UX/UI

パワーポイントで作るワイヤーフレーム ~もう迷わない!画面&フォントサイズ~

こんにちは、UXデザインセンターの林です。

弊社(クレスコ)のUXデザインセンターではWebサイトやアプリのUI設計の依頼を受けることがありますが、その際専用のグラフィックソフトやプロトタイプ作成ツールだけでなく、”関係者の誰もが開けて編集・再利用(コピペ)可能なツール”としてMicrosoft office のパワーポイントやエクセルを利用することがあります。

縦長のWebサイトのイメージ作成はパワーポイントでは難しい部分がありますが、部品の整列、選択、コピーなどはエクセルよりもパワーポイントの方が操作しやすいため、個人的にはパワーポイントを利用するのが好みです。

今回は、パワーポイントでワイヤーフレーム(画面イメージ)を作成する際に失敗しがちな画面&フォントサイズの設定について解説します。

続きを読む

UXエンジニアが色彩検定のUC級を受検してみた

UXデザインセンターのabです。
今回は先日私が受検した、UC級についてお話ししたいと思います。

注)記事内にある画像については、ある型の色覚特性を持つ方の見分けにくさ、見づらさを模擬したイメージ図です。色の見え方はタイプによっても異なり、また、個人差もあるので実際には異なる場合もあります。

そもそもUC級とは?そして何を学ぶの?

昨年に色彩検定協会が新設した検定のひとつです。
UC(色のユニバーサルデザイン)とは、色覚の多様性に配慮した、誰もが見やすい色使いのことでありUC級ではそれも含めて色について体系的に学びます。

続きを読む

あなたもカラーユニバーサルデザイン

健康第一

みなさま、お仕事おつかれさまです!2019年になりました。今年も張り切っていきましょう!
と、言いながら。年末にインフルエンザAに罹患!年始から致し方なし寝正月を過ごしたUXデザインセンター所属のカツメです。

昨年は体の調子を崩すことが多く、節目の年齢だからか・・・と、今年は猛進ではなく無理せず一歩一歩進んでいきたいと思います。健康第一。

さて、今回は「色」にしぼったデザインの話をしたいと思います。タイトルにもあります「カラーユニバーサルデザイン」。

「カラーユニバーサルデザイン」とは、NPO法人カラーユニバーサルデザイン機構 (CUDO〈クドー〉)が作った名称であり、一部を引用しますと、

人間の生まれつきの色の感じ方(色覚)は、大きく5つの型(タイプ)に分けることができそれぞれの色覚型には色の感じ方に異なる特徴があります。また色覚は病気や老いによって変わることもあります。
こうした人間の色覚の多様性に配慮し、より多くの人に利用しやすい配色を行った製品や施設・建築物、環境、サービス、情報を提供するという考え方を「カラーユニバーサルデザイン(略称CUD)」と呼びます。

ということだそうです。色の世界にもバリアフリーを!

続きを読む

Webサイトのスマホ対応方法 2種類の仕組みと特徴を解説

こんにちは、デジタルマーケティングチームの林です。

スマートフォンやタブレットが普及し多くのウェブサイトが様々な端末で閲覧されるようになったことから、近年のウェブサイトは閲覧環境に合わせて最適な表示をすることが求められています。

サイト訪問者のほとんどはPCからの閲覧者だから…
スマホ対応したいけど、お金かけられないから…

と、PCサイトのままにしていたけれど、そろそろスマホ対応を考えているという方も多いのではないでしょうか。

今回はWebサイトをスマホ対応するときの方法について、スマホ専用サイトの作成とレスポンシブWebデザインについて解説します。また、レスポンシブWebデザインの中でも代表的なレイアウト3種をとりあげます。

  1. スマホ専用サイト
  2. レスポンシブWebデザイン

– リキッドレイアウト
– フレキシブルレイアウト
– 固定幅レイアウト(部分的レスポンシブWebデザイン)

自力でスマホ対応をしたいけどどうしたらよいのか分からない方、Web制作会社に依頼する前に基礎知識を得たい方におすすめの記事です。

続きを読む

WebGL、three.jsでワクワクしてみた

この記事は 『CRESCO Advent Calendar 2018』 19日目の記事です。

こんにちは、UXデザインセンターのsgi-changです。

2018年もあと少し、気持ちも慌ただしくなってきた師走にちょっとワクワクしてみたいなと思い、

気軽にブラウザで3Dコンピュータグラフィックス(以下3DCG)を実装できる、WebGL、three.jsの記事を書いてみました。

とりあえず、今日はテキストエディタだけあればコピーandペーストで実装できる超簡単3DCGを実装してみます。

WebGL、three.jsとは?

