Tableau Online上のメタデータをMetadata APIを使って取得する

この記事は『CRESCO Advent Calendar 2021』5日目の記事です。

こんにちは、データテクノロジーセンターのn-satoです。

以前TableauOnlineまたはTableauServer上のワークブックやデータソースを管理できるツールを作りたいなと思い、Tableauが提供するREST APIを用いて実装しようとしました。
欲しい情報を取得するためにいろいろなREST APIのエンドポイントにリクエストを投げる必要があり、なかなか利用するのに苦労しました。

Metadata APIはエンドポイント1つに対し、GraphQLを使うことでエンドポイント1つでもいろいろ情報が取れるとのことです。
GraphQL自体使ったことがなかったので、どんな風に実装できるのか調査しました。

本記事ではPythonでMetadata APIでGraphQLのクエリを発行できるようになるまでを記事にしたいと思います。

続きを読む

データサイエンス100本ノックをやろう(WindowsにDocker Desktop入れよう)

(この記事は「CRESCO Advent Calendar 2020」11日目の記事です。)

こんにちは、データテクノロジーセンターのn-satoです。

Pythonでデータ加工なんとなくやっているけどがっつりPandasとか駆使するってのはできない。そんなところに紹介?されたのが「データサイエンス100本ノック(構造化データ加工編)」。
実際にやってみたらとても歯ごたえある内容で、素晴らしい教材だと感じました。

本記事は私がデータサイエンス100本ノック(構造化データ加工編)の学習環境をDocker Desktopを用いて構築した経緯を記事にしたいと思います。

続きを読む

Tableau ServerでAWS CognitoとOpenID Connectを構成する

こんにちは、サービスデリバリーセンター(SDC)のn-satoです。

この記事は「CRESCO Advent Calendar 2019」の6日目の記事です。

Tableau ServerへのログインをAWS Cognito(以下Cognito)のホストUIを用いてOpenID Connectを構成する機会があったのでその時の実装を書いておこうと思います。

OpenID Connect認証連携はTableauのヘルプに導入要件や手順が書いてあるのでそれを参考にします。

※Tableau Server 2019.3で実施してます。

やること

  • Tableau Serverにユーザーを作成
  • Cognitoにユーザープールを作成
  • Tableau ServerとCognitoを連携する
  • ログインする

続きを読む