RPA/効率化

RPAとクラウドサービスがAPIで繋がる?UiPath Integration Service入門①

こんにちは、クレスコの吉田です。

2021年10月に、UiPath Japan MVP2021に認定いただきました。2020年から2年連続の認定となります。最近は複数の企業でRPA推進事務局支援やDX人材育成支援に携わっております。一緒に働いてくれる仲間も随時募集中です。お気軽にお声がけください!

さて、2021年11月にUiPathプラットフォーム「UiPath 2021.10」が提供開始されました。

2021.10では、Linux環境でのUiPathロボットの実行が(一部)可能になったり、SaaSとして提供されていたUiPathプラットフォームをオンプレミスやプライベートクラウドで利用できるようにコンテナ化したAutomation Suiteなど、100を超える新機能・機能拡張が提供されました。

本記事では、まだ日本語情報がほとんどないUiPath Integration Serviceについてご紹介したいと思います。

UiPath Integration ServiceはiPaaSの1種であるため、まずはiPaaSについて説明します。

iPaaS(Integration Platform as a Service)とは

iPaaSとは、複数のシステムやアプリケーション間でのデータ連携を行うクラウドサービスです。RPAが主に画面操作によりデータの抽出や入力を行うのに対して、iPaaSは主にAPIを通じてデータの入出力を行います。

続きを読む

UiPathを使って家電の操作をしました

この記事は『CRESCO Advent Calendar 2021』 20日目の記事です。

みなさんこんにちは。

ビジネスプラットフォームテクノロジーセンターのやまさきあです。

先日、弊社ではクレスコフェアが開催されたのですが、

そのイベントの企画の1つであるデジタルアイデアコンテスト作品展示に、

RPA業務に携わっているメンバーで参加しました。

 

このコンテスト内で、私はUiPath を使って家電を動かす機能を担当したので、

今回は、どのようにして実装していったのかをお話しします。

続きを読む

Power AutomateからTeamsチャットを大量送信した話

この記事は『CRESCO Advent Calendar 2021』 17日目の記事です。

こんにちは。総合人事部いけたに(さ)です。
Microsoft365の導入後、社内でのコミュニケーションツールがTeamsになり非常に便利になりました。
Teamsのチャットでは、既読機能や応答機能があり非常に便利です。
しかし、TeamsにはメールのようにBccで大量に送る機能はありません。
そこで、Power Automateから大人数にTeamsのチャット送信をしてみました。
同じように人事や労務でお困りの方のお役に立てれば幸いです。

続きを読む

RPAとは?仕組みと導入方法を事例で解説

こんにちは、クレスコの林です。
CRESCO Advent Calendar 2021』の14日目を担当します!

クレスコでは、お客様のデジタル変革(DX)を支援する企業として、全社員にAI・クラウドなどのデジタル技術に関する知識や技術の習得を推進しています。

今回、RPAとは何か?DXとどう関わるのか?を改めて学ぶ機会があったため、私なりに理解した内容を当社の事例を交えて記事としてまとめました。

・RPAの概要を知りたい方
・RPAをやってみたいが、何から始めたらよいのか分からない方
にオススメの記事です。ぜひご一読ください。

続きを読む

事例でみる、RPA全社展開のよくある課題と解決策

こんにちは。クレスコ川崎です。「CRESCO Advent Calendar 2021」の9日目を担当します。

私は、2018年よりクレスコ主催セミナーの企画運営を担当してきました。2021年からは部署も異動し、RPA導入に課題感をお持ちのお客様の声を直接お伺いする機会も増えました。

本記事では、RPAの市場動向を少しと、クレスコのお客様事例をご紹介いたします。

こんな方におすすめの記事です。
・RPAを導入済みだが、全社展開に課題がある
・RPA導入後のよくある課題と解決策が知りたい

 

続きを読む

UiPath Studio バージョン「2021.10」新機能のうちおすすめを紹介

この記事は『CRESCO Advent Calendar 2021』 4日目の記事です。
こんにちは、システムズエンジニアリングセンターの横田です。
今回はUiPath Studio の新しいバージョンである「2021.10」の新機能について、紹介したいと思います。
実際にUiPath Studioを使用してロボットを開発する方向けの記事として、Studioのバージョン2020.10(後述では「20.10」と記載)とバージョン2021.10(後述では「21.10」と記載)の違いを一部紹介したいと思います!

続きを読む

UiPath StudioXでのデータの扱い方

皆さんこんにちは。
システムズエンジニアリングセンター(SEC)の李です。
近年RPAへの注目も集まっています。
そんな中でも、プログラミング未経験でも自動化ワークフローを簡単に作成できるStuidoXという製品があります。
今回はそのStudioX内でのデータの扱い方を解説します!

続きを読む

PowerAppsで簡単モック画面作成

先日(と言っても昨年末)、開発なのにコードを書かないという、金光さんのものすごい便利ネタの投稿がありましたが、今回はPowerAppsで別のアプローチでの利用方法を紹介します。

先ほどのものすごい便利ネタは、コードを書かないので ”ノーコード開発”と呼べるものですが、その画面構成には制約がありました。
実際の開発における顧客要望においては、画面構成の制約をとっぱらいたい場面が出てくるかと思います。
これを実現するには、少しコードを書く必要がでてきます(といってもExcelで関数を書くレベル)。
この場合は一般的に ”ローコード開発”と呼ばれています。

今回は「顧客要望の画面構成を満たすことのできる、モックを作成するには」について、紹介していきます。

続きを読む

【RPA】RPAでのファイル共有サービスの利用について

こんにちは! BPTCのたかはしです。

今回は、RPAでBoxやShare Pointなどのファイル共有サービスを Box DriveやOneDriveを用いてエクスプローラーと同期して使用する際に運用面で気を付けることについて、お話をしたいと思います。

RPAにおいて、ファイル共有サービスは業務担当者との入出力ファイルをやり取りする際にとても便利な機能ですが、そのまま使用すると思わぬところで躓くことがあります。

そこで、私が実際にBox DriveやOneDriveを使用してRPAを運用した際に躓いたこととその解決策について共有します!

 

1. ファイルの同期遅延

躓いたこと

BoxやShare Point 上に業務担当者がファイルを格納した際、ファイルがリアルタイムでロボットが使用するPCに同期されるというのが理想ですが、様々な要因によりファイルの同期には遅延が発生します。

すると、業務担当者が最新のファイルを格納していても、ロボットは古いファイルを参照し、古いファイルの内容で処理を実施し、結果、誤ったデータがシステムに登録されてしまう……といったことが起こりえます。

続きを読む

UiPathピクチャインピクチャを使った自動化

皆さんこんにちは!
ビジネスプラットフォームテクノロジーセンター(BPTC)のもっちーです。

半年ぶりのブログ投稿となりますが、今回UiPathの便利な機能を1つ皆さんに紹介します。

 

ピクチャインピクチャとは

今回紹介するのはUiPathのピクチャインピクチャ機能です。

 

RPAで自動化したロボットを動かすときは、普通はPCを専有して、その間は人間がPCを操作することができません。

ピクチャインピクチャの機能を使うと、ロボットが動いている間も、人間がPCを操作することが可能になります。

人間の操作とロボットの操作はそれぞれに独立した環境で動くため、お互いの操作に干渉せずに処理することができるようになります。

続きを読む