プロジェクトマネジメント

PM学会で発表してきた話 ~2017年度秋季研究発表大会編~

8月31日と9月1日に開催されたプロジェクトマネジメント学会(PM学会)の全国大会である秋季大会で発表してきました。
このプロジェクトマネジメント学会には、クレスコは法人会員として2016年より参加していますが、前回の春季大会に続き2回連続での発表になります。

今回は、弊社社員4名による『アジャイル開発プロジェクトにおける新人の成長事例』の発表についてご紹介します。

今回の発表内容

発表内容は、アジャイル開発プロジェクトでの新人育成の事例紹介になります。

変化の激しいビジネス環境に適した開発手法としてアジャイル開発プロジェクトが注目されています。しかしアジャイル開発プロジェクトでは、その卓越性がある故に誰もが参加できるというものではありません。今回の事例は、高度なスキルが前提であるアジャイル開発プロジェクトに参加した入社一年目の新人が職場経験まったくのゼロの状態から、どのようなチームの支えがあって、いかにスキル習得としたかを詳細に確認しています。

続きを読む


たまには研究の話を①

こんにちは。技研の「110」です。

これまでの投稿はcanvaの話や、資格勉強の話イベント報告、はたまたゲームの話など、ライトな話が多かったのですが、たまには自分の普段の研究についてお話ししたいと思います。

私の研究の話を紹介するのは実は初めてではなく、以前にPM学会に論文を出して発表したことを記事にしています。

今回は昨年度の研究の課題と今期の取り組みについてご紹介したいと思います。

1.昨年度のおさらい

昨年度は、弊社のプロジェクト管理ツールを利用し、設計工程のレビュー記録を収集しメトリクスを表示する仕組みを構築しました。

 

 

続きを読む


PM学会で発表してきた話~後編~

こんにちは。技研の「110」です。

先週、担々麺さんから紹介があったPM学会で発表してきた話~前編~の後編ということで今回は私が発表してきた2本目の論文について紹介します。

成果物レビュー結果を用いたプロジェクト問題検出手法の提案と評価

クレスコ 技術研究所 伊藤まゆみ、村田新司、青山裕介、高野政幸
     品質コンピテンシー管理室 丸山久

 

 

弊社は独立系SIerのため、幅広い分野のシステム開発を請け負っており、常に多数のプロジェクトが稼働しています。各プロジェクトが高い品質を達成するために品質コンピテンシー管理室(以下、品管部門)を設置し、プロジェクト管理を行っています。

品管部門の仕事の1つにプロジェクト状況報告のチェックがありますが、この方法でプロジェクト状況を確認する場合には「認知バイアス」により正しく状況が報告されないリスクがあります。

続きを読む


PM学会で発表してきた話~前編~

はじめまして。PSの担々麺です。

3月9日、10日にPM学会が主催する春季研究発表大会が開催されました。
プロジェクトマネジメントに関する論文の発表の場ということで、半期に1回開催されています。毎回80本近い論文が発表されており、弊社からも2本の論文を発表しました。

今回はそのうちの1本についてご紹介したいと思います。

ヒューマンエラー排除に向けたヒヤリ ハット横展開ディスカッションの事例 ~メタ認知的アプローチによる一考察 ~

クレスコ プラットフォームソリューション事業部 藤田智、山内貴弘

もともとあるお客様の維持保守プロジェクトで、ヒューマンエラーが起因するトラブルを発生させてしまったことから、どうしたらヒューマンエラーをできるだけ排除することができるか。そのための活動をしてきました。

続きを読む


定型作業の自動化とChatOps

こんにちは、技研の「むらたん」です。

今年度も開発技術SIGを継続することになり、引き続き、リーダーを務めることとなりました。
活動方針は以前のエントリーにもあるとおり、「技術を【自分たちのため】に活用して、プロジェクトの品質・生産性を向上させる」です。

今期のテーマは
「プロジェクト管理基盤の機能強化と全社標準化」
「定型作業の自動化」
としました。「プロジェクト管理基盤」は昨年からの継続活動であるため簡単に、「定型作業の自動化」については、詳しく紹介したいと思います。

続きを読む


OSSとRedmineAPIを利用したメトリクス収集について

こんにちは、技術研究所(通称:技研)のむらたんです。

以前のエントリーで開発技術SIGの2つの取組みを紹介しましたが、今回のエントリーでは、そのうちの「プロジェクト管理基盤の標準化」の具体的な取り組みを紹介したいと思います。

続きを読む


開発技術SIGの活動について

はじめまして、技術研究所(通称:技研)のむらたんです。
クレスコに入社してから1x年、Javaエンジニア、そして、プロジェクトマネージャとしてやってきましたが、今年度は技術研究所の所属となり、開発技術に関する研究を行っています。

2012年の技術研究所発足後から継続している活動の1つにSIG(Special Interest Group)活動があります。
Wikipedia調べによると、SIGとは、

「特定の興味ある事柄について、その道の専門家の考えを聞いたり、メンバー同士が互いに知識や情報を交換する場」

とあります。弊社では年度の始まりに事業部横断でメンバーを募集し、年度末の成果発表に向け、1~2週に一度、業務時間後に活動を行っています。
テーマは年度ごとに切り替え、時代に合わせて変化していますが、今年度のテーマは

  • 開発技術SIG
  • クラウドSIG
  • IoTSIG

となっています。私は「開発技術SIG」のリーダーということもあり、今回のエントリーでは、開発技術SIGの取り組みについて紹介させていただきます。

続きを読む