UX/UI関連おすすめ本を紹介します(2020年9月)

こんにちは

エクスペリエンスデザインセンターのひーです。

今回は、UI/UX関連のおススメ本を紹介したいと思います。
私がエクスペリエンスデザインセンターの仲間になってから、早いもので2年目になりました。
色々知識を深めたいと思い学習のための本を書店やAmazonなどで探そうとするとUI/UX関連の本が少ないと感じています。

もし「これからUI/UX学んでみたいよ」という人がいらっしゃったら参考にしてみてください。

※本の題名にリンクを張っておきます。

続きを読む

【Blue Prism】 MS Excel VBOを紐解いてみる

こんにちは。ご無沙汰しております。たかはしです。
4月から所属先が変わり、ビジネスプラットフォームテクノロジーセンター(BPTC) になりました。

今回は、Blue Prism でExcel操作を行うために公式から提供されている標準オブジェクトのひとつ「MS Excel VBO」オブジェクトについて、お話をしていきたいと思います。

「MS Excel VBO」オブジェクトをはじめ、Blue Prism には様々な標準のオブジェクト(VBO / Visual Business Object) が用意されています。これらはインポートをすればすぐに使えるようになっていますが、意識をしなければどのようなつくりになっているかを確認する機会はあまりないですよね。

そこで、今回は「MS Excel VBO」の代表的なアクションについて、その中身を確認することで「MS Excel VBO」が実際はどのように動いているのか、その理解のきっかけを作っていきたいと思います。

続きを読む

Drupal8 と Drupal9 を比較してみた

こんにちは。ディベロップメントテクノロジーセンターのモコです。
前回Drupalについてご紹介をしましたが、興味持っていただけましたでしょうか。
魅力を感じてくださったそこのあなた!
今日はもう少しDrupalの中身をお見せしたいと思います。

今年6月にDrupal9が正式リリースされました。
私自身もDrupal9での開発経験はまだないですが、こういうものは事前にどんな感じかチェックをしておく必要がありますね。
Drupal9は公式リリース前からDrupal8と概ね差がないと言われてきました。
はたしてどのような結果になるのでしょうか。
ということで、Drupal8とDrupal9を比較しながらDrupalの基本機能的なところをご紹介したいと思います。

続きを読む

ウェビナー運営のポイント5選~事例豊富にノウハウ(Zoomの投票/アンケート等)を紹介~

こんにちは。ビジネスイノベーションセンター川崎です。

クレスコ主催セミナーの企画運営を担当しています。クレスコのセミナーは、2020年8月現在で、延べ40回(集合セミナー35回・ウェビナー5回)、1276名の方にご参加いただきました。

本日は、試行錯誤の結果として得たノウハウを、事例を豊富に交えながら紹介していきます。インタラクティブなウェビナーを目指すために使うべき機能活用方法のポイントをお伝えし、そして結果として満足度は過去と比較してどうなったのか?参加者の皆様の声を交えながら紹介します。

はじめに

本日はウェビナーの”運営”についてお話しします。

〇 話す:ウェビナー”運営”のポイント = ウェビナー当日のこと

×  話さない:ウェビナー”企画”のポイント = コンテンツの内容・営業観点(商談率など)

もちろん、最も重要なものはコンテンツですが、今回は当日の運営面についてのお話となります。

続きを読む

Drupalのススメ

はじめまして。ディベロップメントテクノロジーセンターのモコです。
2年半ほど前からDrupalをメインとしたお仕事をしています。
気づいたら開発を共にしていたメンバーは離任されていて、いつの間にかクレスコでDrupalと言ったら…という立場になってしまいました…

コロナの影響でシステム投資が減っていますが、そんな時でもDrupalを利用すれば簡単に低コストでのシステム導入できる可能性があります。
もちろん便利で良いところもあれば、できないことやイマイチなこともありますが、いろいろ踏まえてDrupalについてご紹介したいと思います。

そもそもDrupalって?

