matsken

鉄道とグラフ理論 (3)

技術研究所のまつけんです。

前回 (part 2) の続きです。前回は実際に、仙台近郊と福岡近郊の路線図を入力し、経路を生成してみました。今回は東京近郊です。例によって、路線図を隣接行列に変換します:

続きを読む

TeXの記法を使ってPowerPointに数式をサクサク入力する

技術研究所のまつけんです。

先日の数学セミナーの際に、PowerPointにたくさんの数式を載せました。最近、PowerPoint(やWord)の数式エディタでTeX[1][2]での入力が出来るようになりました。これを使えば、数式がサクサク入力できます。ただし、TeXの全ての機能が使えるわけではないようです。今回は、TeXをご存知ない方向けに「TeXとは何か」、「PowerPointでTeX入力する際の細かいコツ」、そして、「数学セミナーのスライド作りで実際に役立ったTeX表記」について紹介したいと思います。

続きを読む

数学セミナーを実施しました (2)

技術研究所のまつけんです。前回に引き続き、2月25日に開催した数学セミナーのレポートをさせていただきたいと思います。

第2部「超入門! 今日から機械学習の教科書を読めるようになる」では、機械学習の勉強をしようと思ったときに出てくる初歩的な数式について解説しました。「住宅のスペックからその住宅の価格を推定するAIを作るとしたら?」という例題:

を用いて、ベクトル・行列、最適化、微分(偏微分)について学習する内容でした。

続きを読む

数学セミナーを実施しました (1)

技術研究所のまつけんです。「鉄道とグラフ理論」の話題は一旦お休みして、先週の月曜日に開催された数学のセミナーについて、本日から2回にわたってレポートさせていただきたいと思います。

先週の月曜日、本社フューチャーセンターにてOpen Innovation Seminar「データサイエンティストに憧れるITエンジニアのためのやり直し数学」を実施しました。2部構成で、第1部は、名桜大学 准教授 當間健明 氏による「深層学習に頼らずとも統計とExcelでここまでできる」ということで、第2部は「超入門! 今日から機械学習の教科書を読めるようになる」と題して、私が担当させていただきました。

続きを読む

鉄道とグラフ理論 (2)

技術研究所のまつけんです。

先日、part 1として大回り乗車のルートを列挙するC++プログラムを作り、架空の路線図について実行してみました。今回は、実際の路線図で実行してみたいと思います。路線図については、前回も紹介したサイト (http://noritetsu.net/omawari/2015/03/sozai-download/) のものを参考にしました。

まず、比較的シンプルなものから実行してみましょう。仙台近郊と福岡近郊の路線図を簡略化して、隣接行列にしてみました(詳しくは、part 1参照)。見やすくするため、隣接行列の「ゼロ」になっている部分は空白としています。括弧が付いている駅は、乗り換えの余地が無い、分岐点になり得ない駅です。

続きを読む

鉄道とグラフ理論 (1)

技術研究所のまつけんです。

先日、新しい趣味を始めました。「大回り乗車」です。これは「大都市近郊区間内のみを利用する場合の特例」(都市部に限り、実際の乗車距離ではなく、最短の距離で運賃を計算する (ただし、同じ駅を2回以上通ることはできない) という特例)を利用して、安い料金で長距離を移動してしまおうというものです。

例えば、東京駅から総武線で西船橋駅に行き、武蔵野線で西国分寺駅に出て、中央線で神田駅まで戻ってきても、改札から一度も出なければ、東京-神田間の料金140円しか掛かりません。改札から外に出ることは出来ませんが、車窓の風景を楽しむことが出来ますし、エキナカで食事や買い物をすることは出来ます。詳しいことは、Googleなどで「大回り乗車」を検索すると色々と出てきますので、そちらを参照していただければと思います。

続きを読む

色の見え方

技術研究所のまつけんです。

先日、JDLA (日本ディープラーニング協会) のG検定 (ジェネラリスト検定) を受けてみました。恐らく合格しているとは思うのですが、少しばかり悔いの残る結果でした。というのも、途中で自宅のインターネット環境 (固定回線) が不調になり、5分くらいロスしてしまったからです。予め、スマホでテザリングできるようにスタンバイさせていた (古いPCも予備としてスタンバイさせていた) ので、どこかの段階でそちらに切り替えようかと思っていましたが、固定回線が復旧したので、テザリングへの切り替えはせずに済みました。トラブルに備えてPCと回線は二重化しておくと安心ですね。

さて、先日の記事で(あ)がデジタル画像についての話をしました。その中で「三原色」について触れていましたが、今日は、その「三原色」について詳しく説明したいと思います。

続きを読む