UiPath Explorer Expertを使って業務プロセス手順書を自動生成してみよう

こんにちは、スマートテクノロジーオフィス吉田です。
この記事は「CRESCO Advent Calendar 2019」8日目の記事です。

2019年10月30日に、RPAツールベンダーであるUiPath社の大規模カンファレンスUiPath Forward Ⅲ Japanが開催されました。弊社も同イベントにゴールドスポンサーとしてブース出展をしておりました。ご来場いただきました皆様ありがとうございました。

同イベントにおいて、「ハイパーオートメーション※1」というキーワードのもと、多くの新製品に関する発表がありました。

※1:ハイパーオートメーションとは、複数の機械学習 (ML)、パッケージ・ソフトウェア、自動化ツールなどを組み合わせて一連の仕事を実行する概念と実装を指す。ガートナー社が2020年版の「戦略的テクノロジ・トレンドのトップ10」に選出。自動化のステップとして、「発見、分析、設計、自動化、測定、モニタリング、再評価」などがあり、それらが相互に作用し、組み合わさって自動化を推進できる必要がある。

これまでUiPathでは、「開発」「管理」「実行」に関するツールを提供していましたが、今回の新製品発表にて、「計画」「協働」「測定」に関しても、製品ラインナップに追加される紹介されました。

続きを読む

Tableauのテスト自動化をSeleniumだけでやりたかった(が、Tableau JavaScript APIも必要でした)

この記事は 『CRESCO Advent Calendar 2019』7日目の記事です。

みなさんこんにちは。データアナリティクスチームの飯村北海です。

今年度も変わらず[PR]データ分析をやっていて、データ分析に関するセミナーを組織として2つ、「データ分析仕事はじめ」と「データ分析基礎 Tableauハンズオン」を開催することができました。

この準備などに追われてしまい、今年に入ってエンジニアブログを全く書いていない…ということに気づきました。ということで頑張って12月のアドベントカレンダーで何本か書きたいと思います!

書きましたので2本目です。さて、今日はTableauのテスト自動化について書きたいと思います。

続きを読む

Tableau ServerでAWS CognitoとOpenID Connectを構成する

こんにちは、サービスデリバリーセンター(SDC)のn-satoです。

この記事は「CRESCO Advent Calendar 2019」の6日目の記事です。

Tableau ServerへのログインをAWS Cognito(以下Cognito)のホストUIを用いてOpenID Connectを構成する機会があったのでその時の実装を書いておこうと思います。

OpenID Connect認証連携はTableauのヘルプに導入要件や手順が書いてあるのでそれを参考にします。

※Tableau Server 2019.3で実施してます。

やること

  • Tableau Serverにユーザーを作成
  • Cognitoにユーザープールを作成
  • Tableau ServerとCognitoを連携する
  • ログインする

続きを読む

最近噂のOOUI、オブジェクトベースのUIとは何だ!?

(この記事は「CRESCO Advent Calendar 2019」5日目の記事です)

こんにちは。UXデザインセンター金井です。

2019年11月20日~22日で開催された「ET & IoT Technology 2019」の、スペシャルセッションプログラムに参加してきました。

色々とHCDやデザインにまつわるお話が聞けた中、ソシオメディア取締役 上野さんのディスカッション、「これからのUIデザイン ~オブジェクトベースUIへの招待~」がとても印象的だったのでレポートしたいと思います。

UI設計は、「何をどこにどういう状態で置けば良いのか」という事を考えるわけですが、実はデザイナーの経験則や一般論で行われていることが多く、これまで明確なルールやロジックは特にありませんでした。

そんな中、今注目を集めているのが「OOUI(object-oriented user interface)」。
日本語で言うと、「オブジェクト指向のUI設計」となります。

ひとつの指針としてこの考え方を用いればロジカルにUI設計できるとあって、デザイナーからも開発者からも注目されています。

オブジェクトベースUIって何?

早速ですが、OOUIとはなんでしょうか。

上野さんの講演案内から引用させていただくと、

オブジェクトベースUI設計とは、GUIの発明的起源であるオブジェクト指向のコンセプトを用いたUI設計手法であり、アプリケーションのUI構成を決める際に、オブジェクト分析の結果を手掛かりにして画面とデータを対応づけるものです。

とあります。

続きを読む

「Tableau初心者と中級者の壁」LOD表現を理解するためのシートを作りました

こんにちは。データアナリティクスチームの【もりし】です。

この記事は 『CRESCO Advent Calendar 2019』 4日目の記事です。
本日は当ブログでも何回か紹介している「Tableau」というBIツールのノウハウを紹介します。

※Tableauって何?という方は、まずは公式の紹介動画見てみてください
https://www.tableau.com/ja-jp#hero-video

先日、Tableauをみんなで一緒に使いながら学ぼう!というセミナーの講師をしました。
TableauはUIを意識して作られているだけあって、初めて触る方も基本的にサクサク理解してくれました。「LOD表現以外」は…
LOD表現は他の関数とは違って、直感的ではなく難しいんですよね。

ということで「LOD表現を理解するためのダッシュボード」を作りました。
これでトレーニングすればあなたもTableau中級者!

