RPA

UiPath拡張アクティビティ~導入編~

こんにちはシステムズエンジニアリングセンターの駒宮です。

8月末にUiPathハッカソンが開催されました。UiPathハッカソンでは6部門で募集があり、賞金総額は$91,000 USDです。私も有志でチームを作りCustomActivities部門にエントリーしました。

作成したのは、和暦を西暦に変換するアクティビティです。
下図のように和暦と西暦を変換することができます。

一見地味なこの拡張アクティビティのすごいところは、年号を自分で設定できるところにあります。日本は来年5月から新しい年号になりますが、このアクティビティを使えば、設定ファイルに一行書き加えるだけで新しい年号を追加できるのです!
詳しくはこちらをご覧ください → DEVPOST: LocalCalendarConversion

今回は、このように自作のアクティビティを作成する方法について解説します。まずは導入ということで、UiPath公式サイトのCreating a Custom Activityに沿って簡単な計算を返すアクティビティを作ってみましょう。

続きを読む


RPAツールUiPathの安定化を行った話①

こんにちは。システムズエンジニアリングセンターの「やまさきあ」です。
業務ではTableau(BIツール)やUiPath(RPAツール)に携わっています。

わたしはプロジェクトでRPAの構築を行っているのですが、
ブラウザやデスクトップアプリでの要素(Selector)の認識において、安定して動作を行ってくれないときがあります。

1回目は上手くいったのに、何回かに一度Clickが失敗する…
動作する対象の日付を変えてみたら入力が失敗する…
みなさんもそのような経験、ありませんか?

今回は、そのような際に私たちクレスコのRPAチームがどのようにしてSelector箇所の安定化を行っているかを3点、お伝えいたします。

続きを読む


RPAのシナリオ(ワークフロー)管理を考えてみる(1)

こんにちは。AI&ロボティクスセンターの吉田です。

4月にスマートソリューションセンターというところからAI、コミュニケーションロボを取り扱っているAI&ロボティクスセンターにRPAを抱えて異動になりました。AIや、コミュニケーションロボとRPAを掛け合わせたビジネスも加速中です。RPAについての概要を知りたい方はこちらをご覧ください。

さて、本題のRPAのシナリオ(ワークフロー)管理について話したいと思います。

RPA導入を検討する際には、どうやってロボットを管理メンテナンスしていくか、検討する必要がありますが、本記事では、シナリオ(ワークフロー)の管理について、検討したいと思います。本記事では、シナリオ(ワークフロー)は、ソースコードと同義と定義します。ソースコードと記載がある場合は、シナリオ(ワークフロー)に置き換えてください。

早速本題に入る前に、非技術者の方に向けて、ソースコード管理、ひいてはバージョン管理システムについて説明しておきます。

バージョン管理システムとは

とあるファイルサーバを見ると、こんなファイル群があった記憶はないでしょうか。

  • 20131224_集計マクロ
  • 20131225_集計マクロ
  • 20140114_集計マクロ
  • 集計マクロ_最新
  • 旧_集計マクロ_最新

続きを読む


UiPathでよく使うアクティビティをまとめてみた

はじめまして! AI&ロボティクスセンターのたかはしです。

少し前まではAI関連のお仕事やロボットを動かすお仕事などなどをしていましたが、今年の3月からRPA関連のプロジェクトに携わるようになり、現在は主にUiPathを使ったRPAの設計を担当しています。

RPAもRの字すら全く知らず、UiPathを触ったことがなかった私がRPAの設計をするにあたり、一番最初に戸惑ったこと……
それは、「UiPathって何ができるの!?」という部分でした。

既にUiPathを触ったことがある方はご存知かもしれませんが、UiPathには多岐多様なアクティビティが存在しており、そのアクティビティの組み合わせによって処理の自動化を実現しています。

ただ、あまりにも沢山のアクティビティがあるので、「この処理を実現するための最適なアクティビティはなんだ?」といったことを調べるのにとても苦労したことを覚えています。
リファレンスを読んで各々のアクティビティの使い方を理解するにしても、そもそもどんなアクティビティが存在するかを知らないことには、入り口には立てません。

そこで!!

今回は、これからUiPathを使っていきたいという方のために、私たちがUiPathでRPAの開発をする際によく使用するアクティビティと、その簡単な説明を一覧で公開しようと思います!

