WebGL、three.jsでワクワクしてみた

この記事は 『CRESCO Advent Calendar 2018』 19日目の記事です。

こんにちは、UXデザインセンターのsgi-changです。

2018年もあと少し、気持ちも慌ただしくなってきた師走にちょっとワクワクしてみたいなと思い、

気軽にブラウザで3Dコンピュータグラフィックス(以下3DCG)を実装できる、WebGL、three.jsの記事を書いてみました。

とりあえず、今日はテキストエディタだけあればコピーandペーストで実装できる超簡単3DCGを実装してみます。

WebGL、three.jsとは?

実装の前にざっくりとWebGL、three.jsについて説明します。

WebGL

wikipediaによると

ウェブブラウザで3次元コンピュータグラフィックスを表示させるための標準仕様。

MDN web docsによると

互換性があるウェブブラウザーでプラグインを使用せずにインタラクティブな 3D グラフィックスや 2D グラフィックスをレンダリングするための JavaScript API です。

と説明があります。

Flash PlayerやUnity Web Playerのようなブラウザ・プラグインを必要とせずにブラウザで3DCGが表示できちゃう、

PCのみならずスマートフォンでも表現できちゃう、

というマルチプラットフォームなJavaScriptのAPIです。(しかもGPUを利用して高速!)

2018年12月現在の対応ブラウザは以下の通りです。(Can I useより)

supported browser

supported browser

現時点での最新版は2.0ですが

初版は2011年3月3日(7年前)

と結構昔から開発されていました。(wikipediaより)

(というわけで、新しい技術!とかではないです…)

ただし、WebGLはhtml5のcanvasタグの領域に描画するのですが、

3Dを2D(画面上)で表現するための座標変換だとか、

そのためのGLSLと呼ばれるシェーディング言語を習得しないといけなかったり、

専門知識が必要だったりと、WebGLのみで3DCGを表現しようとすると難易度がかなり高いです。

three.js

そこでJavaScriptの知識だけで簡単にWebGLを扱えるライブラリが存在します。

そのうちのひとつがthree.jsです。

three.jsを使えば簡単に3DCGコンテンツが作成できます。

とりあえず3DCGを作ってみよう

以下のような四角い箱を作ってみます。

※今回、とりあえずブログ記事中でコンテンツをプレビュー表示するためにCodePenを利用しています。

ソースはこちら

これをテキストエディタにはりつけてブラウザで開けばそれだけで3DCGが出現!

flashとかいらないのでhtmlを表示させる感覚でいとも簡単に実装できます。なんとお手軽!

three.jsの基本構造ですが、

three.js構造イメージ

three.js構造イメージ

主に

  • scene…空間、三次元空間のどの領域を撮影するのか
  • camera…視点、どの位置から、どの方向へ映すのか
  • mesh(形状、素材)…被写体となる物体

で構成されていて

最終的に上記の内容をcanvasrenderer(描画)します。

それでは、簡単にソースの解説をします。

three.jsを読み込む

<script src=”https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/three.js/99/three.min.js”></script>

[l.4]three.jsライブラリを読み込みます。今回はお手軽にCDNのURLを使用しました。
公式ページのdownloadのリンクからもファイルをダウンロードして使用できます。今回は現時点で最新のr99を使用しました。

canvasを用意する

<canvas id=”myCanvas”></canvas>

[l.44]bodyに描画するcanvasタグを記述します。ここでidをmyCanvasとしておきます。

rendererを作成する

const renderer = new THREE.WebGLRenderer({
canvas: document.querySelector(‘#myCanvas’)
});

[l.12]どのcanvasに描画するかを指定します。
ここでは上で用意したcanvasのidのmyCanvasを記述します。

sceneを作成する

const scene = new THREE.Scene();

[l.18]3Dオブジェクトを置く3D空間を用意します。
今回はsceneオブジェクトを作成しただけですが、背景色の指定や、3D空間にまつわる指定をします。

cameraを作成する

const camera = new THREE.PerspectiveCamera(45, width / height);

[l.20]どの位置から3Dオブジェクトを撮影するかを指定します。

meshを作成する

const box = new THREE.Mesh(geometry, material);

[l.27]meshには形、素材を設定します。
今回は四角い箱を表示するので

const geometry = new THREE.BoxGeometry(400, 400, 400);

[l.23]で箱のオブジェクトを作成しています。

const material = new THREE.MeshNormalMaterial();

[l.25]でその箱がどんな素材でできているか。
質感だったり色だったりを指定します。

描画する

renderer.render(scene, camera);

[l.36]rendererにsceneとcameraオブジェクトを渡して描画します。

これさえ押さえれば簡単な3DCGは表現できます!

three.jsには素材やexampleが豊富!

three.jsには色んな素材(マットだったりつやがあったり)が用意されています。

あと、公式ページにはexampleがたくさん掲載されてあり、元ネタが豊富です。

もちろん各クラスの詳細もちゃんと載っています(英語ですが…)

VRのexampleもありスマホで閲覧するともっとワクワクしてきます!

というわけでexampleをもとに作ってみました。

CodePenでプレビュー表示させる都合上、ライブラリ読み込みが悩ましかったですが、

ほぼ文字列を変えるだけで作成できました。

Full表示はコチラ

元ネタはコチラ

こちらはテーブルの並びと色を変えただけ。

Full表示はコチラ

元ネタはコチラ

※ソースはHTMLボタンを押して確認してください。

まとめ

本当はもっとゴリゴリなものとかぐわんぐわん動くものを作りたかったのですが、

とりあえず今回はお手軽さを追求してみました。

three.jsのTOPではthree.js、WebGLを採用しているサイトを閲覧することができます。
どれも素敵ですが特に

TRACK | A WebGL Experiment by Little Workshop
音楽と連動してとてもクール(音楽再生あり、閲覧注意)
とか、
ROME
3DCGと物語の作品がすごい(音楽再生あり、閲覧注意)
とか、
Paper Planes
スマホで閲覧すると紙飛行機を飛ばせるVRあり
とか、どれもWebGL、VRの技術を堪能することができておすすめです。

謝辞

今回記事を書くにあたり、下記のサイトを参考にさせて頂きました。

WebGL 開発支援サイト

Three.js入門サイト

three.js 公式サイト

もっとワクワクを

インターネットが普及し始めた頃、本を片手に見よう見まねでホームページを作成した〇年前…

ただでさえ、電話回線を使ってインターネットに接続していたので

回線速度は遅く、PCの処理も追いつかない上にJavaScriptを駆使して画面に雪を降らせてフリーズさせるという無駄なことをしたり(苦笑)

まだまだFlash全盛の頃、html×JavaScriptでFlashコンテンツと遜色ない動的コンテンツが出始めてすごく感動した私にとっては、

ブラウザで、htmlで、JavaScriptで3DCGがみれるWebGLは、出現から7年経った今でもワクワク体験を提供してくれる技術です。

UXへの影響がとても分かりやすい技術ではありますが、今回WebGLに触れてみてあらためてUXデザインセンターの一員として、もっともっとユーザーに良い体験を提供したいと思いました。

素敵な体験を!UXデザインセンターで。

以上、sgi-changでした。


クレスコのデータ分析サービス

勘や経験ではなく、事実に基づいた意思決定が求められる中で、お客様のデジタル変⾰をデータ分析の観点からご⽀援いたします。

データ分析メニュー
● データ活用コンサルティングサービス
● 分析基盤構築サービス
● BI導入サービス
● モニタリング & システム運用サービス

サービス紹介ページでは、データ分析サービスの導入事例をご紹介しております。
データの活用/分析、BI導入について、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。

データ分析サービスを詳しく見る