続きを読む

Microsoft Teams全社展開!!~エンゲージメントを高めるチーム・組織づくりへの飽くなき挑戦~

こんにちは、経営企画室の梶です。

この記事は 『CRESCO Advent Calendar 2019』 3日目の記事です。エンジニアブログは昨年のアドベントカレンダー以来、実に一年ぶりです!!
前回は、当社がスポンサー契約を結んでいる女子プロゴルファー金澤選手を題材に執筆しました。今年も金澤選手×Tableauデータ分析の続編を!!と思いましたが、他の社員がTableauネタをたくさん出してくれそう?なので、譲ることにしました(笑)。こちらはまたの機会に!!

というわけで今回は少し真面目に?社内のデジタルワークスタイルの取組みの一つ「Microsoft Teams」について、エンジニアブログ初公開でお届けしたいと思います!

続きを読む

Celonis Snapで始めるプロセスマイニング入門 vol1 ~環境構築編~

みなさん、こんにちは。スマートテクノロジーオフィス吉田です。
この記事は「CRESCO Advent Calendar 2019」2日目の記事です。

昨年の「CRESCO Advent Calender 2018」では、プロセスマイニングツール「Celonis」についてまとめてみたという記事を書きました。

その結果、2018年の弊社のアドカレPV数第1位だったそうです!みてくださった皆様ありがとうございます。

Celonisやプロセスマイニングについてはまだまだ情報も少なく、いくつかお問い合わせいただくこともあり、重たい腰を上げて続編記事を書くことにしました。Celonisってなに?という方は、こちらをご覧ください。左記記事内で紹介している30日間の無償トライアルに代わり、Celonis Snapという無償版オープンプラットフォームをご紹介したいと思います。

Celonis Snapとは?

続きを読む

探索的データ分析ツールExploratory Publicを使ってみた

この記事は 『CRESCO Advent Calendar 2019』1日目の記事です。

みなさんこんにちは。データアナリティクスチーム(社内でほぼ唯一のRユーザー?)の飯村北海です。

今年度も変わらず[PR]データ分析をやっていて、データ分析に関するセミナーを組織として2つ、「データ分析仕事はじめ」と「データ分析基礎 Tableauハンズオン」を開催することができました。

この準備などに追われてしまい、今年に入ってエンジニアブログを全く書いていない…ということに気づきました。ということで頑張って12月のアドベントカレンダーで何本か書きたいと思います!

さて、今日のテーマは最近公開されたExploratory “Public“について使ってみたレポートをします。

続きを読む

Azure Functions で Spring Cloud Function アプリを動かしてみた

こんにちは。サービスデリバリーセンター(SDC)のあおやまです。

つい最近「Azure Functions」で動く「Spring Cloud Function(SpringBoot)」アプリケーションを開発する機会があり、その際に調査した結果をまとめてみました。

Azure Functions とは

「Microsoft Azure」で提供されているイベントトリガー起動のサーバーレス・コンピューティングサービスです。
(参考:Azure Functions

AWSでも同様のサーバーレス・コンピューティングサービスとして「AWS Lambda」が提供されていますが、「Azure Functions」ではアプリの形態(ホスティングプラン)を選択できる特徴があります。

続きを読む

社会⼈1年⽬のエンジニアがUiPathアカデミーでLv3 Advancedトレーニングを修了するまでの道のり

こんにちは、システムズエンジニアリングセンターの横⽥です。

私は社会⼈1年⽬のエンジニアで開発経験は少なく、RPAについての知識は全くありませんでした。
そんな私がUiPathアカデミーでLevel1-FoundationトレーニングからLevel3-Advancedトレーニングまで修 了した経験を元にLevel3-Advancedを修了するまでの道のりを紹介したいと思います。

 

UiPathアカデミーとは?

そもそもUiPathアカデミーとはどのようなものなのかというと、UiPath社が提供しているE-learningサイトになります。

UiPathの基礎から学ぶことが出来るため、これから開発を行いたいと考えている人はぜひUiPathアカデミーで学習をしてみることをお勧めします。

また学習するトレーニングコースで日本語のものは3コース提供されています。
具体的には、以下の3つのコースとなっています。
  • Level1-Foundationトレーニング
  • Level2-Orchestratorトレーニング
  • Level3-Advancedトレーニング