DevOps/Agile

アジャイル技術コミュニティ始めました

こんにちは。ディベロップメントテクノロジーセンターのつるだです。
アジャイル開発のプロジェクトにて、スクラムマスターとして複数チームを担当しています。
社内ではアジャイル推進として活動しています。
今回は、社内のアジャイル推進活動の一つである、アジャイル技術コミュニティについて紹介します。

なぜ立ち上げたか 

2018年、経済産業省は[D X レポート ~ITシステム「2025年の崖」の克服とDXの本格的な展開~]を公開し、2025年以降、最大12兆円/年(現在の約3倍)の経済損失が生じる可能性(2025年の崖)が示されました。
その後デジタル化推進の政策は進み、DX銘柄が選定されたり、デジタル庁が発足しました。
クレスコとしてもこの社会の動きに適応する必要があり、DX実現に向けた手段としてアジャイルは有効です。
なお、クレスコはDX認定事業者の認定も受けています。

このように今後ニーズが増えるアジャイルですが、社内で知識の属人化が起こっていました。気軽に相談できる場を作ることで社内にアジャイルを広められると考え、コミュニティを立ち上げました。

コミュニティの最終目標 

コミュニティの最終目標は、[クレスコでアジャイルが当たり前にする]ことです。
現在はウォーターフォールでの開発が多いですが、お客様/プロジェクト/プロダクトの課題に合わせて、アジャイル開発も当たり前のように選択肢に挙がり、プロダクトに対して高い品質で提供できることを目指しています。

続きを読む

DevOpsを支えるIaCフレームワーク「Reunir」のご紹介

こんにちは。AITCのどらをです。

現在、クレスコではDevSecOpsの新サービスを準備中です。今回はその新サービスの一部であるIaC(Infrastructure as Code)フレームワーク「Reunir」をご紹介したいと思います。

 
DXの推進が求められる昨今、システム開発はより迅速に、柔軟に、多様にと、急速な変化が求められています。私自身、アジャイル開発やリーン開発などの開発手法を求められることが多くなったと感じています。

DXを推進する一つの要素として、DevOpsがあります。DevOpsという言葉は既にメジャーなものかと思いますが、まずはおさらいとしてWikipediaの概要を見てみましょう。

続きを読む

ソフトウェア開発内製化を成功させるために必要なこと

新年あけましておめでとうございます。
ディベロップメントテクノロジーセンターのあおやまです。

コロナで大変な状況はまだ続いておりますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

2021年最初のテーマはソフトウェア開発の内製化を成功させるために必要な「標準化」についてお話しさせていただきます。

内製化の課題

昨今、DX(デジタルトランスフォーメーション)を実現するため、システムインテグレータに全部お任せするのではなく、お客様が主体となって内製化する流れが強まっています。例えば、AIやデータアナリティクスのPoCに取り掛かったり、アジャイル、DevOps、Microservicesなどへの取り組みを始められています。

PoCや特定プロジェクトへの新技術の導入で一定の成果をあげ、その後の内製化を着実に進められているお客様がいらっしゃる一方で、成果を横展開する次のステップで苦戦されているお客様が散見されます。

続きを読む

アジャイルにおけるチーム活動の重要性

この記事は『CRESCO Advent Calendar 2020』 9日目の記事です。

こんにちは。ディベロップメントテクノロジーセンターのつるだです。
アジャイル開発のプロジェクトにて、スクラムマスターとして複数チームを担当しています。
社内ではアジャイル推進として活動しています。
前回は、ウォーターフォールとアジャイルの違いについて考察し、開発の工程、体制の違いについても触れました。
今回はアジャイルにおけるチーム活動の重要性について考えてみます。

続きを読む

なぜウォーターフォールとアジャイルは違うのか

こんにちは。ディベロップメントテクノロジーセンターのつるだです。
アジャイル開発のプロジェクトにて、スクラムマスターとして複数チームを担当しています。
社内ではアジャイル推進として活動していますが、
組織としてウォーターフォールの経験値が豊富なことから、
アジャイルでやる必要があるのかといった疑問や、興味が薄いメンバーがいることも事実です。
アジャイル開発を実際に経験して感じた、ウォーターフォールとの違いを考察することで、
これらの疑問に回答し、社内外の方にアジャイルに興味を持って持っていただければと思います。
※考察なので、私見を多く含みます。

