その他

あれ?…私のChrome、シークレットウィンドウがない…?

技研の(ほ)です。

Webブラウザは何を使用していますか?
日本のブラウザシェアランキングではChromeが32%弱で1位のようですので、Chromeを使っている人が多いと思います。

私もChromeを使っており、”シークレットウィンドウ”機能を複数アカウントでログインしたり、まっさらな環境での表示を試すのに使用しています。

ところが、ある日シークレットウィンドウを開こうとしたところ、メニューになかったのです。

secret_option

当然、ショートカット “Ctrl + Shift + N” も効きません。

最初はこの機能が廃止されたかと思ったのですが、周りに聞いてもTwitterを見てもそのようなことは無さそうでした。

何とか再度使えるようにはなったのですが、意外と対処法が見つからなかったため、解決手順を書きたいと思います。

続きを読む

AR とか MR とか VR とか

技術研究所の (あ) です。

マイクロソフトの HoloLens が (ようやく) やってきて、HMD (Head-Mounted Display) 界隈がまた新たな賑わいを見せています。しばらく前は Oculus Rift を使った VR (Virtual Reality) が大流行して、その後はよりお手軽なハコスコ、Cardboard が増えつつあるかなぁ、という感じだったところに、新たな流れを作ることができるのでしょうか。

マイクロソフトは HoloLens を MR (Mixed Reality) デバイス、と称しています。メディア・記事によってはこの MR という言葉をあたかも新たに発明された概念かのように書いていることもありますが、そんなことはありません。現実と仮想を融合、って言うけれど、それって AR (Augmented Reality) とどう違うの?

今回はその辺りを、歴史もふまえてざっと整理しておきたいと思います。

続きを読む

ネーミングについての失敗談とネーミング辞書「codic」

こんにちは、技術研究所の「どらお」です。

今回はネーミングについての話をしたいと思います。
名前を付けるって難しいですよね。

私はロールプレイングゲームで、主人公の名前を設定するのにもかなり時間をかけてしまうタイプの人間です。
開発時にクラス名やメソッド名の名前を付けるときにも熟考します。

この記事をお読みのSEの皆さん、プロジェクトでは命名規則が遵守されていますでしょうか。

私が過去に配属されたスタートアップのプロジェクトでは、命名規則が整備されていないために統一感のないクラス、メソッドが出来上がり、リファクタリングにとても時間がかかったことがありました。

続きを読む

弊社のSwagger活用方法の紹介

こんにちは、技研のブルマンです。

社内の諸事情により、しばらくブログを書けてなかったのですが久しぶりの執筆です。

今回は開発で最近取り扱っている「Swagger」の活用方法について紹介したいと思います。
※ちなみにこの記事は社内の「CRESCO Advent Calendar 2016」の12/15分の記事です。

「Swagger」って何?

まず始めに「Swagger(http://swagger.io/)」とは何かを簡単に説明します。

SwaggerはWebAPI仕様ドキュメントのフォーマットおよびビューワーなどを提供するフレームワークです。「Swagger Specification(Spec)」と呼ばれるJSON形式のWebAPI仕様を記述すると、Webページで仕様を確認できたり、各種コードを生成できたりします。

主に以下のコンポーネントから構成されています。

Swagger Editor Swagger Specのエディタ
Swagger UI Swagger Spec から動的にAPIドキュメントを生成するツール
Swagger Codegen Swagger Specからクライアントのコードを生成するツール

WebAPI仕様を記述する仕様としてデファクトスタンダードになりつつあり注目の技術です。

RESTful APIの記述標準化を目指す「Open API Initiative」をマイクロソフト、Google、IBMらが立ち上げ。Swaggerをベースに
http://www.publickey1.jp/blog/15/open_api_initiative.html

弊社では外国拠点で開発を行うオフショア開発、地方拠点で開発を行うニアショア開発も積極的に推進しており、スマホアプリはオフショア、サーバサイドは国内で開発のような事例も増えてきています。

続きを読む

Chocolateyで楽々Windows開発環境構築

こんにちは、技術研究所の「どらお」です。

最近、私用PC(Windows)を新しくしたのですが、今まで使っていたソフトを一日がかりで再インストールしなおしました。
PCのセットアップって正直「めんどくさい」ですよね。
※若い頃は、自分好みにカスタマイズしているみたいで楽しかったと感じたりもしましたが。

このような状況はプロジェクトでもよく思います。

弊社では開発のメインマシンにWindows OSを利用しているのですが、プロジェクトが変わったりすると今まで使っていたPCを返却して、別のPCが支給されることがあります。

そのため、今まで使っていた開発に必要なソフトを再インストールする必要があり、
「インターネット検索」→「サイト接続」→「OSとバージョンを確認しダウンロード」→「インストール」
という作業を都度都度実施していき最悪の場合、インストール作業で一日が終わってしまうこともあります。

続きを読む

日本語で海外ゲームをやるときの楽しみ方

こんにちは。技術研究所の「110」です。

先週のポケモンネタに乗じて、今回は箸休め的な記事を書こうと思います。

 

みなさんは最近どんなゲームを何でやりましたか?

PlayStation VRがもうすぐ発売ということもあり、据え置き型のゲームも盛り上がっているようですが、今は圧倒的にスマホかポータブルゲームが主流のように感じます。

特にスマホを持っている方でゲームアプリを入れていない人はそうそういないのではないでしょうか。

続きを読む

ポケモンGO と AR と科学

技術研究所の(あ)です。
ポケモンGO が相変わらず世間を賑わわしていますね。
ポケモンを捕まえるために歩き回っている人も多いかと思います。
今回はそのへんに絡めたちょっとエッセイ風の記事です。

ポケモンGO と AR

ポケモンGO には “AR モード” があります。
AR とは Augmented Reality の略で、日本語だと拡張現実感と称されます。ポケモンGO の“AR モード”では、スマートフォンのカメラを通して、ポケモンが現実世界にいるかのように描かれます。そのような「実写映像にリアルタイムで位置合わせしつつ CG を表示する」アプリがAR と呼ばれるものとしてはとてもメジャーなので、「AR=実写+CG」だと思っている人も多いかもしれません。

続きを読む

PowerPoint で図形を融合したり切り抜いたりする

技術研究所の(あ)です。
ひさびさの PowetPoint 活用ネタです。

今回は「図形の結合」機能についてです。

シンプルなドロー系のお絵描きアプリだと、円・楕円や長方形、星形などは描けてもレンズのような形は描くのが大変だったりします。円を二つ描いて、その重なる部分だけが切り出せれば…と思うわけですが、今の PowetPoint だとまさにその機能があります。例によって制限的なところもありますが、例によって使いこなせれば便利です。
今回は Windows10 + PowerPoint2016 の環境で試しています。

続きを読む

WEBセーフカラーとビットマップに出会った日

こんにちは。技術研究所の「110」です。

私は秋期の応用処理技術者試験に向けて勉強中なのですが

今日はそこで私が疑問に思った問題について書きたいと思います。

件の問題は以下のように書いてありました。

“ディスプレイの解像度が800×600画素のとき,最大216色の色数で表示できるパソコンがある。解像度を1,600×1,200画素にしたとき,表示できる最大の色数は幾らか。ここで,主記憶の一部をビデオメモリとして使用することはないものとする。”

これはあるテキストにのっていた過去問題の抜粋なのですが、最大216色というワード。違和感がありませんか?

1ピクセルあたりのビット数で色数が決定するから、色数は2のn乗になる。

テキストにそう書いてあったはず。なのに、216って2の累乗には存在しないのです。

続きを読む