JavaScript

React.jsでWeb Audio APIを使ってみる

タイトルの通りです。

ReactアプリにWeb Audio API を導入しようと思ったのですが、意外に苦労したので、忘れないようブログとして残すことにしました。

なのでこの記事をおすすめできるのは、次のような方だと思っています。

  • React の知識そこそこ
  • Web Auido API に対して無知
  • 音声の加工処理には興味ある

ちなみに Web Audio API とはブラウザで音声処理を行うための機能のことです。基本的には再生中の音声をその場で加工する仕組みになっています。ただ単に音声処理したいだけ(再生が不要)の場合、少し扱いが特殊になるので注意しましょう。

続きを読む

PlayWright を使ってE2Eテストを書いてみた

こんにちは。クロステック・オフィスの benishouga です。

この記事は「CRESCO Advent Calendar 2020」20日目の記事です。

今回は PlayWright というライブラリについて、調べる機会があったので、PlayWright とは?という説明を少しと、簡単な使い方として「ユーザー操作を記録してのコード生成」「マルチブラウザ向けの E2E テスト」を行ってみたいと思います。

今回使用した環境は、 Windows 10, Node.js v14.15.0, npm 6.14.8 となっています。

PlayWright とは

PlayWright とは Microsoft が中心になって開発する Node.js 上からブラウザを操作するためのライブラリです。

続きを読む

puppeteerで始めるブラウザ操作の自動化

この記事は『CRESCO Advent Calendar 2020』 19日目の記事です。

はじめに

こんにちは!

SEC(システムズエンジニアリングセンター)の odashima です。

昨年に引き続き、今年もアドベントカレンダーの執筆ができて嬉しいです。

(今年ももう残すところ僅かですね・・・。)

今年はブラウザの自動操作を行う機会が多く、中でも puppeteer というライブラリを使用することが一番多かったのでまとめてみます。

ブラウザ自動操作は特にテスト工程での工数削減に大きく貢献できる技術ですが、敷居が高いと思っていませんか?

今回は puppeteer で手軽にブラウザ操作の自動化を行ってみましょう!

続きを読む

Webブラウザで音声認識、顔認識でワクワクしてみた

この記事は『CRESCO Advent Calendar 2020』 4日目の記事です。

こんにちは。

エクスペリエンスデザインセンターのsgi-changです。

今年もアドベントカレンダーに参加できて嬉しいです。

そして今年もせっかくのアドベントカレンダーなのでまたワクワクしたいなと、

今日はブラウザで音声認識を使ってみようと思います。

使った技術は以前のブログにも登場した Web Speech APIです。

ざっくり説明すると、

Webアプリ上で「音声認識」「音声合成」を使うことができるWeb APIのひとつ

です。

続きを読む

React Native Expo CLI で始めるクロスプラットフォーム開発 はじめの一歩編

completed

こんにちは。

エクスペリエンスデザインセンター、略して EXDC の sgi-chang です。

今日は、React Native の Expo CLI で、Web も Android も iOS も、

複数のプラットフォームのアプリも同時に作れちゃう、

夢のようなクロスプラットフォーム開発のはじめの一歩に挑戦したいと思います。

以下の流れで進めていきたいと思います。

  • クロスプラットフォーム開発とは
  • React Native とは
  • Expo CLI とは
  • クロスプラットフォーム開発を体験してみよう

なお、今回の「はじめの一歩編」では、開発環境の構築と、

ひとつのコーディングで We bとモバイル (Android) とでアプリを動かしてみるところまでをやってみます。

(実際の各プラットフォームのビルド展開はまたの機会に…)

続きを読む

ようこそ!2020年、Webフロントエンドの世界へ

こんにちは、UXデザインセンターのsgi-changです。

ついに2020年。

数字だけ見るとものすごく未来を感じてしまうのは私だけでしょうか。

今回は、とても魅力的なWebのフロントエンドの世界(以下、Webは略)をご紹介したいと思います。

当記事の対象は、

社内でフロントエンドエンジニアが不足している。

いきなりフロントエンドやれと言われた。

サーバーサイドしか知らない。

SPAって何?