続きを読む

リモートで Fun Done Learn ふりかえりをやってみた

こんにちは。ディベロップメントテクノロジーセンターのあかみーです。
前回、様々なふりかえりの手法について記事を書かせていただきました。そしてそちらに手法の一つとして書かせていただいた 「Fun Done Learn」 を用いたふりかえりを、とある案件で実施させていただきました。(私はファシリテーターとして参加させていただきました。)
このふりかえりは、新型コロナウイルスの影響で、メンバー全員がリモートワークでの開催となりました。今回はリモートワークの状況下でのふりかえり実施について書かせていただきます。

続きを読む

さまざまな「ふりかえり」の手法

こんにちは。ディベロップメントテクノロジーセンターのあかみーです。
昨年度の話になりますが、社内の勉強会で「ふりかえり ワークショップ」を開催させていただきました。 このワークショップでは、「ふりかえり」(レトロスペクティブ)に焦点を置き、参加した方々には、ふりかえりの目的・手法について学ぶだけでなく、実際にふりかえりのいくつか手法を実際に体験していただきました。今回は、このワークショップで実際に行ったふりかえり手法をいくつかご紹介させていただきます。

ふりかえりの手法について

今回行ったワークショップでは、以下の書籍を参考に、開催させていただきました。
書名:アジャイルレトロスペクティブズ 強いチームを育てる「ふりかえり」の手引き
著者:Esther Derby, Diana Larsen
訳:角 征典
出版社:オーム社

続きを読む

Gaugeを使って自動テストしてみた

(この記事は「CRESCO Advent Calendar 2019」21日目の記事です。)

こんにちは、システムズエンジニアリングセンターの山口です。
この記事ではGaugeとSeleniumを利用した自動テストについて紹介します。

Gaugeとは

公式サイト: https://gauge.org/
GaugeはPythonやJavaなど幅広い言語に対応した自動テストフレームワークです。
テストの実装とテスト仕様書を分離して記述し実行することができます。

Gaugeの良さ

  • テストコードが書かれていれば、日本語を使って自動テストを行うことができます。
  • Markdownで書かれているため、プレビュー表示でテスト仕様書のレビューを行うことができます。

続きを読む

Vuetifyで画面デザインをサボってみた

こんにちは。Nissyです。クレスコアドベントカレンダーの15日目の記事として画面デザインのフレームワークであるVuetifyについて投稿します!

 

Vuetifyって?

Vue.jsのマテリアルデザインコンポーネントライブラリです。(うん!なんのこっちゃ!)

要するに、Vuetifyを使う事で、スタイリッシュかつ使いやすいUIが楽に作れちゃう!!!そんなコンポーネントライブラリです。

 

Vuetifyのいいところ

コンポーネントの種類が豊富で、基本的にサンプルをコピペするだけでリッチでスタイリッシュな画面が作れます。

また、英語ではありますがドキュメントも豊富で、Node.jsとVue-CLIが利用できる環境さえあれば、簡単に導入できます。

続きを読む

ヴァル研究所さんに学ぶ「継続は力なり」

ご無沙汰しております、サービスデリバリーセンターの「むらたん」です。

少し前ですが、「駅すぱあと」でお馴染みのヴァル研究所さんのオフィスにお邪魔しました。

ヴァル研究所さんは「カンバン」や「振り返り」といったアジャイル開発のプラクティスを、開発部門だけでなくバックオフィス部門でも採用し、全社的に可視化・情報共有に取り組まれております。
オフィス見学ツアーは、これらの取り組みを実践されている現場の方にご説明いただき、質問できるという人気のツアーで、9か月待ちして参加させていただきました!
内容については、こちらにある通り、各社がレポートされておりますので、割愛…といいたいところですが、日々進化しているプロセスだと感じたので、2019年2月末時点では、ということでレポートさせていただきたいと思います。

続きを読む