UiPathでよく使うアクティビティをまとめてみた

はじめまして! AI&ロボティクスセンターのたかはしです。

少し前まではAI関連のお仕事やロボットを動かすお仕事などなどをしていましたが、今年の3月からRPA関連のプロジェクトに携わるようになり、現在は主にUiPathを使ったRPAの設計を担当しています。

RPAもRの字すら全く知らず、UiPathを触ったことがなかった私がRPAの設計をするにあたり、一番最初に戸惑ったこと……
それは、「UiPathって何ができるの!?」という部分でした。

既にUiPathを触ったことがある方はご存知かもしれませんが、UiPathには多岐多様なアクティビティが存在しており、そのアクティビティの組み合わせによって処理の自動化を実現しています。

ただ、あまりにも沢山のアクティビティがあるので、「この処理を実現するための最適なアクティビティはなんだ?」といったことを調べるのにとても苦労したことを覚えています。
リファレンスを読んで各々のアクティビティの使い方を理解するにしても、そもそもどんなアクティビティが存在するかを知らないことには、入り口には立てません。

そこで!!

今回は、これからUiPathを使っていきたいという方のために、私たちがUiPathでRPAの開発をする際によく使用するアクティビティと、その簡単な説明を一覧で公開しようと思います!

(UiPath Studioの日本語版はこちらを参照ください。2019年1月24日追記)

何らかの業務をUiPathで自動化したい!と思ったとき、このリストを見ればどう実現するが想像できるようになるかもしれません。

UI Automation

Element

アクティビティ名 説明
Click 指定したUI要素をクリックする
Double Click 指定したUI要素をダブルクリックする
Hover 指定したUI要素の上にカーソルを置く
Send Hotkey 指定したUI要素にキーボードショートカットを送信する
Type Into 指定したUI要素に指定した文字列を入力する
Type Secure Text 指定したUI要素にセキュアな文字列を入力する
Activate 指定したUI要素をアクティブにする
Get Text 指定したUI要素からテキスト値を取得する
Check ラジオボタンまたはチェックボックスをオンまたはオフにする
Select Item コンボボックスまたはリストボックスから項目を選択する
Select Multiple Items コンボボックスまたはリストボックスから複数の項目を選択する
Set Text 指定したUI要素のテキストエリアに文字列を入力する
Element Exists 指定したUI要素が存在するか判定する
Element Scope 指定したUI要素の中で複数の処理を実行する
Find Element 指定したUI要素が見つかるまで待機する
Find Children 子のUI要素のコレクションを取得する
Get Attribute 指定したUT要素の属性を取得する
Get Position 指定したUI要素を囲む境界四角形を取得する
Wait Attribute 指定したUT要素の属性が文字列と正しくなるまで待機する
Set Clipping Region UI要素のクリッピングリージョンを設定
Take Screenshot 指定したUI要素のスクリーンショットを取得する
On Element Appear UI要素が表示されるまで待機するコンテナ
On Element Vanish UI要素が表示されなくなるまで待機するコンテナ

Text

アクティビティ名 説明
Click Text UI要素の中で指定の文字列を検索してクリックする
Double Click Text UI要素の中で指定の文字列を検索してダブルクリックする
Hover Text UI要素の中で指定の文字列を検索して文字列の上にカーソルを置く
Extract Structured Data 指定したウェブページからデータを抽出する
Find Text Position 指定したUI要素から特定の文字列が含まれるUI要素を取得する
Get Full Text 指定したUI要素から文字列とその情報を抽出する
Get Visible Text 指定したUI要素から文字列とその情報を抽出する
Text Exists 指定したUI要素の中でテキストが見つかったかどうかを判別する

