CNNを用いた超解像を試しました

この記事は 『CRESCO Advent Calendar 2018』21日目の記事です。

はじめまして。ディープラーニングに取り組んでいるシニア㊥です。本日は、CNNを用いた超解像について、触れてみたいと思います。

CNNの超解像て何?

4K、8K対応のテレビ放送が12月から開始されました。ラグビー・ワールドカップや東京オリンピックを超高画質な映像でテレビ観戦できると良いですね。

さて、画像処理では超解像と呼ばれる分野があります。画像を拡大する際、ボケやジャギーといった画像の劣化が生じてしまうことがありませんか。これは、元の画像に含まれる画素を利用した補完アルゴリズを使っているからです。そこで、補完ではなく元の画像に含まれない高周波成分を推定することで解像度を向上させる手法が生まれました。これを超解像と呼びます。

そのようななか、2014年にC.Dong氏(※1)らは畳み込みニューラルネットワーク(CNN)を用いた超解像を発表しました。Super-Resolution Convolution Neural Network(SRCNN)は、入力と出力の画像再現性をend-to-endで機械学習させるものです。これを機に、CNNを使った様々な超解像のモデルが発表されています。
※1:Image Super-Resolution Using Deep Convolutional Networks

続きを読む


【RPA】Uipath Bad Practice Part1

この記事は 『CRESCO Advent Calendar 2018』 20日目の記事です。

はじめまして!
RPAチームに新規参入しました、AI&ロボティクスセンター あきやまです。

Pepper等のロボットを主に担当していたら、「RPAもロボットだから対象だね」と言われました。
「そうですね、もちろんです」と回答しました。
長いものには巻かれます。

などと言いつつも、話題のRPAは前々から参加したかったので、ワクワクしてます。
これを機に一人前のRPAエンジニアを目指します。

Bad Practice集

さて、必死に勉強を進める中、RPAチームの先輩メンバーがBAD Practiceを提供してくれました。
本日はその中から、いくつかご紹介したいと思います。
始めたばかりの頃は取り合えず期待通りに動いてしまうと、そのまま正解だと思いがちですね。
さらに、一度正解だと思い込んでしまうとより良い方法に気づけないものです。

今後ロボットの設計・実装を行う上で、効率的、且つ可読性の高い開発を行う為の参考になれば幸いです。

続きを読む


WebGL、three.jsでワクワクしてみた

この記事は 『CRESCO Advent Calendar 2018』 19日目の記事です。

こんにちは、UXデザインセンターのsgi-changです。

2018年もあと少し、気持ちも慌ただしくなってきた師走にちょっとワクワクしてみたいなと思い、

気軽にブラウザで3Dコンピュータグラフィックス(以下3DCG)を実装できる、WebGL、three.jsの記事を書いてみました。

とりあえず、今日はテキストエディタだけあればコピーandペーストで実装できる超簡単3DCGを実装してみます。

WebGL、three.jsとは?

実装の前にざっくりとWebGL、three.jsについて説明します。

続きを読む


女子大生にアジャイルを語る

この記事は 『CRESCO Advent Calendar 2018』 18日目の記事です。

こんにちは。サービスデリバリーセンターの「むらたん」です。
12/10にフェリス女学院大学の授業にお邪魔し、アジャイル開発についての講義を行いました。
本日はその裏話を紹介したいと思います。

きっかけ

以前に書いたウォーターフォールじゃない開発についての記事が、フェリス女学院大学 春木教授の目に留まり、「コンピュータを触らないプログラミング入門」という基礎教養講座で「アジャイル開発」についてお話してほしいというご依頼を頂戴しました。
本講座はしばらく休講していたそうですが、文系大学出身者もIT企業に就職される機会が増えたことから、満を持して再開講された講義とのことです。

サービスデリバリーセンターの自称「SIよろず屋」ですから、喜んで引き受けさせていただきます。

続きを読む


あなたにもできる!Tableau地理データ分析の始め方

この記事は 『CRESCO Advent Calendar 2018』 17日目の記事です。

こんにちは。データアナリティクスチームの【もりし】です。
Tableauでのデータ活用案件を担当しつつ、社内でもBI(データ可視化)を広めようと頑張っています。

最近はクレスコ社内でTableau体験会を開いているのですが、興味を持ってくれる人が少しずつ増えてきてくれています。
体験会ではじめてTableauを触る人に一番人気のテーマが「地理情報の可視化」です。やはり簡単に地図にデータがプロットできると気持ちいいものです。

