PWA

【PWA】プログレッシブウェブアプリケーションを作成してみる

この記事は 『CRESCO Advent Calendar 2019』  10日目の記事です。

はじめに

はじめまして。SEC(システムズエンジニアリングセンター) の odashima です。

今回、所属の勉強会メンバーからのご紹介があり Advent Calendar の執筆をさせていただくことになりました。

普段から個人で開発はするものの、記事にするほどのネタもなくテーマに悩みましたが

今回は PWA についてまとめてみようと思います!

PWAってなに?

PWAとは、Progressive Web Application の略で、2015年ころに Google が提唱した新しいウェブアプリケーションの形です。

プログレッシブウェブアプリは、デスクトップとモバイルの両方でインストール可能なアプリと同等の体験を提供し、ウェブ上で直接構築・配信される高速で信頼性の高いウェブアプリです。

はじめてのプログレッシブウェブアプリ(developers.google.com)

続きを読む

Web Push通知の受信を、Firebase Cloud Messaging(FCM)+Service Worker +Notificationで受信側でコントロールしてみた

こんにちは、UXデザインセンターのsgi-changです。

今日はドライブレコーダーの続き…ではなく、Web Push通知について記事を書いてみました。

Web Push通知と聞いて、皆さんはどんな仕組みを思い浮かべますか?

Web Push通知と言えば、モバイルのネイティブアプリで受け取れるPush通知を、Webブラウザでも同様に受け取れる、

そんなモバイルライクなUXを提供するProgressive Web Apps(PWA、以下同)の機能の一つとされています。

今回は、Firebase Cloud Messaging(FCM、以下同)経由で、PWAとも関わりの深い、Push通知を受信するために必要な技術、

Service Workerや、Notification APIを使って、

Web Pushの受信時に、FirebaseのSDK(以下、SDK)任せにしないで、受信側で通知をコントロールすることにあえて挑戦してみました。(需要はあるのだろうか…)

続きを読む