色覚

あなたもカラーユニバーサルデザイン

健康第一

みなさま、お仕事おつかれさまです!2019年になりました。今年も張り切っていきましょう!
と、言いながら。年末にインフルエンザAに罹患!年始から致し方なし寝正月を過ごしたUXデザインセンター所属のカツメです。

昨年は体の調子を崩すことが多く、節目の年齢だからか・・・と、今年は猛進ではなく無理せず一歩一歩進んでいきたいと思います。健康第一。

さて、今回は「色」にしぼったデザインの話をしたいと思います。タイトルにもあります「カラーユニバーサルデザイン」。

「カラーユニバーサルデザイン」とは、NPO法人カラーユニバーサルデザイン機構 (CUDO〈クドー〉)が作った名称であり、一部を引用しますと、

人間の生まれつきの色の感じ方(色覚)は、大きく5つの型(タイプ)に分けることができそれぞれの色覚型には色の感じ方に異なる特徴があります。また色覚は病気や老いによって変わることもあります。
こうした人間の色覚の多様性に配慮し、より多くの人に利用しやすい配色を行った製品や施設・建築物、環境、サービス、情報を提供するという考え方を「カラーユニバーサルデザイン(略称CUD)」と呼びます。

ということだそうです。色の世界にもバリアフリーを!

続きを読む

色の見え方

技術研究所のまつけんです。

先日、JDLA (日本ディープラーニング協会) のG検定 (ジェネラリスト検定) を受けてみました。恐らく合格しているとは思うのですが、少しばかり悔いの残る結果でした。というのも、途中で自宅のインターネット環境 (固定回線) が不調になり、5分くらいロスしてしまったからです。予め、スマホでテザリングできるようにスタンバイさせていた (古いPCも予備としてスタンバイさせていた) ので、どこかの段階でそちらに切り替えようかと思っていましたが、固定回線が復旧したので、テザリングへの切り替えはせずに済みました。トラブルに備えてPCと回線は二重化しておくと安心ですね。

さて、先日の記事で(あ)がデジタル画像についての話をしました。その中で「三原色」について触れていましたが、今日は、その「三原色」について詳しく説明したいと思います。

続きを読む