ab

UXデザインとユーザー調査

この記事は『CRESCO Advent Calendar 2020』10日目の記事です。

こんにちは。EXDCのabです。久しぶりの投稿となりました。
今回は、業務ではあまり触れる機会がないユーザー調査について調べてみました。
ほぼ初心者の私が調べたものなので、基本的な事が知りたい方に向けた記事になります。
(間違いなどありましたらご指摘いただけると助かります…!)

ユーザー調査とは

ユーザー調査とは、ユーザーを理解するためのアプローチになります。
UXデザインにおいては、単にユーザーの「声」だけを聞くのではなく、そこからユーザーの「体験」も分析することで、ユーザー自身が気づいていない本質的なニーズについても把握することが必要になってきます。

その手法はたくさんあるのですが、何をどうやって選べばよいのでしょう・・?
例えば、「現在、提供している製品やサービスに関する満足度を知りたい」場合には、アンケートを使った満足度調査やアクセスログを解析することでユーザーにとって顕在的な満足度を理解することが可能です。

しかし、「新しい製品やサービスを開発するためのヒントを得たい」場合には、上記と同じ調査をどれだけ行っても、得たい情報は得られないですよね。。

まずはユーザー調査にはどのような種類があるのか調べてみました。

続きを読む

メンタルモデルを意識して情報を整理する

こんにちは、UXデザインセンターのabです。
私事ですが、最近引っ越しました。1か月が過ぎようとしていますが、半分くらいの荷物はまだ段ボールの中…
明日こそは荷物の整理をしようと思っている今日この頃、今回は「UI設計」時の情報の整理についてお話したいと思います。
例えばウェブサイトや、たくさんの機能を持つアプリの開発をしようとしたとき、どうやって情報を整理したらよいのかわからないといった場合にこちらのブログがヒントになればと思います。

続きを読む

シナリオを使って画面を設計する

画面設計のはじめの一歩

画面を設計するとき、はじめに何をしますか?
おそらく、まずは頭の中でシナリオを考えるところから始まるのではないでしょうか。
ユーザーのしたいことは何なのか、そのためにユーザーはいつどんなことをするのか、といった風にです。
そしてそれを実現するためにはどんな画面がよいのかなどUIを検討し、最終的に設計書に落とし込んでいくといった流れになるのではないかと思います。
今回は、頭の中に描いたものをシナリオとして文章に起こし、製品やサービスの”あるべき姿”を描く「構造化シナリオ」についてご紹介したいと思います。

続きを読む

ユーザーテストの実施と分析

こんにちは、UXデザインセンターのabです。私事になりますがつい先日、1年ほど時間をかけてじっくり仕様を検討したプロダクトがリリースされました。

もちろん、リリースしたからといって終わりではなく、更に良いものを作るため現在はユーザーテストを実施しています。いわゆるユーザビリティの改善に欠かせないユーザーテストですが、今回はその実施と分析についてまとめたいと思います。

その前に、ユーザーテストについて少しおさらいを。

続きを読む

UXエンジニアが色彩検定のUC級を受検してみた

UXデザインセンターのabです。
今回は先日私が受検した、UC級についてお話ししたいと思います。

注)記事内にある画像については、ある型の色覚特性を持つ方の見分けにくさ、見づらさを模擬したイメージ図です。色の見え方はタイプによっても異なり、また、個人差もあるので実際には異なる場合もあります。

そもそもUC級とは?そして何を学ぶの?

昨年に色彩検定協会が新設した検定のひとつです。
UC(色のユニバーサルデザイン)とは、色覚の多様性に配慮した、誰もが見やすい色使いのことでありUC級ではそれも含めて色について体系的に学びます。

続きを読む

読書の秋に身近なUIを考える

読書の秋に身近なUIを考える

お久しぶりです、UXデザインセンターの『ab』です。
読書の秋にちなんで、今回は1冊の本をご紹介したいと思います。

はじめに

唐突ですが、こちらは我が家の照明スイッチと部屋の間取りです。

どこにでもあるようなありふれた間取りと照明スイッチなのですが、
入居当時はもちろん、実は未だに意図しない部屋の照明スイッチを押してしまうのです…。しかもかなりの高確率です(汗)
上図をよく見ていただくと分かる通り、照明のある部屋とスイッチの配置がバラバラ。
ついでにスイッチの文字サイズもネーミングもなんだか残念な感じ…。
要するに、UIがいけてないのです。
しかし、入居して間もないならまだしも、もう何年も利用しているUIだというのに何故覚えられないのか?
こんな悶々とした疑問を晴らしてくれた一冊の本があります。
それが「ファスト&スロー/ ダニエルカーネマン著 」です。

 

続きを読む

ACMでSSL証明書を楽々自動更新

お久しぶりです、ビジネスイノベーションセンターの『ab』です。(部署、変わりました!)
ご無沙汰している間に部署も変わり、そして証明書も変わりましたので今回はその後者の話をしたいと思います。

はじめに

弊社のとあるプロジェクトでは、商用にも利用可能な無料の証明書「Let’s Encrypt」を採用していました。
導入も簡単で、更新の自動化も可能だったことから、以前ブログでも紹介したことがありました。
※その時の記事はこちら「Let’s Encrypt で SSL 証明書を楽々自動更新」を参照ください
と、「Let’s Encrypt」証明書をお勧めしていたわけなのですが、実はほどなくして別のサービスに乗り換えていたのでした。

続きを読む

Let’s EncryptでSSL証明書を楽々自動更新

はじめまして、ビジネス開発室の『ab』です。
今回は、商用利用も可能な無償の証明書発行サービス『Let’s Encrypt』を紹介したいと思います。

はじめに

弊社のとあるプロジェクトで使用しているredmineはAWS上でセキュアに動いてはいるのですが、
SSL証明書はオレオレ証明書を使用していました。
なので、証明書の有効期限を気にしながら、発行(更新)時はいくつもコマンドを叩いて、確認して・・・
といったとってもメンドクサイ運用をしていました。
そんな面倒な作業から解放されたい・・・
というか、そもそも「オレオレ」ってどうなのよ・・・?
というわけで、それら全てを解決してくれそうなLet’s Encryptを導入してみました。
同じようにそんなモヤモヤから解放されたい!と思っている方の参考になれば嬉しいです♪

続きを読む