(この記事は「CRESCO Advent Calendar 2019」5日目の記事です)

こんにちは。UXデザインセンター金井です。

2019年11月20日~22日で開催された「ET & IoT Technology 2019」の、スペシャルセッションプログラムに参加してきました。

色々とHCDやデザインにまつわるお話が聞けた中、ソシオメディア取締役 上野さんのディスカッション、「これからのUIデザイン ~オブジェクトベースUIへの招待~」がとても印象的だったのでレポートしたいと思います。

UI設計は、「何をどこにどういう状態で置けば良いのか」という事を考えるわけですが、実はデザイナーの経験則や一般論で行われていることが多く、これまで明確なルールやロジックは特にありませんでした。

そんな中、今注目を集めているのが「OOUI(object-oriented user interface)」。
日本語で言うと、「オブジェクト指向のUI設計」となります。

ひとつの指針としてこの考え方を用いればロジカルにUI設計できるとあって、デザイナーからも開発者からも注目されています。

オブジェクトベースUIって何?

早速ですが、OOUIとはなんでしょうか。

上野さんの講演案内から引用させていただくと、

オブジェクトベースUI設計とは、GUIの発明的起源であるオブジェクト指向のコンセプトを用いたUI設計手法であり、アプリケーションのUI構成を決める際に、オブジェクト分析の結果を手掛かりにして画面とデータを対応づけるものです。

とあります。

続きを読む