実装の前にざっくりとWebGL、three.jsについて説明します。

続きを読む

「アフォーダンス」と「シグニファイア」をおさらいしてみる

こんにちは。UXデザインセンター金井です。

この記事は 『CRESCO Advent Calendar 2018』12日目の記事です。

デザインの世界ではもはやバイブルとされているD・ノーマンの『誰のためのデザイン? —認知科学者のデザイン原論』を読み返しています。

この本には、「アフォーダンス」や「シグニファイア」という言葉が出てくるのですが、なかなか理解が難しく、自分でもあやふやな所もあったので、再度調べなおしてみました。

続きを読む

文言を考える

こんにちは、UXデザインセンター 小林です。
最近は、機器連携のスマートフォンアプリ開発で、UI/UXデザインをやっています。

アプリ開発におけるUI/UXデザインにはいくつかの工程がありますが、その中でも個人的に好きな工程のひとつでもある、文言(Wording)作成を今回のテーマにします。

アプリのUI/UXにおいて、文言は非常に重要な役割を担っています。
ユーザーの達成したい目的を理解し、適切なアプローチをするために、UIに言葉をのせていく。
そんな作業をおこなう上で、気をつけていることを3つ挙げます。

続きを読む

「HCD広めたい人Meetup vol.3」に参加した話

お久しぶりです。
UXデザインセンター りんりん です。

最近、このエンジニアブログでもUX/UIカテゴリのポストが増えてきましたが、HCD(Human Centered Design:人間中心設計)に関する話があまりないことに気づきました。
そこで、HCD-Netのイベント、「HCD広めたい人Meetup vol.3」に先日参加してきたので、そのあたりの話を書きたいと思います。。。

続きを読む

エンジニア女子に囲まれてUI設計しながら考えるUXライティング

元ビジュアル寄りの方のWebデザイナーで、エンジニアだらけのSIerに中途入社して2年目、UXデザインセンター所属のカツメです。

本記事を読んでいただく前提として知っておいてほしく、自己紹介が長くなりました。すみません。どうぞよろしく。

SI業界は女性が少なく、クレスコでも御多分にもれず男女比8:2なのですが、私の所属するUXデザインセンターは真逆の男女比2:8のセンターです。

女性が集まると会話も増えて賑やかになるのは一般的なのでしょうか?

私はそう感じているのですが、やはりクレスコでもランチなど女性が集まる会では、仕事とは全く関係のない、いかにして手数を少なくするか家事簡略化戦略、時間のない朝ではなく夜時間を使っていく子供のお弁当ノウハウ共有、月に食費1万円なんて実家のサポートなければ無理だよね・食費のやりくり計画、美容対応策(妥協策)、健康悩み相談などの話で大盛り上がり、キャッキャッと楽しんでいます。

続きを読む

UX×エンジニア~エンジニアは開発工程においてUXデザインを実践することができるのか?~

はじめまして、UXデザインセンター所属のエンジニア、sgi-changです。

今日はUXとエンジニアについて考えてみました。

以下の内容で進めていきたいと思います。

  • はじめに~ユーザーは誰?~
  • UXデザインのプロセスと主なデザイン手法
  • 開発工程でエンジニアはUXデザインを実践することができる?
  • 今、なぜ、UX×エンジニア?
  • おわりに

本記事は、

UXデザインという言葉は知っているけど、エンジニアはどうしたらいいんだ?

UX?エンジニアだから関係ないよね?

一体どこから手をつけていいのやら…

というエンジニアの方を対象としています。

続きを読む