リフレッシュMeetup公開版 第2弾 in 銀座 開催!

こんにちは、技術研究所の「くわ」です。
今回は2回目の開催となるリフレッシュMeetup公開版の模様をお伝えしたいと思います。

s_1

会場は前回と同じく、銀座コワーキングスペース Snackを利用させていただきました。2回目ということでスムーズに会場設営を行うことができました!会場設営にご協力いただいた皆様ありがとうございました。

当日のプログラム

 No. 発表枠 タイトル 所属・氏名
1 通常枠 クラウド●●●●●の闇 株式会社 クレスコ 飯村 北海さん
2 通常枠 未来の天気予報 株式会社 エムティーアイ 小池 佳奈様
3 通常枠 Amazon ECSでSpotインスタンスを楽に使う 株式会社 エムティーアイ 西川 真五様
4 通常枠 ジョルダンにおけるインバウンド事業への取り組み/事例紹介 ジョルダン株式会社 結川 昌憲様
5 通常枠 くすりを作る治験の裏側 株式会社 日本ブレーン 小野寺 一孝様
6 LT枠 エンジニアたちがチームビルディングを頑張っている話 ディップ株式会社 白川 みちる様
7 LT枠 3D雨雲ウォッチの裏側 株式会社 エムティーアイ 石垣 信和様
8 LT枠 あなたの知らない旅行 株式会社 エイチ・アイ・エス 川瀬 智実様

株式会社 エイチ・アイ・エス 長島 理花様

9 LT枠 (⁰⊖⁰) 株式会社 クレスコ 伊佐 陽介さん

今回は「あなたの知らない世界」と題し、15分枠5名・LT枠4名の計9名の方にご登壇いただきました。ご登壇いただいた皆様お忙しい中発表していただきありがとうございました!

それでは当日の発表をダイジェストでお伝えしたいと思います。

 

「クラウド●●●●●の闇」 株式会社 クレスコ 飯村北海さん

s_2

このブログを読まれている皆様はすでにご存じかと思いますが、弊社は2016年3月1日にIoTプラットフォーム「KEYAKI」の提供を開始しました。

今回は「KEYAKI」のロゴ決定に携わった飯村さんから「KEYAKI」のロゴ誕生秘話についてお話しいただきました。

「KEYAKI」のロゴはデザインマーケットプレイスである「99designs」で世界中から作品を募集し、コンペで決定したそうなのですが、投稿される作品には盗作も多く含まれており、盗作かどうかを確認するのには苦労されたそうです。

画像を一部修正したものや、色を変えたもの、反転したのものなど、盗作のしかたもさまざまらしいです。

ロゴの盗作がテレビやネットで取り沙汰されるなど、盗作に対する社会の目は一段と厳しくなっていることもあり、ロゴを採用する側の責任は今後も大きくなりそうですね。

ロゴを採用する側のお話しを聞くのは初めてなのでとても新鮮でした。

この発表のスライドはこちら!

「未来の天気予報 株式会社」 エムティーアイ 小池 佳奈様

s_3

天気予報サービス「ライフレンジャー」の企画・運営に携わっていらっしゃる小池様、なんと気象予報士の資格保持者です。

発表では情報通信研究機構(NICT)との共同研究により生まれた「3D雨雲ウォッチ」についてご発表いただきました。

「3D雨雲ウォッチ」は最先端の気象レーダのデータを利用し、リアルタイムで雨雲内部の様子を3D表示で見ることができるそうで、ゲリラ豪雨の卵を早期に発見できるのだとか、まさに未来の天気予報ですね!

毎年夏になると急な豪雨により川遊び中の家族が鉄砲水で犠牲になるニュースを度々目しますが、そんなニュースを見て気象予報で救えた命もたくさんあったのではと語る小池様のお話しに会場の皆様も深く共感されていました。

この発表のスライドはこちら!

「Amazon ECSでSpotインスタンスを楽に使う」 株式会社 エムティーアイ 西川 真五様

s_4

業務でmusic.jpの運営に携わる傍ら、趣味のロッククライミングに興じる西川様の発表。今回はAmazon ECSを使ったEC2のSpotインスタンス活用法についてお話しいただきました。

Spotインスタンスとは、余剰となっているインスタンスを入札制により安い価格で利用することができるEC2の仕組みで、需要と供給のバランスでインスタンスの価格が決定します。EC2のSpotインスタンスを使うメリットは何といっても安いということ。

しかしその反面、需要のピーク時にSpot価格が跳ね上がったり、Spot価格が入札価格を上回るとEC2が実行中のSpotインスタンスを強制終了したりと欠点もあります。
エムティーアイ様ではECSとECRを用いてSpotインスタンスの中身が吹っ飛んでもすぐにセットアップし直せる環境を構築しているそうです。

AWSエンジニア必見の発表でした!

 

「ジョルダンにおけるインバウンド事業への取り組み/事例紹介」 結川 昌憲様

s_5

乗換案内サービスを手掛けているジョルダン様。訪日外国人観光客への乗換案内を中心にお話しいただきました。

インバウンドの訪日外国人観光客が年々増えていることは皆様もご存じかと思いますが、訪日外国人が日本に来て困ることって何だと思いますか?

