その他

鉄道とグラフ理論 (2)

技術研究所のまつけんです。

先日、part 1として大回り乗車のルートを列挙するC++プログラムを作り、架空の路線図について実行してみました。今回は、実際の路線図で実行してみたいと思います。路線図については、前回も紹介したサイト (http://noritetsu.net/omawari/2015/03/sozai-download/) のものを参考にしました。

まず、比較的シンプルなものから実行してみましょう。仙台近郊と福岡近郊の路線図を簡略化して、隣接行列にしてみました(詳しくは、part 1参照)。見やすくするため、隣接行列の「ゼロ」になっている部分は空白としています。括弧が付いている駅は、乗り換えの余地が無い、分岐点になり得ない駅です。

続きを読む


鉄道とグラフ理論 (1)

技術研究所のまつけんです。

先日、新しい趣味を始めました。「大回り乗車」です。これは「大都市近郊区間内のみを利用する場合の特例」(都市部に限り、実際の乗車距離ではなく、最短の距離で運賃を計算する (ただし、同じ駅を2回以上通ることはできない) という特例)を利用して、安い料金で長距離を移動してしまおうというものです。

例えば、東京駅から総武線で西船橋駅に行き、武蔵野線で西国分寺駅に出て、中央線で神田駅まで戻ってきても、改札から一度も出なければ、東京-神田間の料金140円しか掛かりません。改札から外に出ることは出来ませんが、車窓の風景を楽しむことが出来ますし、エキナカで食事や買い物をすることは出来ます。詳しいことは、Googleなどで「大回り乗車」を検索すると色々と出てきますので、そちらを参照していただければと思います。

続きを読む


最高のチームって たのC 超えて たのD!気持ちE 超えて 気持ちF!

この記事は 『CRESCO Advent Calendar 2018』 14日目の記事です。

こんにちは、Shiinaです

ヤバTの「かわE」が頭から離れなくてタイトルにまで溢れてしまった!!
そんなこんなで今日はこの曲の良さを語ろうかと思ったんですが、
弊社のアドベントカレンダーは技術的なことに限るので、
今回は最高のチームについて書こうと思います♪

続きを読む


マイコンボードで、こんなん作ってみた

この記事は 『CRESCO Advent Calendar 2018』13日目の記事です。

こんにちは、NKC菊地です。

自分の名刺を見ると、長岡開発センターの住所です!!
へーっ!俺って、長岡から品川へ転勤しているみたいです!?

実際は、東京都・品川の港南センターで、業務しています。
職場は、緑色した電子基板が、クリスマスツリーの様にキラキラ輝くフロアです。

電子基板と言えば、IoTブームに乗り、マイコンボードがいろいろと増えてきましたね。

わたくし、ご存知の人もいるかと思いますが、マイコンボートマニアです。
Rasberry Piなら、10枚くらい持ってるし、その他にも、数十種類。ICEも個人持ちです。

個人的に考えるイチオシのマイコンボード「IchigoJam(イチゴジャム)」を、ご紹介します。

続きを読む


React Hooks API をふんだんに使ってみた

この記事は 『CRESCO Advent Calendar 2018』 10 日目の記事です。

こんにちは。スマート・テクノロジー・オフィスの benishouga です。

今回は 10 月下旬ぐらいから React 界隈で少し話題になっている React Hooks API を実験的に自分の作っているアプリに適用してみたのでその紹介をしたいと思います。

React Hooks API とは

React Hooks API とは Facebook が公開している React という UI コンポーネントを作るためのライブラリ に追加予定の新しい API 群で、従来の API 群では状態を保持するコンポーネントを作成するには class を使って実装していたところを単純な function で扱えるようにするものです。

続きを読む


来年のキミとボクへ〜Advent calendarネタ探しジャーニー

この記事は 『CRESCO Advent Calendar 2018』 7日目の記事です。

去年書いた記事がおかげさまで閲覧数トップ3に入ることができ、調子に乗って今年も執筆しますと手を挙げてしまいました。
が、まだネタ決まってません(今日は原稿締切の日です)。
絶対×絶命。オワタ\(^o^)/積んだー (music by ヒスパニ)

書くネタが無いわけではない、書きたいことがありすぎて選べないのだ。」(言い訳)

こんな8月31日に夏休みの宿題に取り掛かる状態で締め切りと格闘していては、良質なコンテンツを届けられないのではないか?
さあ、どうする?