何らかの業務をUiPathで自動化したい!と思ったとき、このリストを見ればどう実現するが想像できるようになるかもしれません。

続きを読む


DataTable 操作のパフォーマンスが上がった話

こんにちは、AI&ロボティクスセンターの大川です。

今回はRPA業務で、ちょっとした工夫でロボット動作のパフォーマンスが大きく上がったということをお話しします。

RPAで多用される定型業務の一つに、Excelデータの処理があります。
複数のExcelファイルにある大量のデータから特定の列を抽出して一つのExcelファイルに出力したり、その出力処理の前処理として複数条件でデータを集計してから出力したりと、人が手で作業するには非常に時間がかかりミスも発生しやすい定型業務を、ロボットで正確に処理してくれます。
現在は、UiPathというアプリケーションを使用したRPAの開発を行っており、Excelファイルの処理はDataTableという型のデータを扱うことになります。

※UiPathでコードを記述するときは、VB.NETという言語を使用します。

どんな問題が発生したのか

DataTableから条件に合う行を抽出するときに、ものすごく時間がかかるという問題が発生しました。

続きを読む


RPAとAIの連携 ~感情分析RPAロボット~

こんにちは。システムズエンジニアリングセンターの駒宮です。
今年1月よりRPA開発チームで実装、テストなどを担当しています。

先月、弊社で開催された「オープンハウス2018」にRPAチームからもブースを展示しました。ご来場いただいた皆様、また、RPAブースで笑顔(?)で写真撮影に応じ下さった皆様、本当にありがとうございました。

今回の記事は、その際に展示した「感情分析RPAロボット」制作の裏話を記事にして投稿します。

続きを読む


RPA開発を進めるうえで気を付けるべきこと

こんにちは。スマートソリューションセンターの吉田です。

前回RPA記事では、RPAロボットの規模、開発生産性を算出する方法をご紹介しました。
本記事では、クレスコでRPA開発を進めていく中で直面したいくつかの課題と、その対応についてご紹介したいと思います。ここで課題として掲げる内容は、実はRPA導入を進めていく上で、考慮が必要で、ルール化すべき内容だったりします。プログラム開発でいうところの「コーディング規約」にあたり、当社では「RPAガイドライン」という名称で策定を進めております。

では、早速見ていきましょう。

続きを読む


RPAロボットの規模、開発生産性を算出する方法

こんにちは。スマートソリューションセンターの吉田です。

RPAで業務を自動化したい場合、どのくらいの工数(期間)がかかるか、あらかじめ見積もりたいですよね。そのためには、作りたいロボットの規模を測ること、開発生産性を知ることが必要になってきます。

テンプレート型RPAにおいて、ロボットを構成する最小要素はActivity(Action)です。よって、Activity(Action)数を計測することで、ロボットの規模を図ることができると考えます。Activity(Action)はおおざっぱにいうと、自動化したい1操作に該当しますので、5つの操作を自動化したい場合、5Activity(Action)を作れば良いということになります。自動化したい業務を整理し、操作回数をカウントしていくと、ロボット規模が算出できます。
※より正確に算出するには、繰り返し処理の有無や、非構造化データを含むか、対象システムやデータ点数などで重みづけをする必要があります。

「○○Activity(Action)規模のロボットを作成するのに必要な工数」を算出するために、開発生産性を知りたいところです。単純に過去実績から開発生産性を算出するとして、まずはロボットを作ってみて開発生産性を算出する際、開発画面上で、目視で一つずつ部品数を足し上げていくのは非常に骨が折れます。

続きを読む


UiPathForward Japan 2018 イベントレポート

こんにちは。スマートソリューションセンターの吉田です。

2018年1月26日に、UiPath社の年1回の大規模ユーザ向けカンファレンス「UiPath Forward Japan 2018」が開催されました。

本カンファレンスでは、UiPathのグローバル戦略や、日本戦略、国内外のユーザ事例、製品ロードマップなど、RPAを導入、運用するうえで非常に有益な情報が多くありました。

私も参加してきましたが、イベント参加者は1100名を超え、広い会場でも立ち見が出るほど、当日は大変盛況でした。今回はその中でオープンになっている情報をメインに、イベントレポートとしてお届けいたします。

続きを読む


エンジニア目線で見るRPA(2)

こんにちは。スマートソリューションセンターの吉田です。

前回:エンジニア目線で見るRPA(1)として、RPAの特徴とマクロとの違いや、RPAによる自動化はClass 1 ~ Class 3に分かれていること、エンジニアにもまだまだ挑戦すべきフィールドがあることを紹介しました。
本記事では、エンジニア向けにもう少し掘り下げた内容を紹介していきます。
※本記事は、テンプレート型RPAを前提としています。開発型RPAは以下当てはまらないこともありますが、あらかじめご了承ください。

RPAを構成する技術要素とルーツ

続きを読む