その他

お客様のSEOトレンド

この記事は 『CRESCO Advent Calendar 2017』 21日目の記事です。

こんにちは。澤田拓也です。
普段はITディレクター(IT-D)という開発とは無縁の働き方をしています。

IT-Dがどのような働き方をしているかの詳細は、後輩が書いた記事(新米IT-Dのススメ)にお任せしますが、IT-Dの働き方のポイントは「お客様の立場として働く」というところです。

お客様の立場として働いているので、お客様が何を求めているのかを日々知ることができます

そこで今回はSEO業界のSEOのトレンドではなく、お客様の中でどのようなSEO対策が求められているのか(お客様のSEOトレンド)をご紹介しようと思います。

※SEOの用語の説明などは省略しているので、SEO初心者の人には分かりづらいかもしれませんが、その点はご了承ください。

続きを読む

Xamarin Profilerでメモリリーク解析

この記事は 『CRESCO Advent Calendar 2017』 19日目の記事です。

こんにちは。スマートソリューションセンターの吉田です。

クレスコでは、Microsoft買収による無償化が騒がれる前の2013年より、Xamarinに関する取り組みを開始しており、Xamarinを利用したモバイルアプリ開発に力を入れております。
本記事では、Xamarin製アプリケーションのメモリリーク解析を、Xamarin Profilerを使って実施する手順をご紹介します。

続きを読む

WebFluxとKotlinでReactive Web

この記事は 『CRESCO Advent Calendar 2017』 10日目の記事です。

VPA関連を書こうと思ったけれど、他の人と被りまくりそうな気がするので回避。

「ねえGoogle、WebFluxでAPIを実装してみて」
「Alexa、KotlinでAPIを実装してみて」

Spring 5.0のリリースで、WebFluxやKotlinのサポートが追加されました。
Spring WebFluxは、リアクティブプログラミングが出来る新しいフレームワークです。
Spring MVCはServlet APIベースでしたが、Spring WebFluxはReactive Streamベースの新しいHTTP API上に実装されています。

続きを読む

GitBucketのPushをHookするプラグインを作ってみた

こんにちは。先週アドベントカレンダーを待てずにブログを出してしまったせいで、若干ネタ切れの(ほ)です。

※この記事は 『CRESCO Advent Calendar 2017』 6日目の記事です。

最近は企業でもソースコード管理にGitを使用していることが多いと思いますが、ホスティングには何を使用していますでしょうか。

GitHub Enterpriseを使用している企業もあると思いますが、ソースコードは社外に預けたくないという企業もまだ多いと思います。
そんなときに候補になるのが各種Githubクローンだと思いますが、弊社のあるプロジェクトではGitBucketを使用しています。

そのプロジェクトの人から
「masterブランチに管理者以外がPushできないようにしたい」
という話を聞いたのでプラグインを作ってみたのですが、GitのコマンドをHookするプラグインの作成方法が記載されているサイトを見つけられなかったので、ここに書いておきます。

(ちなみに、GitHubでもProtected branchesはGitBucketと同様にForce PushやDeleteを防ぐだけで、通常のPushは防げません。)

続きを読む

Web APIクライアントのコード生成

こんにちは、特派員のI.Mです。
今回はAPIのお話です。

※この記事は 『CRESCO Advent Calendar 2017』 4日目の記事です。

SAP API Business Hub

SAP API Business Hubをご存知でしょうか?
所謂APIのカタログサイトで、SAPやそのパートナーが公開しているAPIの情報が閲覧できたり、トライできる環境です。
既に学習済みのモデルですがSAP Leonardo Machine Learningの一端がここで体験できます。
(利用にはSCNアカウントの作成(無料)が必要です)

続きを読む

新米IT-Dのススメ

この記事は 『CRESCO Advent Calendar 2017』 2日目の記事です。
こんにちは。IT-Dの「110」です。
あれ?と思ったあなた。弊社ブログのかなりのマニアとお見受けします。
前回の記事までは技術研究所の「110」として、あんな記事こんな記事を書いていました。
この秋、技研を卒業し現場に舞い戻りエンジニアになるかと思いきや、ここで任された職種が予想もしないものだったんです。

続きを読む

Solutions for “Unable to resolve dependency” on building with Android Studio 3.0

Hello, Android Studio users!

I had installed Android Studio 2.3 long time ago, and tried to update it to 3.0 yesterday.
Then, build was failed with the message:

"Unable to resolve dependency"

I’ve struggled with this problem and found a workaround.

On threads of Stack Overflow, it seems many developers have been caught in the same trouble.
So, I write the solutions here.

続きを読む

役員ですがエンジニアブログに投稿してみた

はじめまして。クレスコの「せんむ」です。
已む無くエンジニア家業は既に引退していますが、今回、縁あってエンジニアブログに参加させてもらうことになりました。私が毎週クレスコ社員向けにその週の出来事からの気づきをメルマガ風に発信している「the Weekly AWareness!(通称 WAW!)」をそのままこのブログに載せてしまえ!というコラボ企画での投稿です。いつもの技術系のブログ記事とは趣が異なりますが、ご一読いただけたら幸いです。

続きを読む

ocraで生成した.exeのエラーに対処した話

こんにちは。(ほ)です。

最近、RubyのScriptを配布する必要があったのですが、対象者がRuby開発者ではない人がほとんどであったため、Scriptから実行ファイルを生成しました。

そのときに発生したエラーについての対処方法を書きます。

実行ファイルを作成したスクリプト

Google SpreadSheet API のCredentialを作成する目的で、下記のスクリプトを使用しました。

Google SpreadSheet API の Ruby Quickstart

本当は、マルチプラットフォーム対応が容易なGo言語やJavaで作れれば良かったのですが、
下記のように言語で扱う形式がバラバラ、かつRubyと同じYAMLで出力するのは他にはないため、今回の方法となっています。

  • Ruby : YAML
  • Go, .NET, Python等 : JSON
  • Java : ?(オブジェクトファイルっぽい)

続きを読む