本記事ではTableauで地理情報を活用する流れをまとめています。
30分~1時間ほどで試せますので、ぜひ一緒に手を動かしてみてください。

続きを読む


JenkinsからUiPathを動かしてみた

この記事は 『CRESCO Advent Calendar 2018』 16日目の記事です。

元エンベデッドシステム開発エンジニアのいとけんです。
エンベデッドシステム開発の現場では、Windowsネイティブアプリを使って解析したりテストしたりすることが多いので、CIツールとRPAツールを連携して自動化してみました。

Windowsネイティブアプリを動かしたいので、環境はWindows OSが前提です。
CIツールはJenkinsを、RPAツールはUiPathを使っています。UiPathを使った理由は…察してください。。。
環境:
Windows 10 Enterprise
Windows版Jenkins
UiPath community edition

で、ふつうに(インストーラに従って)インストールして、JenkinsのJob作って動かしてみたところ、

メッセージを受信できる net.pipe://localhost/UiPath/service/duplex/agent/SYSTEM でリッスンしているエンドポイントがありませんでした。これは一般に、アドレスまたは SOAP アクションが正しくない場合に発生します。詳細については、InnerException を参照してください (ある場合)。

と言われててしまい、うまく UiPath Robot が起動しません。それを回避する方法をまとめました。

続きを読む


【Tableau】日付関数を使った2つの計算方法を作ってみた【DATEDIFF/DATENAME】

この記事は 『CRESCO Advent Calendar 2018』 15日目の記事です。
システムズエンジニアリングセンターの垣屋です。

今回は日付関数を使用した2つの計算方法についてご紹介します。

  1. 前年同月の売上増減率の算出
  2. 1、2、3週間単位のサイクルで日付をスライドする

レポートやグラフを作成するにあたり、日付を使用した計算フィールドを作成する頻度は高いと思います。
日付のディメンションは軸やフィルタなど、様々な使い方ができる便利なディメンションです。
実際にプロジェクトで私が作った計算の考え方を使用し実装しています。

続きを読む


最高のチームって たのC 超えて たのD!気持ちE 超えて 気持ちF!

この記事は 『CRESCO Advent Calendar 2018』 14日目の記事です。

こんにちは、Shiinaです

ヤバTの「かわE」が頭から離れなくてタイトルにまで溢れてしまった!!
そんなこんなで今日はこの曲の良さを語ろうかと思ったんですが、
弊社のアドベントカレンダーは技術的なことに限るので、
今回は最高のチームについて書こうと思います♪

続きを読む


マイコンボードで、こんなん作ってみた

この記事は 『CRESCO Advent Calendar 2018』13日目の記事です。

こんにちは、NKC菊地です。

自分の名刺を見ると、長岡開発センターの住所です!!
へーっ!俺って、長岡から品川へ転勤しているみたいです!?

実際は、東京都・品川の港南センターで、業務しています。
職場は、緑色した電子基板が、クリスマスツリーの様にキラキラ輝くフロアです。

電子基板と言えば、IoTブームに乗り、マイコンボードがいろいろと増えてきましたね。

わたくし、ご存知の人もいるかと思いますが、マイコンボートマニアです。
Rasberry Piなら、10枚くらい持ってるし、その他にも、数十種類。ICEも個人持ちです。

個人的に考えるイチオシのマイコンボード「IchigoJam(イチゴジャム)」を、ご紹介します。

続きを読む


「アフォーダンス」と「シグニファイア」をおさらいしてみる

こんにちは。UXデザインセンター金井です。

この記事は 『CRESCO Advent Calendar 2018』12日目の記事です。

デザインの世界ではもはやバイブルとされているD・ノーマンの『誰のためのデザイン? —認知科学者のデザイン原論』を読み返しています。

この本には、「アフォーダンス」や「シグニファイア」という言葉が出てくるのですが、なかなか理解が難しく、自分でもあやふやな所もあったので、再度調べなおしてみました。

続きを読む