勝目知里

グラフィック・レコーディングはじめました。

みなさま最近はいかがお過ごしですか。UXデザインセンターのカツメです。
「○○の秋」の季節がやってきましたね。私の秋は、いまさら?これから?グラレコ?グラフィック・レコーディングをはじめてみました!

お絵かき好きだし、気になるなぁ、やってみたいなぁ・・・。
やってみたいと思いながら行動に移せない、そんなことみなさんもありませんか。私はそういうことばかりです。
そんな中、社内で「グラレコやろうぜ!」という会を立ち上げてくださった方がいたので、しっかり乗っかり、3名でグラレコ勉強会をスタートしました!
人に乗っかる、仲間を作る、というのはいいですね。お互いの進み具合を見ながら「私もがんばろう!」と思える。「ちゃんとやってるよね?」監視の目、助かります。

グラフィック・レコーディングってなんだろう?

「グラフィック・レコーディング」とは、例えば会議などの対話や議論の場において、ホワイトボードや模造紙など大きなスペースに絵や図(グラフィック)を描いていくことによって、会議の内容をリアルタイムに視覚化(レコーディング)していくことです。

続きを読む

レゴ®️シリアスプレイ®️ファシリテータ養成トレーニングをうけてきた

みなさまお疲れさまです。UXデザインセンター所属、レゴ®シリアスプレイ®トレーニング修了 認定LSPファシリテーターのカツメです。
さて、少し前なのですが、タイトルにあるとおり「レゴ®️シリアスプレイ®️ファシリテータ養成トレーニング」を受講してきたので、今回はご報告投稿とさせていただきます。

「レゴ®️シリアスプレイ®️」って何?と思った方が多いと思います。
「レゴ®️シリアスプレイ®️」レゴブロックを使用したワークショップ型研修のメソッド、です。

「コアプロセス」と7つの「アプリケーションテクニック」を組み合わせることで、チームビルディング、組織の意思決定や経営戦略、個人のための思考やコミュニケーション、問題解決まで、目的に合わせた研修を作ることができる!いろいろ応用のきくメソッドです。

「レゴ®️シリアスプレイ®️」はロバート・ラスムセン(当時レゴ社教育部門研究開発統括)を中心としたレゴ社のメンバーによって開発されました。現在、レゴ®️シリアスプレイ®️の知財はレゴグループとレゴ®️シリアスプレイ®️マスタートレーナー協会(共同会長:ロバート・ラスムセン)によって保有されています。

続きを読む

あなたもカラーユニバーサルデザイン

健康第一

みなさま、お仕事おつかれさまです!2019年になりました。今年も張り切っていきましょう!
と、言いながら。年末にインフルエンザAに罹患!年始から致し方なし寝正月を過ごしたUXデザインセンター所属のカツメです。

昨年は体の調子を崩すことが多く、節目の年齢だからか・・・と、今年は猛進ではなく無理せず一歩一歩進んでいきたいと思います。健康第一。

さて、今回は「色」にしぼったデザインの話をしたいと思います。タイトルにもあります「カラーユニバーサルデザイン」。

「カラーユニバーサルデザイン」とは、NPO法人カラーユニバーサルデザイン機構 (CUDO〈クドー〉)が作った名称であり、一部を引用しますと、

人間の生まれつきの色の感じ方(色覚)は、大きく5つの型(タイプ)に分けることができそれぞれの色覚型には色の感じ方に異なる特徴があります。また色覚は病気や老いによって変わることもあります。
こうした人間の色覚の多様性に配慮し、より多くの人に利用しやすい配色を行った製品や施設・建築物、環境、サービス、情報を提供するという考え方を「カラーユニバーサルデザイン(略称CUD)」と呼びます。

ということだそうです。色の世界にもバリアフリーを!

続きを読む

エンジニア女子に囲まれてUI設計しながら考えるUXライティング

元ビジュアル寄りの方のWebデザイナーで、エンジニアだらけのSIerに中途入社して2年目、UXデザインセンター所属のカツメです。

本記事を読んでいただく前提として知っておいてほしく、自己紹介が長くなりました。すみません。どうぞよろしく。

SI業界は女性が少なく、クレスコでも御多分にもれず男女比8:2なのですが、私の所属するUXデザインセンターは真逆の男女比2:8のセンターです。

女性が集まると会話も増えて賑やかになるのは一般的なのでしょうか?

私はそう感じているのですが、やはりクレスコでもランチなど女性が集まる会では、仕事とは全く関係のない、いかにして手数を少なくするか家事簡略化戦略、時間のない朝ではなく夜時間を使っていく子供のお弁当ノウハウ共有、月に食費1万円なんて実家のサポートなければ無理だよね・食費のやりくり計画、美容対応策(妥協策)、健康悩み相談などの話で大盛り上がり、キャッキャッと楽しんでいます。

続きを読む