Image

アクティビティ名 説明
Click Image UI要素の中で画像を検索してクリックする
Double Click Image UI要素の中で画像を検索してダブルクリックする
Hover Image UI要素の中で画像を検索して画像上にカーソルを置く
Find Image 画像が UI 要素に表示されるまで待機する
Find Image Matches ターゲットUI要素の中で特定の画像との一致を検索する
Image Exists 指定したUIに要素の中で画像が存在するかを判別する
Hover Image 定したUIに要素の中で画像が存在するかを判別する
Wait Image Vanish 指定したUIから画像が表示されなくなるまで待機する
On Image Appera 画像が表示されるまで待機するコンテナ
On Image Vanish 画像が表示されなくなるまで待機するコンテナ
Load Image ディスクから画像を読み込んでImage変数に格納する
Save Image 画像をディスクに保存する

Browser

アクティビティ名 説明
Attach Browser 既に開いているブラウザに接続して、複数のアクションを実行する
Open Browser 指定したURLでブラウザを開き、複数のアクションを実行する
Refresh Browser 指定したブラウザで現在表示されているウェブページを更新する
Close Tab ブラウザのページを閉じる
Go Back 指定したブラウザの履歴一覧から前に戻る
Go Forwerd 指定したブラウザの履歴一覧から次に進む
Go Home 指定したブラウザのホームURLを開く
Navigate To ブラウザで指定したURLを開く

Window

アクティビティ名 説明
Get Active Window 現在のアクティブウィンドウを取得して、複数のアクションを実行する
Attach Window 既に開いているウィンドウに接続して、複数のアクションを実行する
Close Window 指定したウィンドウを閉じる
Hide Window 指定したウィンドウを非表示にする
Show Window 指定したウィンドウを表示してアクティブにする
Maximize Window 指定したウィンドウを最大化する
Minimize Window 指定したウィンドウを最小化する

System

Statements

アクティビティ名 説明
Assign 変数または引数に任意の値を割り当てる
Delay 指定した時間のあいだ待機する
Flow Decision 制御フローを2つの分岐に分割する (フローチャート固有)
Flow Switch 制御フローを3つ以上の分岐に分割する (フローチャート固有)
If 指定した条件が成り立つかどうかに応じて1つまたは2つの異なる操作を実行
Swith 指定した条件に基づいて、複数のオプションの中から1つの操作を実行
While 条件が満たされているあいだ特定のシーケンスを実行する
Do While 条件が満たされているあいだ特定のシーケンスを実行する (必ず1回は実行される)
Try Catch 例外の種類をキャッチしてエラー通知を表示 or 例外を無視して続行
Throw 親ワークフローにエラーを返却する

Clipboard

アクティビティ名 説明
Get From Clipboard クリップボードからデータを取得しする
Set To Clipboard 指定したテキストをクリップボードに格納する

Application

アクティビティ名 説明
Open Application 指定したアプリケーションを起動して複数のアクションを実行する
Close Application 指定した UI 要素に対応するアプリケーションを終了する

Dialog

アクティビティ名 説明
Message Box 指定したテキストとボタンオプションによるメッセージボックスを表示
Select File ファイルを選択するためのダイアログボックスを開く
Select Folder フォルダーを選択するためのダイアログボックスを開く

File

アクティビティ名 説明
Create Directory 指定した場所にディレクトリを新規作成する
Create File 指定した場所にファイルを新規作成する
Copy File 指定した場所から別の場所にファイルをコピーする
Move File 指定した場所から別の場所にファイルを移動する
Delete 指定した場所にあるファイルまたはフォルダーを削除する
Path Exists 指定したパスが存在するかどうかをチェックする
Read Text File 指定したファイルからすべての文字を取得する
Write Text File 指定したテキストをファイルに書き込む
Append Line 指定した文字列をファイルの最後に追加する
File Change Trigger 指定したファイルまたはフォルダの変更を監視する

Environment

アクティビティ名 説明
Beep スピーカーでビープ音を鳴らす

Workbook

アクティビティ名 説明
Read Range Excelの値を読み取ってDataTable変数に格納する
Write Range DataTable変数のデータをExcelの指定シートに書き込む

