ウェビナーやWEB会議でBGMと効果音を鳴らしてみた ~マイクミキサーの使い方~

こんにちは。戦略マーケティング推進室の川崎です。

クレスコ主催セミナーなど、オンラインイベントに関わる機会が多いです。

突然ですが、効果音とBGMはとても大事ですよね。「デデンッ!」っと鳴ったら、クイズが始まります。蛍の光が流れたら、店が閉まります。「デデンッ!」も「蛍の光」も、音だけで意味を伝えることができるのです。すごい。

そんなわけで、効果音やBGMをオンラインイベントやWEB会議で上手に使いこなせると面白いかもしれないと思いました。

こんな人におすすめの記事です

  • オンラインイベントを主催することがある方
  • テレワークに飽き飽きとしてきて、なにかおもしろいことがしたい方
  • WEB会議やイベント、はたまたリモート飲み会を盛り上げたい方

目次

  1. マイクミキサーの使い方
  2. おすすめ活用事例

マイクミキサーの使い方

機材紹介

マイクミキサー Maker hart Just Mixer M 4チャンネル

手のひらサイズのマイクミキサーです。iPhoneよりも小さいです。

iPad Air 2

効果音を鳴らすために利用する端末です。iPadでなくてもなんでもOKです。

効果音鳴らすためのスマホアプリ

AppStoreやGooglePlayStoreで「効果音」と検索すると多種多様なアプリが出てきます。私は、「ライバー SoundBox」を愛用しています。効果音に加えてBGMも鳴らせます。種類も豊富で、使いやすいです。

構成図

マイクと効果音用 iPad、2つの音をマイクミキサーに入力し、PCへ出力しています。

構成図を実機に当てはめると以下のようになります。

 

WEB会議ツールの設定

Zoomの場合の設定画面です。「マイク(JUST MIXER M)」が、今回使用しているマイクミキサーです。

この設定により、2つの音(「マイク」と「効果音用iPad」)を一つのPCから配信することができるようになりました!

おすすめ活用事例

ウェビナーのオープニングでBGMを流す

クレスコのウェビナーは開始5分前に開場です。開始時刻までは、以下のスライドを表示させるとともに雰囲気作りのためにBGMを流しています。

オープニングは、ワクワク感があって明るくて疾走感があるBGM(アップテンポ)がおすすめです。

クロージングは、ちょっと落ち着いた後味のいいBGM(スローテンポ)がおすすめです。

ウェビナーでクイズを出して盛り上げる

インタラクティブなウェビナーにするべく、ときどきクイズあるいはアンケートを取ります。先日はこんなクイズがありました。

ここで、「デデンッ!」という例の音とシンキングタイムBGM(時計の針の音)を流すのがオススメです。

※オススメです!っと言いながら、クレスコのウェビナー本番ではまだ実行に移せていません

その他の例

思いついたものをいくつか書いてみます。

  • 重大発表の前に「ドラムロール」
  • なにか素晴らしい話のあとに「拍手」
  • 面白い話のときに「笑い声」
  • リモート飲み会の締め方がわからずダラダラ続くときに「蛍の光」

まとめ

いかがでしたでしょうか。本日はマイクミキサーを使って、効果音やBGMを鳴らす方法をお伝えしました。

WEB会議やイベントにおいて、映像(画面共有の資料)には既にたくさんの工夫を凝らしていることと思います。

そこに、「音」を加えることで、さらなる高みを目指せるかもしれません。

 

 

PR:クレスコのセミナー

RPA/AI/デザイン思考、技術の現場から積極的な情報発信を続けています。毎月なんらかのセミナーを開催しています。どなたでもご参加いただけますので、どうぞお気軽にご参加ください。

クレスコのセミナー一覧を見てみる