むらたん

スプリントプランニングとプランニングポーカーのやり方

こんにちは、技研の「むらたん」です。

先日、客先で開発チームのメンバーとしてスクラムを実践している社員から「スクラムが上手く回っていない」という相談を受けました。

具体的には、以下の内容です。

① プランニングしたポイントがスプリント期間中に膨らみ、予定していた作業を達成できない。その結果、プロダクトオーナーに悪い印象を持たれてしまう。
② ポイントが膨らむ理由は「環境整備」や「調査」のように、プロダクトには直接関係なく、スプリントプランニングで計画しきれていないタスクを行う必要が出てくるためである。
③ そもそも、メンバーによってベロシティが異なるから、ポイント自体の扱い方がよくわからない。

現場を観察しておらず、立ち話で聞いた程度の情報なので外れているかもしれませんが、聞く限りでは以下の印象です。

  • ポイントと工数が同じものとして扱われており、ポイントで見積もることの本質が理解できていない。
  • プロダクトオーナー(PO)、スクラムマスター(SM)、開発チームというロールの役割と責務の認識が正しくない。

今回のエントリーでは、ここから推測される問題について触れたいと思います。

免責事項
以降、スクラムの用語を用いた説明になります。用語の説明はスクラムガイドあたりを参考にしてください。

続きを読む

定型作業の自動化とChatOps

こんにちは、技研の「むらたん」です。

今年度も開発技術SIGを継続することになり、引き続き、リーダーを務めることとなりました。
活動方針は以前のエントリーにもあるとおり、「技術を【自分たちのため】に活用して、プロジェクトの品質・生産性を向上させる」です。

今期のテーマは
「プロジェクト管理基盤の機能強化と全社標準化」
「定型作業の自動化」
としました。「プロジェクト管理基盤」は昨年からの継続活動であるため簡単に、「定型作業の自動化」については、詳しく紹介したいと思います。

続きを読む

【テスト自動化#2】「テスト設計の自動化を支える技術」

はじめに

こんにちは、技研の「むらたん」です。

前回の投稿でテスト自動化に先駆けて、テストについて簡単に触れました。

「テスト自動化」と聞くと、人が手で行っている作業が自動化され、楽になり、品質も上がって幸せになれるような感覚を抱きがちですが、それは紛うことなき幻想であります。この手の話は各方面で語りつくされており、内容に目を通してみると、現時点では「こうすれば良い」という模範解答は無いということが見えてきます。
そして、しばらくはこの状態が続くことと思われます。

それが故に、
「我が社のテスト自動化事例」という形で各社の取り組みが紹介されたり、有償・無償を問わず、多様なテスト自動化ソフトが開発・販売されているのだと思います。

続きを読む

グラフデータベースを使ってみる

こんにちは、技研の「むらたん」です。 ※のむらたんに読めるというクレームを受けて、カッコつけました。

技術研究所では毎年12月に有志社員を募り、(社内限定公開の)Advent Calendarを開催しているのですが、エンジニアブログのオープン記念ということで、私のエントリーはエンジニアブログに書いてみようかと思います。
最近の技術的な関心事は「グラフデータベース」で、使い方や可能性を自由研究しています。

続きを読む

OSSとRedmineAPIを利用したメトリクス収集について

こんにちは、技術研究所(通称:技研)のむらたんです。

以前のエントリーで開発技術SIGの2つの取組みを紹介しましたが、今回のエントリーでは、そのうちの「プロジェクト管理基盤の標準化」の具体的な取り組みを紹介したいと思います。

続きを読む

開発技術SIGの活動について

はじめまして、技術研究所(通称:技研)のむらたんです。
クレスコに入社してから1x年、Javaエンジニア、そして、プロジェクトマネージャとしてやってきましたが、今年度は技術研究所の所属となり、開発技術に関する研究を行っています。

2012年の技術研究所発足後から継続している活動の1つにSIG(Special Interest Group)活動があります。
Wikipedia調べによると、SIGとは、

「特定の興味ある事柄について、その道の専門家の考えを聞いたり、メンバー同士が互いに知識や情報を交換する場」

とあります。弊社では年度の始まりに事業部横断でメンバーを募集し、年度末の成果発表に向け、1~2週に一度、業務時間後に活動を行っています。
テーマは年度ごとに切り替え、時代に合わせて変化していますが、今年度のテーマは

  • 開発技術SIG
  • クラウドSIG
  • IoTSIG

となっています。私は「開発技術SIG」のリーダーということもあり、今回のエントリーでは、開発技術SIGの取り組みについて紹介させていただきます。

続きを読む