自動化

VPC内のGitlabで管理しているGitbookのドキュメントをCodePipelineとCodeBuildでS3にデプロイする話

こんにちは(ほ)です。

私の所属している社内コミュニティでは、IoT についてのドキュメントをGitbookで作成し、EC2上のJenkinsでビルドとデプロイを行っておりました。

ただ、この環境では下記の点から、コスト的にもったいないと感じていたり、重要なタイミングでサーバの再起動が必要になることがあったため、CodePipeline, CodeBuildを使用したサーバーレス環境に移行することにしました。

  • t2.microだと1GBのメモリしかないため、ビルド時にJenkinsがお亡くなりになることがある。
  • t2.microだと1GBのメモリしかないため、GitbookのプラグインのインストールでJenkinsがお亡くなりになることがある。
  • かといって、大きなインスタンスを起動させておくほどは更新頻度が高くない時期がある。

続きを読む


定型作業の自動化とChatOps

こんにちは、技研の「むらたん」です。

今年度も開発技術SIGを継続することになり、引き続き、リーダーを務めることとなりました。
活動方針は以前のエントリーにもあるとおり、「技術を【自分たちのため】に活用して、プロジェクトの品質・生産性を向上させる」です。

今期のテーマは
「プロジェクト管理基盤の機能強化と全社標準化」
「定型作業の自動化」
としました。「プロジェクト管理基盤」は昨年からの継続活動であるため簡単に、「定型作業の自動化」については、詳しく紹介したいと思います。

続きを読む


【テスト自動化#2】「テスト設計の自動化を支える技術」

はじめに

こんにちは、技研の「むらたん」です。

前回の投稿でテスト自動化に先駆けて、テストについて簡単に触れました。

「テスト自動化」と聞くと、人が手で行っている作業が自動化され、楽になり、品質も上がって幸せになれるような感覚を抱きがちですが、それは紛うことなき幻想であります。この手の話は各方面で語りつくされており、内容に目を通してみると、現時点では「こうすれば良い」という模範解答は無いということが見えてきます。
そして、しばらくはこの状態が続くことと思われます。

それが故に、
「我が社のテスト自動化事例」という形で各社の取り組みが紹介されたり、有償・無償を問わず、多様なテスト自動化ソフトが開発・販売されているのだと思います。

続きを読む