どんどん重要になってくるのでは。

そこで今回は、伝わる文章の書き方について、自分なりにまとめてみたいと思います!

続きを読む

UiPathを使って家電の操作をしました

この記事は『CRESCO Advent Calendar 2021』 20日目の記事です。

みなさんこんにちは。

ビジネスプラットフォームテクノロジーセンターのやまさきあです。

先日、弊社ではクレスコフェアが開催されたのですが、

そのイベントの企画の1つであるデジタルアイデアコンテスト作品展示に、

RPA業務に携わっているメンバーで参加しました。

 

このコンテスト内で、私はUiPath を使って家電を動かす機能を担当したので、

今回は、どのようにして実装していったのかをお話しします。

続きを読む