【RPA】UiPath ReFrameworkでHello World

こんにちは、AI&ロボティクスセンターの大川です。
この記事は 『CRESCO Advent Calendar 2018』 6日目の記事です。

今回は、UiPathで標準搭載されている ReFramework(Robotic Enterprise Framework) を取り上げたいと思います。(注:本記事ではOrchestratorは取り扱いません。)

ReFrameworkとは、初期化やエラー制御、設定ファイルの読み込みといった定型処理を1から実装しなくてもよくなるよう、開発におけるテンプレートがあらかじめ作られているものです。

プロジェクト作成画面から選択することが出来ます。

ReFrameworkでは、一番トップのスコープでState Machine(状態遷移図)が配置され、各ステート内での役割に応じた処理を行います。

UMLで表すと、以下の画像のようになります。

  • Init State では、設定ファイルを読み込んだりInternetExplorerを開き処理を行いたいページへ移動するといった 初期処理 もしくは 前処理 を行います。
  • Get Transaction Data State では、次のProcess Transactionで処理を行うのに必要なデータを取得します。
  • Process Transaction State では、取得したデータを使って実際の処理を記述していきます。また、処理の成功・業務エラー・システムエラーで次の処理を行うための判別も行っています。
  • End Process State では、処理が正常(異常)終了したときの後処理を行います。例えば、Internet Explorerを閉じたり処理結果をExcelやcsvにレポート出力したりといったことです。

ReFrameworkを使う利点としては、

  1. 初期化ならInit state内、実行はProcess Transaction state内といったように、処理を各ステート内に記述することで役割を分けることが出来る。
  2. エラー制御機構が組み込まれている。
  3. ログ出力機構が組み込まれている。
  4. テストフレームワークで全ワークフローの単体テストを一回で行える。

といったことが挙げられます。

実際に使ってみる

では実際に、ReFrameworkでHello Worldをしてみましょう。
今回行うのは、指定された回数分コンソール上に Hello ReFramework! を表示するものです。

初期化

初期化処理は、 Init State の中に記述していきます。Init StateではInitAllApplications.xamlを呼び出す処理が含まれており、そのワークフロー中に処理を記述していきます。

InitAllApplications.xamlでの操作

  1. 引数の定義をします。
    • 名前 : out_TransactionArray
    • 方向 : 出力
    • 引数の型 : Int32[]
  2. 代入アクティビティを配置し、以下のようにプロパティを設定します。
    • 左辺値(To) : out_TransactionArray
    • 右辺値(Value) : new Int32() {1,2,3,4,5}

ここでは、繰り返し回数の設定を行っています。
{1,2,3,4,5}が、Hello ReFramework!を 1回呼び出し、2回呼び出し、…、5回呼び出しする部分に対応しています。

Main.xamlでの操作

  1. TransactionDataの型を DataTable から Int32[] に変える。
  2. Invoke InitAllApplications workflowアクティビティで、以下を行います。
    • 引数をインポート をクリック。
    • 引数 out_TransactionArray の値に TransactionData をセットします。

ここでは、InitAllApplications.xamlから返ってきた引数の型を合わせるといったことをしています。

繰り返し回数の取得

繰り返し回数の取得処理は、Get Transaction Data State の中に記述していきます。このStateにはGetTransactionData.xamlを呼び出す処理が入っており、そのワークフローに処理を記述していきます。

GetTransactionData.xamlでの操作

  1. Get Transaction Item アクティビティを削除
  2. io_TransactionDataの型を DataTable から Int32[] に変えます。
  3. out_TransactionItemの型を QueueItem から String に変えます。
  4. 条件分岐 アクティビティを配置し、Conditionに以下を設定します。
    • in_TransactionNumber <= io_TransactionData.Count
    • Thenに 代入 アクティビティを配置し、以下を設定します。
      • 左辺値(To) : out_TransactionItem
      • 右辺値(Value) : io_TransactionData(in_TransactionNumber – 1).ToString
    • Elseに 代入 アクティビティを配置し、以下を設定します。
      • 左辺値(To) : out_TransactionItem
      • 右辺値(Value) : Nothing

引数io_TransactionDataに、先ほどの配列{1,2,3,4,5}が渡されています。
そして、out_TransactionItemにio_TransactionDataの配列から取り出した値をセットしてMainに返します。
配列が空になるまで値を一つずつ取り出す操作を行います。

