組込み系の「派生開発」と「スクラム」は相性が良いかもしれない話

元 組込み系システム開発エンジニアの いとけん です。今はクラウドのシステム開発をスクラムで行っています。

この記事では、ずいぶん昔に私が組込み系システム開発のソフトウェア開発リーダーを行っていた時の経験が、今思えば割とスクラム的だったので、どんな特徴があったのか、どんな条件だったら組込み系のシステム開発でもスクラムが上手く回せそうか、そのあたりを改めて振返ってみたいと思います。

組込み系システム開発で良く使われる用語の解説を含めながらのため、前置きが長いです。。。知ってるよ!というところは読み飛ばしてくれると幸いです。

続きを読む

スクラム開発でアーキテクチャ設計は、いつ、どうやるの?

スクラムマスターの資格を取得した いとけん です。

所属部門であるディベロップメントテクノロジーセンターでは、昨年度から『アジャイル技術コミュニティ』を作り普及・啓蒙活動をしています。昨年度のコミュニティ活動ではアジャイル開発の経験者を集めて、工夫して上手く行った点・行かなかった点を経験者間で共有し、スクラムイベント毎に事例集(工夫したポイントのTips集)としてまとめ、社内公開しました。
本記事では、そのなかでも事例集を作るときに議論になった「アーキテクチャ設計は、どうやって進めるのか?」について纏めました。

「そりゃ、初めにやるでしょ。Sprint.0とかSprint.1で。。。」という話なのですが、実際の開発ではなかなかそうもいきません。開発途中でのシステム要求(≠ビジネス要求)の追加・変更(≒ピボット)を行うのが前提のアジャイル開発では、初めに全てを決めきることは難しく、開発を進めながらユーザーストーリーをシステムアーキテクチャ・方式設計に落とていかなければなりません。
このための時間を、どのように確保・計画していったらよいか、そのあたりを整理してみました。

続きを読む

業務プロセスの可視化に PFD を使ってみた話

こんにちは。つい最近まで IoT 向けのクラウドアプリ開発を担当していた いとけん です。

以前このブログで、プロセス改善ツール「PFD」知ってますか? という記事を書きました。その記事では「プロジェクトの課題管理」に着目して、プロセスを改善した事例を紹介しました。
今回は「運用プロセスの可視化」に PFD (Process Flow Diagram) を使った結果、予想以上に短時間で各チーム間の共通認識ができ、その後の開発・検証効率が良くなった事例を紹介したいと思います。

業務プロセス (⊃運用プロセス) の表記法には FlowChart や BPMN、Actibity 図など様々なものが有りますが、今回のプロジェクトではデータの種類の多さがトラブルの素になっていたため PFD を使ってまとめました。
PFD は DFD から着想を得て作られた記法で、成果物(やデータ)に着目しているためゴールの姿を描きやすいのが特徴です。多種のデータを取り扱っていても、ダイアグラムの特性上(※1)、取り違えが起きにくいのも利点の一つです。
(※1) 同一のデータは1つのオブジェクトで表され、複製する場合もID番号を振るため一意に特定できる。

PFD の表記法については、前述したブログや書籍「プロセスを自在に設計する─PFDを使いこなそう─」も出しましたのでご覧いただければと思います。

続きを読む

プロセス改善ツール「PFD」知ってますか?

こんにちは。デベロップメントテクノロジーセンターのいとけんです。

本記事では、ある案件での悩みの解決に PFD (Process Flow Diagram) を使った経験を報告します。
PFD 未経験者ばかりでしたが、プロセスが可視化された結果、想定以上に活発な議論ができました。
本当に短時間で参加者間の共通認識を作れるので、みなさんも PFD を活用してはどうでしょうか?

続きを読む

「クレスコ テック フォーラム」を開催します!

◇◇◇ 参加登録は本記事最後のリンクからどうぞ ◇◇◇

こんにちは 技研のいとけんです。

今週のブログは、2020年3月に開催する「クレスコ テック フォーラム 2020」の開催告知です。
昨年までは「技研オープンハウス」として開催しましたが、今年は装い新たに「クレスコ テック フォーラム」として開催します。

テック フォーラムでは、クレスコの技術やソリューションの展示やデモを行っており、技術研究所も研究内容と成果を発表します。
一般の方へもオープンなイベントとして開催しておりますので、ご興味のある方は是非ご参加ください!

(2020/03/11追記)
新型コロナウィルス感染症対策のため、本イベントの外部公開は断念いたしました。

続きを読む

JenkinsからUiPathを動かしてみた

この記事は 『CRESCO Advent Calendar 2018』 16日目の記事です。

元エンベデッドシステム開発エンジニアのいとけんです。
エンベデッドシステム開発の現場では、Windowsネイティブアプリを使って解析したりテストしたりすることが多いので、CIツールとRPAツールを連携して自動化してみました。

Windowsネイティブアプリを動かしたいので、環境はWindows OSが前提です。
CIツールはJenkinsを、RPAツールはUiPathを使っています。UiPathを使った理由は…察してください。。。
環境:
Windows 10 Enterprise
Windows版Jenkins
UiPath community edition

で、ふつうに(インストーラに従って)インストールして、JenkinsのJob作って動かしてみたところ、

メッセージを受信できる net.pipe://localhost/UiPath/service/duplex/agent/SYSTEM でリッスンしているエンドポイントがありませんでした。これは一般に、アドレスまたは SOAP アクションが正しくない場合に発生します。詳細については、InnerException を参照してください (ある場合)。

と言われててしまい、うまく UiPath Robot が起動しません。それを回避する方法をまとめました。

続きを読む