「UXデザイン」のデザインは「設計」(UXデザインセンター #002)

こんにちは。

クレスコ UXデザインセンターのりんりんです。

 

「UX」について語る、UXデザインセンター連載の第2回目です。

初回の前回は、「UXとは何?」「UXの定義とは」「UIとの違いは?」といった、【UXの基本のき】についてお話ししました。

今回は、私たちの部署名にもなっている、「UXデザイン」についてお話ししたいと思います。

続きを読む


Watson × Android で質問応答アプリケーションを作る!

こんにちは、スマートソリューションセンターの「たーぼう」です。
今回の記事は、IBM BluemixとWatson Developer CloudのWatsonサービスを使用して、
質問応答Androidアプリケーションを作成しましたのでご紹介していきたいと思います。

IBM Bluemix、Watson Developer Cloudのそれぞれのサービス説明については、割愛いたします。
それぞれ、こちらのリンクから製品情報についてご覧ください。

続きを読む


UX(ユーザー体験)とは?(UXデザインセンター #001)

こんにちは。

クレスコ UXデザインセンターのりんりんです。

 

技術研究所のブログをお借りして、今回から数回にわたって、UXについて書かせて頂きます。

このブログを通して、UXとは何かが分かり、UXについて真剣に取り組むことで、どんな「良いこと」や「価値」があるのか、どんな「差別化」ができるか、のヒントになればと考えています。

IT業界でスマホアプリやWebサイト、サービスの作成に携わるエキスパートの方だけでなく、業界に関係なく、新人さんから経営者まで、幅広くお役にたてれば、と考えています。

「UXって何?」という方も、もちろん大歓迎です。ぜひ最後までお付き合いください。

続きを読む


Amazon API GatewayとLambdaを利用したサーバレスなWebアプリを作ってみた

こんぴてんしーせんたーのisaです。

流行っているサーバレスアーキテクチャを利用して、弊社で提供しているBeaconBridgeと連動するWebアプリケーションを作ってみました。

目的は、7月にAmazonからAPI Gatewayが発表され、Web上にAWS Lambda + API Gatewayを利用したサーバレスアーキテクチャのサンプルが多数公開されていますが、実際に使ってみないと使い方や特徴が掴めないと思い、お試しでそれらを組み合わせてWebアプリケーションを作ってみました。

今回はその備忘録の意味も込めて記事を書きました。

続きを読む


Sphinx(reStructuredText)のエディタ選択の話

先日Githubが落ちて午前中が仕事にならなかった皆様、いかがお過ごしですか。
技術研究所の(ほ)です。

突然ですが、仕様書などの各種ドキュメントを作る際には、みなさんは何を使っていますか。

私は、「ドキュメントを作りたくなってしまう魔法のツールSphinx」を推しているので、
今日はSphinxを使うためのエディタについて書きたいと思います。
(ベストなものは見つけられませんでしたが、お付き合いください。)

続きを読む


SENSY育成日記1 洋服大好きSEが人工知能を育ててみる

技術研究所のりまてぃです。

最近話題の”機械学習””Deep Learning”ですが、「実際にサービスに組み込まれるとどんな感じかな?」ということで、リリースされているサービスを使ってみました。この記事では、ファッション人工知能アプリのSENSYを”エンジニア”(以下エ)と”洋服大好き女子”(以下女)という2つの立場から考察してみようと思います。

続きを読む


Azure Machine Learningでナンバーズ予測(後編)

こんにちは、技術研究所のウエサマです。
このエントリーは”Azure Machine Learningでナンバーズ予測”の後編となります。
前編はこちら⇒Azure Machine Learningでナンバーズ予測(前編)

チュートリアル部分の記事が長くなるため、先に”まとめ”と”予想実績”について記載します。
試してみたい方は、後半のチュートリアルをご覧ください。

続きを読む


<input type=”file”>の話

こんにちは、技術研究所の ton です。
今回は、以前ご紹介した社内イベント「クレスコフェア」の出展作品開発時に、びみょーに苦戦した<input type=”file”>について語ります。

HTML5+JavaScript+PHPで<input type=”file”>を使ってファイルアップロード機能をつくります。
途中のサンプルコードはそれだけで(たぶん)動くようになっているので、よろしければお試しください。

続きを読む