補足 : 入出力引数io_TransactionDataは、初期のReFrameworkでは定義されているだけで使用されていません。これはOrchestratorのQueueに当たるもので、今回はOrchestratorを使用しないため代わりにio_TransactionDataを使用しています。

Main.xamlでの操作

  1. 変数 TransactionItem の型を QueueItem から String に変更します。
  2. Invoke GetTransactionData workflowアクティビティで、 引数をインポート をクリックし以下を設定します。
    • out_TransactionItem の値に TransactionItem をセット
    • io_TransactionData の値に TransactionData をセット

ここでも、初期化と同じようにGetTransactionData.xamlから返ってきた引数の型を合わせるといったことをしています。

Hello ReFramework!の出力

出力処理は、Process Transaction State の中に記述していきます。このStateにはProcess.xamlを呼び出す処理が入っており、そのワークフローに処理を記述していきます。

Process.xamlでの操作

  1. 引数を2つ設定します。
    1. in_TransactionItem
      • 方向 : 入力
      • 引数の型 : String
    2. in_TransactionNumber
      • 方向 : 入力
      • 引数の型 : Int32
  2. 変数に以下を追加します。
    • 名前 : i
    • 変数の型 : Int32
    • 既定値 : 0
  3. 繰り返し(前判定)アクティビティを配置し、以下を設定します。
    • Condition : i < in_TransactionNumber
    • Body内に、以下の順番でアクティビティを配置します。
      1. 1行を書き込み
        • * Text : “Hello ReFramework!”
      2. 代入
        • 左辺値(To) : i
        • 右辺値(Value) : i + 1

先ほどのGetTransactionData.xamlで配列から取り出された値の分だけ “Hello ReFramework!” を繰り返し出力します。

Main.xamlでの操作

  1. Invoke ProcessTransaction workflowで 引数をインポート をクリックし、以下の設定をします。
    • in_TransactionItemの値に TransactionItem をセット
    • in_TransactionNumberの値に TransactionNumber をセット
  2. Invoke SetTransactionStatus workflowで 引数を編集 をクリックし、以下の設定をします。
    • in_TransactionItemの値を 空欄 にする。

ここでも、Process.xamlから返ってきた引数の型を合わせます。

実行してみる

これで実行してみましょう。out_TransactionArrayに設定した順番に、Hello ReFramework! が配列の各値の回数だけ表示されたかと思います。
つまり、この例では {1,2,3,4,5} なので 1回⇒2回⇒3回⇒4回⇒5回の順で表示されていると思います。配列の値を書き換えたり配列の要素数を変えると、出力内容が変わってくることも確認できるかと思います。

解説

もう一度、ReFrameworkの状態遷移図を見ながらHello Worldの解説をしていきます。

Init state で、Hello Worldを表示する回数を格納した配列を定義しました。
Get Transaction Data state で、配列から一つずつ要素を取得しました。
Process Transaction state で、取り出した要素の回数分だけHello Worldを表示する処理を行いました。
Get Transaction Data state と Process Transaction state を繰り返し、配列の最後の要素まで処理が行われると End Process state に遷移し処理が完了します。

指定した回数分だけ文字列を表示するだけでこんなに手間なのか、と思われたかもしれません。確かに今回のような例だとフレームワークを使う必要もないし、やりたいことに対して規模が大きすぎです。ReFrameworkの基本動作を見てもらうために、簡単な例を示しました。

これがもっと大規模なプロジェクトになると、ワークフローファイルも増えてきて管理が大変になってきます。また、単体テストやレビューといった作業も大変になっていくことでしょう。
そういった作業を定型化出来るというのが、このフレームワークの大きな強みだと思います。

当社でもReFrameworkの機構を取り入れ、更なるブラッシュアップを行ったプロジェクトテンプレートの開発を推し進めています。ご興味のある方は、弊社ホームページよりお問い合わせください。

お問い合わせ : https://www.cresco.co.jp/contact/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クレスコのRPA

クレスコではソフトウェアロボットを利用して業務プロセスを自動化するRPAをご提案しています。

クレスコのRPAの特徴

● 自動化する業務の検討から本格導入まで、クレスコ1社で対応
● まずは小さくスタートして、段階的に導入することで現場に適したRPAを実現
● AIを活用し、判断を要する業務の自動化も実現可能

クレスコのRPAを詳しく見る