わたなべ

Wikipediaの記事からサッカー日本代表を選んでみた

この記事は 『CRESCO Advent Calendar 2017』 16日目の記事です。

こんにちは、技術研究所のわたなべです。

突然ですが、今日12/16は大イベントがありますね!そう、クラブワールドカップの決勝戦です!

クラブワールドカップとは…

FIFA(国際サッカー連盟)が主催するサッカーの大会で、ヨーロッパ、アジア、オセアニア、北中米カリブ、南米、アフリカの各大陸チャンピオンと開催国代表の計7チームが集まる、世界最強のクラブを決める大会です。

昨年は日本で開催され、開催国代表である鹿島アントラーズ柴崎選手(当時)がスペインの強豪レアルマドリード相手に大活躍して話題になりました。

今年はアジアチャンピオンとして浦和レッズが出場しましたし、北中米カリブ代表パチューカに所属する本田圭佑選手も出場しました。
どちらも決勝まで進むことはできませんでしたが、熱い戦いを見せてくれましたね。

来年は(国別の)ワールドカップもありますし、サッカーがとても盛り上がっているなあと感じます。
そこで、今日は日本代表のベストイレブンをIT技術的な(特に私の専門の自然言語処理の)観点から導き出したいと思います!

続きを読む

すごいぞ!Neural Network Console!

こんにちは。技術研究所のわたなべです。

機械学習初級者の私に強い味方が登場してくれたようなのでご紹介します。

Neural Network Consoleとは?

去る8/17、こんなニュースが飛び込んできました。

人工知能(AI)を実現するディープラーニング(深層学習)の統合開発環境Neural Network Consoleを公開

これまでディープラーニング使ってみよう!という場合、ほぼPythonプログラミングというような雰囲気でしたが、ディープラーニング用の統合開発環境と銘打たれたものが出てきました。

しばらく使ってみたのですが、こいつがなかなかどうしてイケてる感じでした!

続きを読む

CNTKの環境を構築して動かしてみた

こんにちは。技術研究所の鍋です。

最近、機械学習の分野に触れ始めました。

機械学習用のフレームワークは近年いろいろなところから出ていますが、せっかくなので弊研究所では使ったことがないものを使ってみようということで、Microsoft Cognitive Toolkit(通称:CNTK)を導入して、サンプルコードが動くところまで確認しました。

 

基本的には公式の手順に沿っていますが、個人的に飲み込むのに時間がかかった部分もあったので覚書として残しておきます。

※Step~ は公式の手順に対応しています。

続きを読む