Programming

DataTable

アクティビティ名 説明
Add Data Column 指定したDataTableにDataColumnを追加する
Add Data Row 指定したDataTableにDataRowを追加する
Filter Data Table DataTableにフィルタリングをかけDataTableを出力する
For Each Row 指定したDataTableの各行について1回ずつアクションを実行する
Lookup Data Table DataTableの値をキーとして一致する行番号を出力する
Remove Data Column 指定したDataTableからDataColumnを削除する
Remove Data Row 指定したDataTableからDataRowを削除する
Remove Duplicate Rows DataTableの重複行を削除する
Sort Data Table DataTableの列と昇順/降順を指定してDataTableを出力する

Debug

アクティビティ名 説明
Comment ワークフローにコメントを追加する
Comment Out ワークフローをコメントアウトする
Log Message 指定した診断メッセージを指定したレベルでログを出力する

WorkFlow

Control Flow

アクティビティ名 説明
Break For Eachアクティビティから抜け出す
Continue For Eachアクティビティの現在の処理をスキップし、次の繰り返しを行う
For Each 列挙型変数の各要素に対してアクティビティを実行する

invoke

アクティビティ名 説明
Invoke Code VB.netコードを同期的に呼び出す
Invoke Workflow File 指定したワークフローを同期的に呼び出す

App Integration

Excel(UIPATH.EXCEL.ACTIVITIES)

アクティビティ名 説明
Excel Application Scope Excelワークブックを開いて連続した処理を実行する
Read Cell Excel内の指定セルの値を読み取って文字列変数に格納する
Read Range Excel内の値を読み取ってDataTable変数に格納する
Write Cell 文字列データをExcel内の指定セルに書き込む
Write Range DataTable変数のデータをExcelの指定シートに書き込む
Execute Macro 指定したExcelマクロを実行する
Close Workbook 開いているExcelワークブックを閉じる

CSV (UIPATH.EXCEL.ACTIVITIES)

アクティビティ名 説明
Read CSV 指定したCSVファイルからすべてのエントリを読み取る
Write CSV 指定したDataTableをCSVファイルに上書きする
Append To CSV 指定したDataTableをCSVファイルの最後に追加する

Word(UIPATH.WORD.ACTIVITIES)

アクティビティ名 説明
Word Application Scope wordドキュメントを開いて連続した処理を実行する
Add Image Wordドキュメントの最後に画像を追加する
Append Text ドキュメントの最後にテキストを書き込む
Read Text Wordドキュメントからテキストを読み取り、文字列変数に格納する
Replace Text Wordドキュメント内で対象の文字列を別の文字列に置換する
Export to PDF ドキュメントをPDF形式でエクスポートする

PDF(UIPATH.PDF.ACTIVITIES)

アクティビティ名 説明
Read PDF Text PDFファイルからテキストを取得する
Read PDF With OCR 画像認識を用いてPDFファイルからテキストを取得する

※ 一部のアクティビティは、拡張パッケージをインストールすることで使用可能になります。

※ アクティビティ名をクリックすると公式のリファレンスページに飛びます。アクティビティのより詳しい説明が見たい場合はそちらをご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クレスコのRPAセミナー

クレスコではAIやRPAをテーマとした技術セミナーを定期的に開催しています。現役エンジニアが実践的なノウハウを提供します。ぜひご活用ください。

◆受講者の声
[無料セミナー]RPA導入ファーストステップ
「UiPathのデモ、各ツールの比較が分かりやすく有益と感じた。」
「RPA導入で種々の問題点があるので、”つまずき”の部分が参考になった。」

[有料セミナー]UiPath開発基礎ハンズオン
「セレクターのチューニング、UiExplorerの使用方法、ExcelApplicationScopeのオプションが、明日からすぐにでも実践できそう。」
「RPA導入新任者向け研修として最適。当社での受講を検討します。」


クレスコのRPAセミナーを詳しく見る