その他

3児の母、ITストラテジストに合格する

こんにちは、サービスデリバリーセンターたまかけです。

昨年の秋に合格したITストラテジスト試験の勉強方法について書こうと思います。
これから受験される方の参考になると嬉しいです。

これまではITストラテジストの実務経験はなく、他の論文系高度資格も取得していません。
文章を書くのは大学受験の小論文以来?!というくらい久しぶりで
書籍、小説など一切読まないため、長文を読むのも苦手です。

また私事ですが、、
昨年9月25日に第三子を出産し、3週間後(10月15日)の受験となりました。
子育てと勉強の両立についても触れていきます。

続きを読む


ITアーキテクトのお仕事~システム方式設計~

こんにちは。サービスデリバリーセンター(SDC)のあおやまです。

昨年度まではプロジェクトの技術サポートや開発プロセスの改善活動なと裏方仕事をやっていたのですが、今年度は久しぶりに現場部門に戻ってきて現場プロジェクトに参画しています。

私のプロジェクトでの役割はITアーキテクトになります。
プロジェクトにおいて技術面でプロジェクトをリードする立場です。プロジェクト開始時点でのシステムの全体設計から始まり、アプリケーションの開発方法やテストの実施方法の検討まで多岐にわたります。必要に応じて自分自身の手を動かして主要なフレームワーク・共通機能部分の開発、技術検証も行います。

今回はそのタスクの中で重要な「システム方式設計」についてお話したいと思います。

続きを読む


【モデリング】最適な抽象化をするためには?

こんにちは。
エンベデットソリューション事業部の鷲澤です。

ここ数年、オブジェクト指向に基づいたモデリングに関して社内で勉強会を開催してきました。
その中で、受講者から出た質問に「抽象化の最適な粒度が分からない」という質問が多数挙がりました。
自分自身の考えを整理するためにも、今回は「最適な抽象化をするためには?」というテーマでまとめていきたいと思います。

続きを読む


デジタルな画像のはなし (色と明るさ)

技術研究所の (あ) です。
機械学習による画像や写真の分類とかやってます。

学習用に集めた画像を畳み込みニューラルネットワークなどで学習させるわけですが、その際にはまず、集めた画像の要る部分だけを切り出したりする必要があります。また、「ちょっと違っても同じだよ」というようなことを学習させるために画像にフィルタを掛けたり変形したりノイズを加えたりして“Data Augmentation”を行うことも多いです。

こうした作業には、またこれに限らず写真などの解析や操作のためには計算機上でデジタルな画像がどう表現され扱われているのか、ということをちゃんと理解しておいたほうが便利です。「なんかこうすればよいらしい」くらいの認識でも、まあ、なんとかなるかもしれませんが、ちょっと知識があるだけで応用できる度合いがぜんぜん違ったりします。

というわけで今回はデジタルな画像の基礎的な部分の説明をしたいと思います。

続きを読む


社内勉強会で紙飛行機ワークショップを行いました!

こんにちは、サービスデリバリーセンター(通称:SDC)所属の那須です。

先月、社内の勉強会で紙飛行機ワークショップを行いました。
このワークショップは、複数人で編成されたチームに分かれ、チームごとにお題に沿った紙飛行機を製作し、完成した紙飛行機の数を競い合います。

なぜ、いい年をした大人が紙飛行機を作るのか?と思った方もいるのではないのでしょうか。
このワークショップは紙飛行機を作るという単純な作業でも、時間を短く区切り、その時間の中で計画立案、制作と完成チェック、活動の振り返りを繰り返すことで、アジャイルのプロセスを体験することができます。

今回のエントリーはアジャイルに興味がある方に、読んでいただけると嬉しいです。

続きを読む


LINE Messaging API + Google Apps Script で遊んでみました

どうもはじめまして。サービスデリバリーセンターの岩崎です。
以前のとある活動で LINE Messaging API + Google Apps Script を使ったサンプルアプリを作って遊んでみましたので、そのときの情報を紹介します。

・LINE Messaging APIとは
LINEが提供しているAPIであり、APIを通じて自分が作成したプログラムとLINEサービスと連携することが出来ます。例えば、LINEから受信したメッセージを元にプログラムが情報を収集し、編集した情報をLINEに戻すようなBOTアプリを作成することが可能です。
機能制限付きですが、一部サービスは無料で使用可能です。(詳しくはコチラ)

・Google Apps Scriptとは
Googleが提供するJavascriptベースのスクリプト開発環境です。
Googleサービスを操作、他のWebAPIの呼び出し、自分自身をWebAPIとして公開等、様々なことが出来ます。Googleサービス上で実装からAPI公開まで行うことが出来、別途サーバ等を用意することなくWebAPIを公開することが可能です。(詳しくはコチラ)

続きを読む


gophernotesを使ってみる

こんにちは。技術研究所の910です。

私は主にPythonでコードを書くことが多いのですが、その際には一度Jupyter Notebookで短いコードを書いて動かしてみてからモジュールに実装する、というやり方を取っています。
コードを共有するのも楽ですし、Markdownで書いたメモも一緒に共有できるので、好んで使っています。

最近ふつふつと新たな開発言語を学びたい欲が湧いてきたので、Golangを学ぶことにしました。
そこでNotebook用のGoカーネルを探してみたところ幾つか見つかりましたので、試してみました。

本記事はかなり短い記事となっていますので、かるーく読んでいただければ幸いです。

続きを読む


座長やってきました

技術研究所の (あ) です。
もう時間が空いてしまいましたが、先日(3/14)、情報処理学会第80回全国大会の一般発表セッションの一つで座長をやってきました。
学会聴講とか発表とかをやったことのない人には、この「座長」というのが何なのか、いまいちピンとこないかと思います。

ということで今回はその辺りを軽く書いてみたいと思います。

続きを読む


新米IT-Dのススメ #2

こんにちは。IT-Dの「110」です。

前回の記事では、IT-Dのアイデンティティについてお話しました。
所属や立ち位置の意識はとても大事ですが、それと同じくらい大事なことがあります。

「技術者はいつでも正直であるべきだ」

この言葉は技研時代に当時の副会長から聞き、今でも心に残っている言葉です。
私は以下のようにこの言葉を解釈しました。

続きを読む


AWSとSAP Cloud Platform

こんにちは、特派員のI.Mです。

最近やっとAmazon Echo dotが届き、Amazon Music Unlimited(Echoプラン)を使い始めました。
ですが、ライブ音源とかカバー歌手の曲がかかったりしてなかなか思い通りの曲に辿り着けず、家族にガッカリされていたところ、
「プレイリストを使いたまへ」
という天啓を受けまして、それから快適にリビングの音源となっています。

なお、自分で作ったプレイリストの名称は単語を半角スペースで区切ると認識されやすくなっていい気がします。

閑話休題。

今回はPaaSのあり方について思うところを書きます。

ハイブリッドクラウド(パブリッククラウド×オンプレミス)

日本ではまだまだ基幹システムをパブリッククラウドに置く企業は少ないと思います。
基幹システムはオンプレミスやプライベートクラウド、他の業務システムはパブリッククラウドというハイブリッドクラウドという構成は多いでしょう。
この構成で、業務システムと基幹システムを連携させるアーキテクチャに悩むことは多いのではないでしょうか。とくに業務システムから基幹システムのデータ参照は、クラウドからオンプレミス側のファイアーウォールを超えなければなりません。

続きを読む