画像処理

Officeドキュメントはどこまでスクリプトで自動編集できるのか? (1) ~画像のトリミング~

技研のまつけんです。

報告書やプレゼン資料などを作成していると、単純な作業の繰り返しが発生することが多々あるかと思います。そういうときは「自動化したい」と思ってしまう性格なので、ときどき自動化したりしています。今回は、PowerPointのファイルをcygwinの bashのシェルスクリプトで処理することで、自動的に画像のトリミングをしてしまおうという記事です。記事中のシェルスクリプトは全て、Windows 10 + Cygwin + bashで動作確認をしています。

続きを読む

Python用ライブラリ用のwrapperを作って使っている話

技術研究所 (技研) のまつけんです。

Python用のライブラリには、cv2 (OpenCV)、numpy (NumPy)、pandas (Pandas)などがあります。大抵のことが出来るので大変便利なのですが、引数の与え方などで不便を感じることがあります。そこで、今回は、私が普段、それらのライブラリをwrapするのに使っているサブルーチンを紹介したいと思います。

OpenCV用 (wrap_cv2.py)

色の定義

頻繁に利用する色 (無彩色、原色、補色) を定義します。OpenCVはRGBではなくBGRが基本なので、その順番となっています。

続きを読む

OpenCVでレシートを適切なサイズに縮小する

技術研究所 (技研) のまつけんです。

リモートワークが増えたことで、会社に領収書やレシートの写真を提出することが多くなりました。紙のレシートを、スキャナやスマホで電子化する (画像ファイルにする) と、不必要に高精細な画像になってしまうことが多いように感じます。そこで、今回は、レシートの写真を自動で、文字が判読できる範囲内で縮小する (解像度を落とす) Pythonプログラムを作成してみました。機械学習などは使わず、OpenCVとNumPyだけで画像処理によって実現しています。

続きを読む

画像処理エンジニア検定(エキスパート)の受験テクニックあれこれ

技術研究所のまつけんです。

少し前になりますが、7月14日に画像処理エンジニア検定 (エキスパート) を受けて無事、合格しました (同時開催のマルチメディア検定については先日の記事を参照)。今回の試験問題について、いくつかピックアップして、私なりの受験テクニックを紹介したいと思います。『画像処理エンジニア検定エキスパート・ベーシック公式問題集 [改訂第三版]』(ISBN978-4-903474-62-5) に類似問題と解説が載っていますが、そこでは紹介されていない解き方 (別解) として参考にしていただければと思います。

続きを読む