モダンWebって何?

どうしていいか分からない。

といった今までフロントエンドとはあまり縁がなかったけど、

急に関わることになった方を対象にしています。

開発を進める上で参考になれば嬉しいです。

続きを読む

WebGL、Three.jsでワクワクしてみた2019、ひとりハッカソン編

(この記事は「CRESCO Advent Calender 2019」12日めの記事です)

こんにちは、UXデザインセンターのsgi-changです。

今年もAdvent Calendarに参加させて頂くことになりました。

ちょうど一年前「WebGL、three.jsでワクワクしてみた」を書いたのですが、

何を書こうかと色々迷った挙句…私の中で最近ますますホットな3DCGの記事が書きたくて、

もうすぐクリスマス、そしてもうすぐ1年も終わるし、

せっかくAdvent Calendarだし、

今年もやっぱりThree.jsでワクワクしてみたいなと思い、

Three.jsでひとりハッカソン(※)に挑戦してみることにしました。
(しつこくてすみません。)

続きを読む

【PWA】プログレッシブウェブアプリケーションを作成してみる

この記事は 『CRESCO Advent Calendar 2019』  10日目の記事です。

はじめに

はじめまして。SEC(システムズエンジニアリングセンター) の odashima です。

今回、所属の勉強会メンバーからのご紹介があり Advent Calendar の執筆をさせていただくことになりました。

普段から個人で開発はするものの、記事にするほどのネタもなくテーマに悩みましたが

今回は PWA についてまとめてみようと思います!

PWAってなに?

PWAとは、Progressive Web Application の略で、2015年ころに Google が提唱した新しいウェブアプリケーションの形です。

プログレッシブウェブアプリは、デスクトップとモバイルの両方でインストール可能なアプリと同等の体験を提供し、ウェブ上で直接構築・配信される高速で信頼性の高いウェブアプリです。

はじめてのプログレッシブウェブアプリ(developers.google.com)

続きを読む

Tableauのテスト自動化をSeleniumだけでやりたかった(が、Tableau JavaScript APIも必要でした)

この記事は 『CRESCO Advent Calendar 2019』7日目の記事です。

みなさんこんにちは。データアナリティクスチームの飯村北海です。

今年度も変わらず[PR]データ分析をやっていて、データ分析に関するセミナーを組織として2つ、「データ分析仕事はじめ」と「データ分析基礎 Tableauハンズオン」を開催することができました。

この準備などに追われてしまい、今年に入ってエンジニアブログを全く書いていない…ということに気づきました。ということで頑張って12月のアドベントカレンダーで何本か書きたいと思います!

書きましたので2本目です。さて、今日はTableauのテスト自動化について書きたいと思います。

続きを読む

Web Push通知の受信を、Firebase Cloud Messaging(FCM)+Service Worker +Notificationで受信側でコントロールしてみた

こんにちは、UXデザインセンターのsgi-changです。

今日はドライブレコーダーの続き…ではなく、Web Push通知について記事を書いてみました。

Web Push通知と聞いて、皆さんはどんな仕組みを思い浮かべますか?

Web Push通知と言えば、モバイルのネイティブアプリで受け取れるPush通知を、Webブラウザでも同様に受け取れる、

そんなモバイルライクなUXを提供するProgressive Web Apps(PWA、以下同)の機能の一つとされています。

今回は、Firebase Cloud Messaging(FCM、以下同)経由で、PWAとも関わりの深い、Push通知を受信するために必要な技術、

Service Workerや、Notification APIを使って、

Web Pushの受信時に、FirebaseのSDK(以下、SDK)任せにしないで、受信側で通知をコントロールすることにあえて挑戦してみました。(需要はあるのだろうか…)

続きを読む