DrupalはCMS(コンテンツ マネジメント システム)の一つのプラットフォームです。
簡単に言うとパッケージ的なもので、導入するだけで基本機能(ユーザ登録やコンテンツ管理)などがすぐに使えるようになります。
つまり、導入するだけで簡単なホームページならすぐに運用を開始できます。(実際はそんな要件の案件はありませんが…)
では、Goodポイントとイマイチポイントを挙げながら、もう少し具体的にどんなことができるかをご紹介していきます。

続きを読む

10分で理解する RPA活用推進ツール「UiPath Automation Hub」入門

こんにちは。クレスコの吉田です。
AI、RPA、プロセスマイニングなどデジタル技術を活用した業務改善、業務効率化領域を担当しています。UiPathの技術書「基礎がよくわかる!ゼロからのRPA UiPath超実践テクニック」を執筆、出版したりもしていますので、よろしければご覧下さい。

※RPAとはなんぞやという方はこちらの記事をご覧ください。

本日はRPA活用を強力に推進するコミュニケーションツール「UiPath Automation Hub」についてご紹介したいと思います。

RPAの導入展開における課題

「RPA国内利用動向調査2020」※1によると、2019年11月時点での企業のRPA導入率は38%、年商1,000億円以上の大手企業に限定すると51%に達しています。

※1 参考:株式会社MM総研 RPA国内利用動向調査2020

多くの企業でRPAの導入自体は進んでいる一方で、うまく活用できていない現状もあります。
いったいどういった課題が多いのでしょうか。

続きを読む

Jupyter Notebookで動画とか扱ってたらTrashが溢れた話

技術研究所のまつけんです。

技術研究所(技研)では、画像処理や機械学習のプロジェクトを幾つか進めています。それらの処理をするために、サーバ (ゲーミング・デスクトップPC + Ubuntu Linux) を2台ほど運用しているのですが、今般、その /home が溢れてしまいました。こんな感じです:

昨日の夕方から130 GBも増えていたので、何事かと調べたところ、各自の ~/.local/share/Trash/files/ が凄い容量になっていました。調べてみたところ、Jupyter Notebook 上で GUI で削除したファイルは削除されるのではなく、全てこちらの ‘Trash’ に移動されるようです。

というわけで今回は、各自の Trash を整理した話と、再発防止策として、各自の Trash を定期的に削除するようにしたことについて書きたいと思います。UNIX/Linux システムで /home (に限らず、他のストレージについても) が溢れた場合の調査法や対処法について知りたい方は参考にしてください。

続きを読む

国際学会に論文を投稿しました

こんにちは、技術研究所の山﨑です。

先日、国際学会(ICPR2020)に論文を投稿しましたので、その経験を書きたいと思います。論文の内容は、機械学習を用いた医用画像の解析です。
遥か昔(20年位前)に、学生の頃1度だけ学会の国際セッションに投稿したことがありますが、その時どう作成したかほぼ記憶にありません。。。表題さえ、なんだったかな?。。。(本当に投稿していたかも怪しくなり、ネットで調べてみたら出てきました。)といった具合でしたので、ほぼ初めて書くような感じです。

今回は、大まかに以下の順序で作成していきました。

  1. まず日本語で作成
  2. 日本語のものをとりあえず英語に変換
  3. 日本語・英語共に論文の査読経験豊富な先輩に、英文をチェックしてもらう
  4. 学術論文の英文校正サービスにチェックを依頼

それぞれのステップについて、もう少々詳しく書いてみます。

続きを読む

なぜウォーターフォールとアジャイルは違うのか

こんにちは。ディベロップメントテクノロジーセンターのつるだです。
アジャイル開発のプロジェクトにて、スクラムマスターとして複数チームを担当しています。
社内ではアジャイル推進として活動していますが、
組織としてウォーターフォールの経験値が豊富なことから、
アジャイルでやる必要があるのかといった疑問や、興味が薄いメンバーがいることも事実です。
アジャイル開発を実際に経験して感じた、ウォーターフォールとの違いを考察することで、
これらの疑問に回答し、社内外の方にアジャイルに興味を持って持っていただければと思います。
※考察なので、私見を多く含みます。

続きを読む

Java最難関資格「JavaGold」を独学で1発合格した時の勉強方法(後編)【合格体験記】

はじめに

こんにちは!ビジネスソリューション事業部のじゅんじゅんです。
毎日暑いですね。そんな時は、美味しいものを食べて毎日を乗り切りましょう!

さて、前回からJavaGold試験の合格体験記について書かせていただいておりますが、今回は待望の(?)「後編」となります。(←待っていてくれる人がいたらいいなぁ~という願望でした笑。)
前編」を読んでおられない方、もしくは、読んだけど忘れてしまったという方は「前編」からお読みになってくださいね(^▽^)!

続きを読む