座標データからSVGファイルを出力する

技術研究所のまつけんです。

前回の続きです。前回は、東京近郊の路線図を (根性で) 隣接行列に変換したものを自動で路線図 (SVGファイル) に戻し、確認作業をしました。その結果、少なくとも3か所の誤りが見つかりました。それがどこだったかと言いますと、
・尾久駅が無い
・海芝浦駅が必要ない
・新宿駅-西国分寺駅が接続されていない
でした。

続きを読む

RPAプロモーション動画の作り方 ~画面録画から編集まで~

みなさんこんにちは。
半年ほど前まで、RPA関連の業務に携わっていました。IoTCの駒宮です。

最近は企業向けサブスクリプション販売サイトの設計をしています。

当時、展示用のデモ動画作成を何本か担当したことがありました。

実際にロボットが動いているところを見せると、伝わりやすいですし、喜ばれることが多かったです。

今回、デモ動画作成の具体的な方法をご紹介します。

これからRPAを社内で浸透させようとしている方、是非デモ動画を作ってみてはいかがでしょうか。

※字幕を入れたり、不要部分をカットしたりといった非常に初歩的な内容ですので、動画編集経験者の方は温かい目で見てください。

 

続きを読む

調和平均とハーモニー、と新たな謎

[前回までのあらすじ]
実は調和平均とは算術平均の裏返しであった。分母にあたるものが同じ場合の平均を考えるのに算術平均が適切であるなら、分子にあたるものが同じ場合の平均を考えるには調和平均が適切で、分子分母が逆転している以外は同じと言っても過言ではなかったのだ…。

技研の(あ)です。前回は F値と、その計算に使われる調和平均 (Harmonic Mean) ってどういうもの? という話を書きました。ところでなんでこれって「調和」平均って言うんでしょうね?

ということで今回は前回の補足的にそのあたりの話を書きます。
(が、そこから話は意外な展開に…?)

続きを読む

旧年レゴ®シリアスプレイ®で「3D-KPT」を行い、そして新年に振り返ってみた

着物をきた新春の猫

過去の全てをなかった事にしてどんどん前に進んで行きたい、道に迷っても歩いてきた道を戻るのが嫌いなので前に進む事だけしたい、という「山で遭難する可能性が非常に高い」であろうタイプ、UXデザインセンター所属のカツメです。あけましておめでとうございます。皆さまにおかれましては、健やかに新春をお迎えのこととお慶び申し上げます。

今年は「変わる」をテーマに、やっていきたい。ていうか去年からやってきた。だからいつもと違って、前に進まず後ろを見てみよう。ということで、新年早々に旧年のことを振り返ってみたいと思います。(「去年のうちに振り返っておけよ」というツッコミをお待ちしています。)

UXデザインセンターの定例会で「レゴ®シリアスプレイ®」を活用した振り返りを行なったのですが、これが、よかった。なので「振り返りレゴ®シリアスプレイ®」のファシリテーションをしたことを振り返ることで、自分の振り返りをしつつ「レゴ®シリアスプレイ®」の魅力も伝えてしまおう!という一石二鳥な投稿にしたいと思います。

続きを読む

F値と平均的でない平均の話 ~あるいは調和平均の使いどころ

技術研究所の(あ)です。
機械学習を使った画像分類を用いた医療系の共同研究をいろいろやったりしてます。

画像分類などの分類問題の性能評価指標って、なんかいろいろ出てくるよねー、それって何がどう違うの? ということで以前、感度とか特異度とかの話を書きました。今回はその続編ということで「F値」の話を書きます。

そしてそこで出てくる、「調和平均」って何者? という話も書きます。
(この記事はCRESCO Advent Calendar 2019最終日の記事です)

続きを読む

fasttextとWatson Natural Language Classifierの文書分類比較

テクニカルエバンジェリストの井上(祐)です。

この記事は「CRESCO Advent Calendar 2019」24日目の記事です。

文章に書かれている内容から、どのカテゴリに分類するか判断を行う文書分類は、新聞記事のカテゴリ分類(政治、経済、スポーツなど)や、身近なところでは迷惑メールフィルタでの利用があります。また業務においては、大量に発生する文書、例えば契約書、提案書、日報、作業報告書などを効率よく分類することで業務効率化を図るなど様々な利用が考えれます。今回、文書分類器としてfasttext、Watson Natural Language Classifierを対象に分類精度、速度、費用について比較を行います。

続きを読む

RPA Express使ってみた

(この記事は「CRESCO Advent Calendar 2019」23日目の記事です)
こんにちは、システムズエンジニアリングセンターの横田です。
今回は、RPAのツールの一つであるRPA Expressについて紹介したいと思います。

 

RPA Expressとは?

RPA ExpressとはWork Fusion社が提供しているRPAツールになります。
RPA Expressについて、詳しくは公式サイトをご覧ください。
私が考えるこちらのツールのメリットは以下があげられます!
  • 無料で使用することが出来る
  • ツールが日本語に対応している
  • 簡単な操作の自動化であれば、プログラミングの知識が不要

続きを読む

SwaggerでAPI設計書作成

(この記事は「CRESCO Advent Calendar 2019」22日目の記事です)

こんにちは、システムズエンジニアリングセンターのくりくりです。

北海道から上京して初の猛暑を乗り越え、慣れ親しんだ冬に突入しましたが、

やっぱり寒いものは寒いです。コートは欠かせませんね。

 

さて、みなさんはAPIの設計書といえば何を思い浮かべるでしょうか?

私は学生時代からExcelで学んできましたが、

前回参画したプロジェクトでは、また違ったツールを使用していました。

それがSwaggerです。

この記事ではSwaggerの簡単な概要と実際に使用した方法をご紹介します。

続きを読む

Gaugeを使って自動テストしてみた

(この記事は「CRESCO Advent Calendar 2019」21日目の記事です。)

こんにちは、システムズエンジニアリングセンターの山口です。
この記事ではGaugeとSeleniumを利用した自動テストについて紹介します。

Gaugeとは

公式サイト: https://gauge.org/
GaugeはPythonやJavaなど幅広い言語に対応した自動テストフレームワークです。
テストの実装とテスト仕様書を分離して記述し実行することができます。

Gaugeの良さ

  • テストコードが書かれていれば、日本語を使って自動テストを行うことができます。
  • Markdownで書かれているため、プレビュー表示でテスト仕様書のレビューを行うことができます。

続きを読む

コミュニケーションロボットの今と未来をざっくり調べてみた

AI&ロボティクスセンター あきやまです。

この記事は 『CRESCO Advent Calendar 2019』 20日目の記事です。

 

前回記事の冒頭

暑いのは苦手なので、早く涼しくなって欲しいものです。
冬は好きなのですが、寒いなら寒いで文句は言うと思います。

寒いです。
たまに暖かい日があるのが逆に困りますね。

 

過去2回、RPAの記事を記載させて頂きました。
今回は同じロボットでもコミュニケーションロボットのお話です。

RPAチームに入る前は、コミュニケーションロボットのアプリ開発をしており、
イベントの展示や、地方での実証試験など出張の機会も多く、楽しみながらやっていました。
また出張行きたい。

 

ただ、最近はコミュニケーションロボットのアプリ開発に絡む機会が無く、
市場の動向に疎くなっている為、この機会に調べてみようかなと思い立った次第です。

続きを読む