こんにちは、技術研究所の「むらたん」です。
この記事は 『CRESCO Advent Calendar 2017』 3日目の記事です。

ロボットを使って業務を自動化するRPA(Robotic Process Automation)が注目されています。
ロボットを使うメリットはあちこちで語られているので詳細は割愛しますが、自動化への期待はIT業界でも高く、苦行のようなテスト実施の自動化はプログラマの夢と希望であったりします。
Webブラウザをスクリプトで操作する「Selenium」というオープンソースのライブラリがあります。ブラウザの起動、指定されたURLの表示、入力値の設定、ボタンアクション、画面イメージの保存など、ブラウザで行う操作をプログラミングして実行できます。スクリプトで記述できることは何でも出来るので、Webシステムのテスト自動化のデファクトスタンダードになりつつあります。
この考え方を流用して、iOSやAndroidのアプリケーションを操作する「Appium」が登場しました。と、歴史を語りだすと止まらなくなるので、そろそろ本題です。

MicrosoftさんのGithub公式アカウントには「Windows Application Driver」が公開されており、Appiumで「Windowsアプリケーション」が操作できます。

!?
これ、Windowsパソコンを操作できるってことは、Webアプリだろうが、Excelだろうが、何でもスクリプトで操作できる最強ツールでではなかろうか。
でも、操作するためのスクリプトを書くのも辛いという方もいらっしゃると思うので、今回は実行環境の構築もプログラミングも簡単な「Python」で行います。
Selenium/Appium、Pythonを知らない方にも実践していただけるよう、細かく説明していきます。

続きを読む