つるだ

アジャイル技術コミュニティ始めました

こんにちは。ディベロップメントテクノロジーセンターのつるだです。
アジャイル開発のプロジェクトにて、スクラムマスターとして複数チームを担当しています。
社内ではアジャイル推進として活動しています。
今回は、社内のアジャイル推進活動の一つである、アジャイル技術コミュニティについて紹介します。

なぜ立ち上げたか 

2018年、経済産業省は[D X レポート ~ITシステム「2025年の崖」の克服とDXの本格的な展開~]を公開し、2025年以降、最大12兆円/年(現在の約3倍)の経済損失が生じる可能性(2025年の崖)が示されました。
その後デジタル化推進の政策は進み、DX銘柄が選定されたり、デジタル庁が発足しました。
クレスコとしてもこの社会の動きに適応する必要があり、DX実現に向けた手段としてアジャイルは有効です。
なお、クレスコはDX認定事業者の認定も受けています。

このように今後ニーズが増えるアジャイルですが、社内で知識の属人化が起こっていました。気軽に相談できる場を作ることで社内にアジャイルを広められると考え、コミュニティを立ち上げました。

コミュニティの最終目標 

コミュニティの最終目標は、[クレスコでアジャイルが当たり前にする]ことです。
現在はウォーターフォールでの開発が多いですが、お客様/プロジェクト/プロダクトの課題に合わせて、アジャイル開発も当たり前のように選択肢に挙がり、プロダクトに対して高い品質で提供できることを目指しています。

続きを読む

アジャイルにおけるチーム活動の重要性

この記事は『CRESCO Advent Calendar 2020』 9日目の記事です。

こんにちは。ディベロップメントテクノロジーセンターのつるだです。
アジャイル開発のプロジェクトにて、スクラムマスターとして複数チームを担当しています。
社内ではアジャイル推進として活動しています。
前回は、ウォーターフォールとアジャイルの違いについて考察し、開発の工程、体制の違いについても触れました。
今回はアジャイルにおけるチーム活動の重要性について考えてみます。

続きを読む

なぜウォーターフォールとアジャイルは違うのか

こんにちは。ディベロップメントテクノロジーセンターのつるだです。
アジャイル開発のプロジェクトにて、スクラムマスターとして複数チームを担当しています。
社内ではアジャイル推進として活動していますが、
組織としてウォーターフォールの経験値が豊富なことから、
アジャイルでやる必要があるのかといった疑問や、興味が薄いメンバーがいることも事実です。
アジャイル開発を実際に経験して感じた、ウォーターフォールとの違いを考察することで、
これらの疑問に回答し、社内外の方にアジャイルに興味を持って持っていただければと思います。
※考察なので、私見を多く含みます。

続きを読む