大川

DataTable 操作のパフォーマンスが上がった話

こんにちは、AI&ロボティクスセンターの大川です。

今回はRPA業務で、ちょっとした工夫でロボット動作のパフォーマンスが大きく上がったということをお話しします。

RPAで多用される定型業務の一つに、Excelデータの処理があります。
複数のExcelファイルにある大量のデータから特定の列を抽出して一つのExcelファイルに出力したり、その出力処理の前処理として複数条件でデータを集計してから出力したりと、人が手で作業するには非常に時間がかかりミスも発生しやすい定型業務を、ロボットで正確に処理してくれます。
現在は、UiPathというアプリケーションを使用したRPAの開発を行っており、Excelファイルの処理はDataTableという型のデータを扱うことになります。

※UiPathでコードを記述するときは、VB.NETという言語を使用します。

どんな問題が発生したのか

DataTableから条件に合う行を抽出するときに、ものすごく時間がかかるという問題が発生しました。

続きを読む