SIG

クレスコ AI & RPA SIG 2018 活動まとめ

こんにちは!
システムズエンジニアリングセンターの
やまさきあ です。

6月も半ばですが、最近気温の変動が激しいですね。
寒くてお布団から出たくないこともしばしば…
でも、会社にはいかなくてはなりませんよね。

会社に行きたくなくなる要因は気候だけでなく
人間環境や業務の量など、様々なものが存在します。

ストレスを1人で抱えきれなくなった時、体調を崩してしまうかもしれません。
そうなる前に、アラートを上げることはできないでしょうか。

AI & RPA SIGのロボットなら、それが可能かもしれません。

続きを読む

オープンハウス2019を開催しました


 

こんにちは 技術研究所の101です。

先週3/19(火)の夕方~夜に、外部のお客様もお招きして「オープンハウス2019」を、弊社フューチャーセンターにて開催しました。
クレスコ技術研究所では、毎年秋に上期分の研究成果の発表会を社内向けに行い、翌春に一年を通した研究成果の発表を社内外に向けて行うことになっています。
今回は2018年度一年を通した研究成果の発表です!!

 

当日はお客様、グループ会社、ブログから一般応募頂いた方々など総勢80名ほどの方々にご来場頂きました。皆様年度末の忙しい時期にも関わらずご来場いただき、本当にありがとうございます。皆様からの質疑やご意見を頂きながら、研究員一同貴重な時間を過ごすことができ、大変うれしく感じております。
 
続きを読む

技術研究所 オープンハウス2019 に来てみませんか?

◇◇◇ 参加登録は本記事最後のリンクからどうぞ ◇◇◇

こんにちは 技術研究所の101です。

3月に開催される当技術研究所の研究発表会「オープンハウス2019」の開催告知をさせて頂きます。
昨年に引き続き、今年も一般の方へもオープンなイベントとして開催します。
(昨年の様子はこちらをご参照ください。)

オープンハウスとは、
研究内容と成果を多くの方に知っていただくために、研究所を一般公開するイベントです。

続きを読む

技術コミュニティ活動 SIGについて

こんにちは、技術研究所「どらお」です。

技術研究所では、技術コミュニティ活動の一つとしてSIGを企画、運営しています。
今回は、そのSIGについて紹介をしたいと思います。

まず、SIGという言葉を聞いたことない人もいると思いますので、SIGの説明から。

SIGとは?

シグと呼びます。Special Interest Groupの略で
“特定の興味ある事柄について、その道の専門家の考えを聞いたり、メンバー同士が互いに知識や情報を交換する場”
とウィキペディアでは書かれています。

クレスコのSIGは勉強会のように自発的に何かを学ぶ、といった場ではなく、
自分の持っている技術知識を活かして成果物を残す場となっています。
活動期間は一年間で、成果物は一年間単位でコミットする形式で実施しています。

続きを読む

定型作業の自動化とChatOps

こんにちは、技研の「むらたん」です。

今年度も開発技術SIGを継続することになり、引き続き、リーダーを務めることとなりました。
活動方針は以前のエントリーにもあるとおり、「技術を【自分たちのため】に活用して、プロジェクトの品質・生産性を向上させる」です。

今期のテーマは
「プロジェクト管理基盤の機能強化と全社標準化」
「定型作業の自動化」
としました。「プロジェクト管理基盤」は昨年からの継続活動であるため簡単に、「定型作業の自動化」については、詳しく紹介したいと思います。

続きを読む

OSSとRedmineAPIを利用したメトリクス収集について

こんにちは、技術研究所(通称:技研)のむらたんです。

以前のエントリーで開発技術SIGの2つの取組みを紹介しましたが、今回のエントリーでは、そのうちの「プロジェクト管理基盤の標準化」の具体的な取り組みを紹介したいと思います。

続きを読む

開発技術SIGの活動について

はじめまして、技術研究所(通称:技研)のむらたんです。
クレスコに入社してから1x年、Javaエンジニア、そして、プロジェクトマネージャとしてやってきましたが、今年度は技術研究所の所属となり、開発技術に関する研究を行っています。

2012年の技術研究所発足後から継続している活動の1つにSIG(Special Interest Group)活動があります。
Wikipedia調べによると、SIGとは、

「特定の興味ある事柄について、その道の専門家の考えを聞いたり、メンバー同士が互いに知識や情報を交換する場」

とあります。弊社では年度の始まりに事業部横断でメンバーを募集し、年度末の成果発表に向け、1~2週に一度、業務時間後に活動を行っています。
テーマは年度ごとに切り替え、時代に合わせて変化していますが、今年度のテーマは

  • 開発技術SIG
  • クラウドSIG
  • IoTSIG

となっています。私は「開発技術SIG」のリーダーということもあり、今回のエントリーでは、開発技術SIGの取り組みについて紹介させていただきます。

続きを読む