イベント/レポート

数学セミナーを実施しました (2)

技術研究所のまつけんです。前回に引き続き、2月25日に開催した数学セミナーのレポートをさせていただきたいと思います。

第2部「超入門! 今日から機械学習の教科書を読めるようになる」では、機械学習の勉強をしようと思ったときに出てくる初歩的な数式について解説しました。「住宅のスペックからその住宅の価格を推定するAIを作るとしたら?」という例題:

を用いて、ベクトル・行列、最適化、微分(偏微分)について学習する内容でした。

続きを読む


オープンハウス2019を開催しました


 

こんにちは 技術研究所の101です。

先週3/19(火)の夕方~夜に、外部のお客様もお招きして「オープンハウス2019」を、弊社フューチャーセンターにて開催しました。
クレスコ技術研究所では、毎年秋に上期分の研究成果の発表会を社内向けに行い、翌春に一年を通した研究成果の発表を社内外に向けて行うことになっています。
今回は2018年度一年を通した研究成果の発表です!!

 

当日はお客様、グループ会社、ブログから一般応募頂いた方々など総勢80名ほどの方々にご来場頂きました。皆様年度末の忙しい時期にも関わらずご来場いただき、本当にありがとうございます。皆様からの質疑やご意見を頂きながら、研究員一同貴重な時間を過ごすことができ、大変うれしく感じております。
 
続きを読む


数学セミナーを実施しました (1)

技術研究所のまつけんです。「鉄道とグラフ理論」の話題は一旦お休みして、先週の月曜日に開催された数学のセミナーについて、本日から2回にわたってレポートさせていただきたいと思います。

先週の月曜日、本社フューチャーセンターにてOpen Innovation Seminar「データサイエンティストに憧れるITエンジニアのためのやり直し数学」を実施しました。2部構成で、第1部は、名桜大学 准教授 當間健明 氏による「深層学習に頼らずとも統計とExcelでここまでできる」ということで、第2部は「超入門! 今日から機械学習の教科書を読めるようになる」と題して、私が担当させていただきました。

続きを読む


技術研究所 オープンハウス2019 に来てみませんか?

◇◇◇ 参加登録は本記事最後のリンクからどうぞ ◇◇◇

こんにちは 技術研究所の101です。

3月に開催される当技術研究所の研究発表会「オープンハウス2019」の開催告知をさせて頂きます。
昨年に引き続き、今年も一般の方へもオープンなイベントとして開催します。
(昨年の様子はこちらをご参照ください。)

オープンハウスとは、
研究内容と成果を多くの方に知っていただくために、研究所を一般公開するイベントです。

続きを読む


2018年度 技術研究所発表会を開催しました

先日10月上旬に、クレスコ本社フューチャーセンターにて技術研究所主催の研究発表会を開催しました。クレスコ技術研究所が目指しているオープンイノベーションとそれにかかわる連係活動や研究成果を紹介する研究発表会も本発表会で5回目です。今回の発表会は、第一部では研究所の取組みについてのプレゼンテーション形式での紹介、第二部では研究成果などについてポスターセッション形式の二部構成となっており、お客様と研究員が技術談義や気楽な雑談ができるような雰囲気つくりが意識されていました。

続きを読む


Meetup event in Sapporoを開催しました

2018年7月末に株式会社調和技研と共同でMeetup event in Sapporoを開催しました!

今回のテーマは「北海道の未来とAI」という大きなテーマで、北海道大学の山下 倫央准教授、札幌国際大学の田邊 龍彦教授を交えて総勢7名のスピーカーに話していただきました。
会場はミライストというとてもおしゃれなカフェで、その半分のスペースを貸し切りにして実施しました。
MIRAI.ST cafe & kitchen

続きを読む


座長やってきました

技術研究所の (あ) です。
もう時間が空いてしまいましたが、先日(3/14)、情報処理学会第80回全国大会の一般発表セッションの一つで座長をやってきました。
学会聴講とか発表とかをやったことのない人には、この「座長」というのが何なのか、いまいちピンとこないかと思います。

ということで今回はその辺りを軽く書いてみたいと思います。

続きを読む


オープンハウス2018を開催しました

こんにちは 技術研究所のぱしです。

先週3/23(金)の夕方~夜に、外部のお客様もお招きして2017年度の技術研究所の研究成果の発表などを行う「オープンハウス2018」を、弊社フューチャーセンターにて開催しました。昨年9月には上期分の研究発表会を社内向けに行いましたが、今回は一年を通しての発表となります。

こちらの記事でお知らせしておりました通り、今回は初の一般参加も呼びかけ、年度末の忙しい時期にも関わらず、お客様、グループ会社、ブログから一般応募頂いた方々など総勢140名ほどの方々にご来場頂きました。皆様本当にありがとうございます。前日には社員向けのポスターセッションも行いましたので、2日間通して昨年を上回る数の来場者の皆さんに発表を見て頂きました。1日目の説明ですでに声をつぶしていたメンバーもいましたが、皆様からの質疑やご意見を頂きながら、研究員一同貴重な時間を過ごすことができました。

続きを読む


「オープンハウス2018」開催のご案内 ☆最新情報はこちらです☆

こんにちは 技術研究所のぱしです。

先日こちらの記事で開催告知と応募開始をさせて頂いた「オープンハウス2018」、全貌が見えて参りましたので、この記事では最新情報をお届けしたいと思います!

※本イベントに関する最新情報は、今後この記事を更新しながらお届けする予定です。

今年もクレスコ 技術研究所の1年間の成果を発表する場として、「オープンハウス2018」を開催させて頂くことになりました。

オープンハウスとは、
研究内容と成果を多くの方に知っていただくために、研究所を一般公開するイベントです。

こんな人におすすめです

・最先端の技術を知りたい方
・AIの今を知りたい、そしてその先にあるビジネスに繋げたい方
・AIへの疑問や疑念をお持ちの方(それってAI?AIの必要ある?AIでいいの?など)
・技術研究所の活動を知りたい方
・技術コミュニティ活動に興味のある方
・共創研究に興味のある方
・クレスコ各種ソリューションに興味のある方

続きを読む


技術コミュニティ活動 SIGについて

こんにちは、技術研究所「どらお」です。

技術研究所では、技術コミュニティ活動の一つとしてSIGを企画、運営しています。
今回は、そのSIGについて紹介をしたいと思います。

まず、SIGという言葉を聞いたことない人もいると思いますので、SIGの説明から。

SIGとは?

シグと呼びます。Special Interest Groupの略で
“特定の興味ある事柄について、その道の専門家の考えを聞いたり、メンバー同士が互いに知識や情報を交換する場”
とウィキペディアでは書かれています。

クレスコのSIGは勉強会のように自発的に何かを学ぶ、といった場ではなく、
自分の持っている技術知識を活かして成果物を残す場となっています。
活動期間は一年間で、成果物は一年間単位でコミットする形式で実施しています。

続きを読む