続きを読む


1日で何が作れるか

こんにちは。サービスデリバリーセンター(SDC)の繁昌です。
この記事は 『CRESCO Advent Calendar 2018』 5日目の記事です。

私は17年程前に製造業の営業からSEにキャリアチェンジしました。
当時は環境構築セットのCDが付録になった書籍を参考にしながら、コマンドラインに
「Hello,world!」を表示するだけで1日がかりだったことを思い出します。
今は当時と比べて有益な情報や便利なツールを簡単に入手できるようになりました。
そこで、今の自分がまだ経験の無いアーキテクチャに本気で取り組んだら、1日で何が出来るのかを検証してみました。

続きを読む


SAPとRPAの組合せを考えてみた。

この記事は 『CRESCO Advent Calendar 2018』 2日目の記事です。

お久しぶりです。特派員のI.Mです。
今回はSAP界隈でRPAをどのように組み込むのか考えてみました。
SAP ERPを扱う業務にRPAを持ち込む場合、どのようなシーンを想定するでしょうか。

バッチインプット

SAP ERPは、世界中で使われているパッケージソフトウェアであり、世界中のERPコンサルタントの集合知であり、ベストプラクティスです。
ところが、SAPのインターフェース(操作画面)は非常に複雑で分かりにくく、難しい(≒扱いにくい)と言われることがよくあります。
これは世界中の多種・多様な企業で利用され、その要求に応えるべく非常に高機能且つ汎用的なものである必要性が、インターフェースを複雑に、手順を難しくしているというのが一般の見方のようです。
ならば、SAP ERPの画面操作を簡便にするためにRPAツールを使えばいいのかな?と考えられそうです。
(私も思いました)
SAP ERPのクライアントツール(SAP GUIと呼ばれます)の画面操作をRPAツールで記録して入力値を変数にして、、、という手順です。

続きを読む


色の見え方

技術研究所のまつけんです。

先日、JDLA (日本ディープラーニング協会) のG検定 (ジェネラリスト検定) を受けてみました。恐らく合格しているとは思うのですが、少しばかり悔いの残る結果でした。というのも、途中で自宅のインターネット環境 (固定回線) が不調になり、5分くらいロスしてしまったからです。予め、スマホでテザリングできるようにスタンバイさせていた (古いPCも予備としてスタンバイさせていた) ので、どこかの段階でそちらに切り替えようかと思っていましたが、固定回線が復旧したので、テザリングへの切り替えはせずに済みました。トラブルに備えてPCと回線は二重化しておくと安心ですね。

さて、先日の記事で(あ)がデジタル画像についての話をしました。その中で「三原色」について触れていましたが、今日は、その「三原色」について詳しく説明したいと思います。

続きを読む


GAS(Google Apps Script)業務利用の事例

こんにちは。ひでデス。

早速ですが、社内業務でのGAS利用事例をご紹介します。
なんと、業務が稼働している本物のコードを、赤裸々に公開しちゃいます!

  • GASとは、Google Apps Scriptの略称で「ガス」といいます。G Suiteのスプレッドシートやフォームを自動化させることが可能なスクリプトです。
  • G Suiteとは、Googleが提供する有料の法人向けクラウドグループウェアです。Gmail、googleグループ、googleドライブ、googleサイト、googleスプレッドシート、googleフォームなどが含まれます(※これ以降では、接頭辞としてのGoogleは省略します)。
  • GASはG Suiteの基本機能に含まれていますので、使わないと損です!

なお、GASの導入、権限やトリガーの設定、ログ確認などの詳細については、親切なサイトがたくさんありますので、そうしたサイトをご覧ください。

これから紹介する事例は、「プロジェクト専用フォルダの申請」を受付けるという、実際の業務です。
それでは、順を追って説明します。

続きを読む