エンジニアからみた人材サービス業のおはなし

こんにちは。

ビジネスソリューション事業部のなかむらです。

エンジニアブログではテクノロジーや自己啓発に関する内容をお届けする機会が多いのですが、今回はクレスコのビジネスについて紹介します。私はクレスコのCET(※)という制度で「人材サービス」を担当しているので、「エンジニアからみた人材サービス業」というテーマで、クレスコと人材サービスの関係やどのような取り組みをしているのかご紹介したいと思います。

(※) CET : Cresco technical Expert Team。社内における知識共有を目的とした組織の略称です。

https://www.cresco.co.jp/service/system_integration/quality/

クレスコの業務

まず、弊社クレスコの業務を簡単に紹介します。クレスコはソフトウェア開発を主に行っており、様々な業界のお客様からご要望いただいた内容をうけ、システムの新規開発や運用・保守を行っています。

2020年3月期 中間事業報告書「クレスコレポート」 より抜粋

ソフトウェア開発は様々な方法がありますが、クレスコは「受託開発」を多く手掛けています。受託開発は、お客様が希望する内容に合わせてオーダーメイドのシステムを作ることです。オーダーメイドですので、お客様毎の業務、課題、要望を適切に理解し、最適なシステムを構築することが大切です。お付き合いをさせていただいているお客様に寄り添い、一緒に汗を流しながら、パートナーとしてシステム開発・保守運用を行うことを得意としていると考えています。

クレスコとIT-Director

超上流を担う役割

クレスコではソフトウェア開発をメインで行っているとお話ししましたが、現在私はソフトウェア開発ではなく、お客様のシステム部門の業務支援をしています。クレスコでは、このような働き方をするメンバーをIT-D(IT-Directorの略)と呼んでいます。

IT-Dはお客様の一員として、ソフトウェア開発案件を推進したり、発生する課題を対応するなど、システム化における超上流工程の業務を支援しています。時には、お客様先でITに関する勉強会を開催したり、チームビルディングをご支援する等も行います。

クレスコと人材サービス

人材サービスとの歴史

前述のとおり、クレスコでは様々な業界のお客様のソフトウェア開発を行っておりますが、その中の1つに「人材サービス業」があります。クレスコが人材サービス業のソフトウェア開発を開始したのが約2000年からで、今年で20年目となります。クレスコは約30年の歴史があるので、クレスコの半分以上の歴史を人材サービス業のお客様と歩んできました。

人材派遣について

人材サービス業の中でも、クレスコでは「人材派遣」に関するソフトウェア開発経験が多くあります。人材派遣では、仕事の受注、派遣社員の募集から始まり、就業開始前の手続き、勤怠管理、バックヤード業務といった人事・労務に関わる業務が行われています (一般社団法人 日本人材派遣協会 HP 参照)。クレスコでは、ほぼすべての業務におけるソフトウェア開発経験があります。

主な人材サービス業のお取引先として、パーソルグループ、(株)フォーラムエンジニアリング、リクルートグループといったお客様がいらっしゃいます。新規でのソフトウェア開発や、システム保守の運用、システム部門のご支援といった様々なご依頼を頂いております。

システムの開発・保守で大切にしていること

私も約10年間人材派遣のシステムに携わっていますが、様々な楽しさや苦労を感じることがありました。人材派遣会社様の作業効率化や、派遣社員の方向けのサービス構築など、幅広いシステムに関係していますが、システムの開発・保守に携わるにあたって、以下のような点を注意してきました。

  •  派遣社員の雇用・生活を守るための大切な仕組みであること
  •  派遣先企業のビジネスを、人材派遣という形で支援することで経済活動に寄与していること
  •  派遣や労務に関する法律が変わる頻度が多いため、そのような社会変化に意識を向けること

ただ、我々が注意を払っても、お客様からご指摘やアドバイスをいただく機会が多く、日々勉強していかなければお客様のパートナーとしては成り立たたないと感じています。

クレスコの取り組み

クレスコでのソフトウェア開発は、お客様先での常駐作業や、クレスコ拠点での開発など様々な形態で行っていますが、どのような状況でもお客様を理解することが何よりも大切であると考えており、お客様との情報連携・メンバー間の情報連携を行うよう努めています。また、業界勉強会や、人材ビジネスに関するアイディアソンを実施するなど、人材サービス業のお客様へ何か貢献できないか模索してます。

具体的には過去エンジニアブログでも紹介された「朝活!勉強会」でも人材ビジネスの勉強会をご紹介しています。(古い記事ですが、その後も継続して勉強会は実施しています。)

https://www.cresco.co.jp/blog/entry/110/

まとめ

・クレスコでは人材サービス業のソフトウェア開発を行っており、20年の歴史があります。

・クレスコではIT-Dいう働き方があり、超上流業務の支援やソフトウェア開発チームへの情報連携を行っています。

・様々な人材サービス業のお客様とお付き合いさせていただいており、自社内勉強会などを通じて日々お客様の理解に努めています。

いかがでしたでしょうか。

今回はクレスコの中でも歴史の深い人材サービス業についてお伝えしました。次回機会があれば、派遣業務やIT-Dの業務を深堀してご紹介したいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加