UiPathで行数が多いExcelを処理するのにてこずった話

みなさん、こんにちは!
ロボティックテクノロジーセンターのやまさきあです。
ご存知の方も多いかと思いますが、RPAのお仕事をしています。

今回は、そんな私が
UiPathでExcelの紐づけ処理を実施する際に苦労したことをお話しします。

※ この記事では、UiPathのバージョン2019.10.5を使用しています。

1.実施した処理について

3種類のExcelを対象に実施します。
処理は、大きく分けて対象列の抽出と、紐づけ処理に分けられます。
3つのExcelそれぞれについて、必要な列のデータを抽出する処理を実施し、
抽出したデータの中から、指定された紐づけ対象列の値について、
1つ目のExcelの値と一致する存在するデータのみ抽出します。
このようなイメージです。

(その後、必要な列を抽出し、昇順に並び替え、データを書き出す処理もあります。)

要件としては、よくあるものではないでしょうか。
ただこのデータ・・・
処理対象のExcelの1つに、50万件以上の行があるものが存在したのです・・・

続きを読む

UiPath Process Mining使ってみた vol2

こんにちは、ロボティックテクノロジーセンターの横田です。
今回はプロセスマイニングのツール紹介をしたいと思います。
今回紹介するツールは、UiPathから提供されているUiPath Process Miningです!!
実は以前にも一度「UiPath Process Mining使ってみた」という記事を書きました。今回はこの記事の続きとなる記事を書きたいと思います。
前回の記事では、既に用意されている環境を使用して、「分析」機能のうち「概要」、「プロセス」のメニューについて紹介していました。
今回は、「分析」機能のうち「タイミング」、「規格準拠」のメニューについて紹介したいと思います。

 
続きを読む

Officeドキュメントはどこまでスクリプトで自動編集できるのか? (2) ~関数のプロット~

技研のまつけんです。

前回に引き続き、Officeドキュメントを自動編集したり自動生成したりしたいと思います。今回はPowerPoint文書に関数を「曲線」でプロットしてみます。
例えば、4周期分の正弦波をプロットすると以下のようになります:

続きを読む

UiPathとは?ツールの種類と利用方法を解説

こんにちは。クレスコの林です。
RPA解説シリーズ第2弾!今回はUiPathについての記事を投稿します。

前回の記事はこちら:RPAとは?仕組みと導入方法を事例で解説

・UiPathの特徴や、どんなツール(製品)があるのか知りたい
・UiPathの利用方法を知りたい
・UiPathを使った自動化の流れや仕組みをざっくりと知りたい
といった方にオススメの記事です。ぜひご一読ください。

続きを読む

UiPath ワークフローのブラウザをIEからMicrosoft EdgeのIEモードに移行した話

皆さんお久しぶりです。
ロボティックテクノロジーセンター(RBTC)の李です。

今回はMicrosoft社が公表しているInternet Explorer(以降IE)のサポート終了に関係したお話です。
IEのサポート終了に伴い、UiPath Studioで作成したワークフローのブラウザをIEから他のブラウザに移行する動きが活発になっています。
本記事ではUiPathが公開している移行ツールや自分が実際にワークフローを移行したときに実際に修正が必要だったポイントについてまとめました。

 
 
続きを読む

2021年10月にアップデートされたUiPath Studioアクティビティのご紹介

こんにちは、ビジネスプラットフォームテクノロジーセンター(BPTC)のジョンです。
今回は2021年10月にアップデートされたUiPath Studioのアクティビティについて紹介したいと思います。
「UiPath.System.Activitiesv21.10.3と「UiPath.Mail.Activitiesv1.12.3の以下のアクティビティについて紹介いたします。
・Else If
・複数代入
・メッセージボックス
・繰り返し (フォルダー内の各ファイル)
・繰り返し (フォルダー内の各フォルダー)
・Outlookメールメッセージトリガー
・繰り返し (各メール) (For Each Email)

※モダン デザイン エクスペリエンスとの関連性について
オートメーション プロジェクトでモダン デザイン エクスペリエンスを有効にすることによって、新しい機能を使用できるようになりますが、今回新しくなったアクティビティに関してはモダン デザイン エクスペリエンスの有効・無効にかかわらず利用できます。

 

続きを読む

RPAとクラウドサービスがAPIで繋がる?UiPath Integration Service入門①

こんにちは、クレスコの吉田です。

2021年10月に、UiPath Japan MVP2021に認定いただきました。2020年から2年連続の認定となります。最近は複数の企業でRPA推進事務局支援やDX人材育成支援に携わっております。一緒に働いてくれる仲間も随時募集中です。お気軽にお声がけください!

さて、2021年11月にUiPathプラットフォーム「UiPath 2021.10」が提供開始されました。

2021.10では、Linux環境でのUiPathロボットの実行が(一部)可能になったり、SaaSとして提供されていたUiPathプラットフォームをオンプレミスやプライベートクラウドで利用できるようにコンテナ化したAutomation Suiteなど、100を超える新機能・機能拡張が提供されました。

本記事では、まだ日本語情報がほとんどないUiPath Integration Serviceについてご紹介したいと思います。

UiPath Integration ServiceはiPaaSの1種であるため、まずはiPaaSについて説明します。

iPaaS(Integration Platform as a Service)とは

iPaaSとは、複数のシステムやアプリケーション間でのデータ連携を行うクラウドサービスです。RPAが主に画面操作によりデータの抽出や入力を行うのに対して、iPaaSは主にAPIを通じてデータの入出力を行います。

続きを読む

UiPathを使って家電の操作をしました

この記事は『CRESCO Advent Calendar 2021』 20日目の記事です。

みなさんこんにちは。

ビジネスプラットフォームテクノロジーセンターのやまさきあです。

先日、弊社ではクレスコフェアが開催されたのですが、

そのイベントの企画の1つであるデジタルアイデアコンテスト作品展示に、

RPA業務に携わっているメンバーで参加しました。

 

このコンテスト内で、私はUiPath を使って家電を動かす機能を担当したので、

今回は、どのようにして実装していったのかをお話しします。

続きを読む

Power AutomateからTeamsチャットを大量送信した話

この記事は『CRESCO Advent Calendar 2021』 17日目の記事です。

こんにちは。総合人事部いけたに(さ)です。
Microsoft365の導入後、社内でのコミュニケーションツールがTeamsになり非常に便利になりました。
Teamsのチャットでは、既読機能や応答機能があり非常に便利です。
しかし、TeamsにはメールのようにBccで大量に送る機能はありません。
そこで、Power Automateから大人数にTeamsのチャット送信をしてみました。
同じように人事や労務でお困りの方のお役に立てれば幸いです。

続きを読む