isa

Cloud9で簡単なAPI開発してみての所感

この記事は 『CRESCO Advent Calendar 2017』 18日目の記事です。

先端技術事業部のどこかの部署に所属しているisaです。
最近はモバイルアプリよりバックエンド(主にAPI)開発を担当することが増えてきました。

最初はXcode9にビルトインされたXcode Serverを利用したCIについて書こうと思いましたが、
最近モバイルアプリ開発していないので、AWS re:Inventネタ(AWSのCloud9)にすることにしました!
なお、利用するまでの流れや利用方法は色々なところに記事が上がっているので、
今回の記事では、実際に利用してみてどう感じたかを中心にまとめています。

Cloud9とは

Cloud9とは、クラウド環境で利用できるIDE(統合開発環境)です。
2016年にAWSが買収していましたが、去年のre:Inventでサービスとして提供することを発表していなかったため、
正直提供することはしないのでは?と思っていました。
それがなんと、今年のre:InventでAWSがサービスとして提供することを発表したため、早速利用してみました。

Cloud9を利用するまで

書こうと思いましたが、12/5の記事で十分な気がするのでリンクで済ませます!

続きを読む

IoT検定(ベータ)受験しました

IoTソリューションセンターのisaです。
首が痛いと思ったらストレートネックと診断されてしまい、悲しみにくれています。

それは置いておいて。
年度がかわり、「IoT」と名のつく部署に異動しました。

このIoT(Internet of Things)という言葉は、注目度が高く、最近ではIoTに関連した多くの事例(実証実験含む)、製品・サービスが登場しています。

「IoT」と名の付く部署に異動したこともあり、仕事として取り組むには、今まで以上に情報を収集し、知識を深める必要があるなと考えていました。
しかし、求められる知識の幅が広く、自分の持つ知識とのギャップがつかみにくい状況…
(IoTは自分の専門としている分野の知識だけではなく、それ以外の分野の知識も幅広く必要です。
単純な技術だけではなく、電波法や航空法、薬事法などの法的知識も必要になることも…)

「IoT検定」の登場

そんな中で登場したのが「IoT検定」です。
IoT検定は、2016年5月11日に本試験が開始されたばかりの新しい資格試験で、IoTで必要になる知識やスキルを可視化できるものです。

続きを読む

Amazon API GatewayとLambdaを利用したサーバレスなWebアプリを作ってみた

こんぴてんしーせんたーのisaです。

流行っているサーバレスアーキテクチャを利用して、弊社で提供しているBeaconBridgeと連動するWebアプリケーションを作ってみました。

目的は、7月にAmazonからAPI Gatewayが発表され、Web上にAWS Lambda + API Gatewayを利用したサーバレスアーキテクチャのサンプルが多数公開されていますが、実際に使ってみないと使い方や特徴が掴めないと思い、お試しでそれらを組み合わせてWebアプリケーションを作ってみました。

今回はその備忘録の意味も込めて記事を書きました。

続きを読む