結川様のお話によると訪日外国人は空港から目的地までの移動手段が分からないことに困ることが多いそうです。

訪日外国人の中で一番多いのは中国人ですが、日本では当たり前のSNSも中国では知名度が低かったりします。そこでジョルダン様が注目したのがWeChat (日本で言うLineのようなアプリ)です。

WeChat上に中国人向けコンテンツを作成することで中国人に日本の店や観光地をPRしているそうです。

結川様が最後に仰っていたインバウンドの次期トレンドは「モノ消費」から「コト消費」、「爆買い」から「体験」、「いちげんさん」から「リピーター」へ変わっていくだろうというお話しは特に興味深かったです。

この発表のスライドはこちら!

「くすりを作る治験の裏側」 株式会社 日本ブレーン 小野寺一孝様

s_6

金融を得意としている日本ブレーン様が医療ソリューションを始めるきっかけになったのはリーマンショック。金融事業の売り上げが落ち込むなか、不景気になっても需要があるものとして医療に注目し参入を決めたのだそうです。

しかし医療系は古参の事業者が多いことに加え専門知識も必要であるため、参入障壁が高く、まずは知り合いのお医者様から話を聞いたり、お医者様からの紹介で勉強会に出席したりと、地道な調査をされたそうです。

日本ブレーン様は比較的競合がいない治験の分野をターゲットにパッケージ開発を進めてこられたそうです。

話の途中、治験のボランティアを募集するためにかかる費用はボランティア1人あたりベンツ一台程の金額になると仰っていたので驚きました。医療が大きなマーケットであることを再認識する発表でした。

 

「エンジニアたちがチームビルディングを頑張っている話」ディップ株式会社 白川みちる様

s_7

LT一番手はアルバイト探し「バイトル」でおなじみのディップ 白川様。
ディップ様では「自律性」、「判断力と覚悟」、「スピード」、「変化につよい」人材を育てるためにチームビルディングに力を入れているそうです。

白川様のチームでは、チームのビジョンを自分たちでつくるというおもしろい試みをされており、「会社のミッションを再確認」、「現在を深掘りし、悩みまくる」、「夢や野望を集めた」、「夢を9つに絞ってスローガンに添える」という4つのステップでビジョンを生み出しているのだとか。

皆様もチームビルディングの際は参考にされてみては?

この発表のスライドはこちら!

「3D雨雲ウォッチの裏側」 株式会社 エムティーアイ 石垣 信和様

s_8

前回に引き続き2回目のご登壇となる石垣様。石垣様のスライドは小ネタがちりばめられていて見ていてとても楽しいです。

今回は「未来の天気予報」で小池様にご紹介いただいた「3D雨雲ウォッチ」の裏側をエンジニア視点でご紹介いただきました。

「3D雨雲ウォッチ」では10秒間隔で隙間のない3次元降水分布を100mの分解能で観測できるフェーズドアレイ気象レーダという特殊な気象レーダを使用しているそうで、そこから10秒間隔で168,000件のデータを取得して雨雲内部の様子を3D表示しているというから驚きです。

さらにこれを3ヶ月で構築したというから驚きです。

またの発表を楽しみにしています!

 

「あなたの知らない旅行」 株式会社 エイチ・アイ・エス 川瀬 智実様・長島 理花様

s_9

エイチ・アイ・エス様からは川瀬様と長島様のお二人にご登壇いただきました。お二人が現在注目している旅行先、それは宇宙!現在も宇宙滞在時間5分の超高額・弾丸ツアーが登場し、注目を集めていますよね。

未来では宇宙への行き方も変わるかもしれません。宇宙まで新幹線で行ける時代ももしかしたら・・・
そんな風に宇宙旅行ができるようになったらシステムの役割だって変わるはず、旅行に行く場合の必需品と言えばスマートフォン、現在の旅行先で一番使われるアプリは地図アプリなのだそうですが、宇宙旅行が実現すれば宇宙マップも必要になるかもしれません。

夢は広がるばかりです。

「(⁰⊖⁰)」 株式会社 クレスコ 伊佐陽介さん

s_10

ファイル共有サーバでドキュメントを管理していると「ファイル名1.ppt」や「ファイル名最新.ppt」、「ファイル名_氏名.ppt」など、いったいどれが最新ファイルなの?なんて経験をされた方も少なくないのではないでしょうか?

今回伊佐さんにご紹介いただいたのはドキュメント共有サービス「(⁰⊖⁰)」(esa)です。ちなみに(⁰⊖⁰)はesaのロゴマークの意。

esaを使えば書き途中のドキュメントのチーム内での共有や、ドキュメントの履歴管理が行えるそう。月額500円で利用できるらしいので気になる方は調べてみては?

この発表のスライドはこちら!

さいごに

s_11

最後はイベントに参加された皆様で記念撮影!

皆様のまたのご参加楽しみにしております。
これからも技術研究所とリフレッシュMeetupをよろしくお願い致します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加