UiPath Process Mining使ってみた

この記事は『CRESCO Advent Calendar 2020』16日目の記事です。
こんにちは、システムズエンジニアリングセンターの横田です。
今回はプロセスマイニングのツール紹介をしたいと思います。
今回紹介するツールは、UiPathから提供されているUiPath Process Miningです!!

主な機能

UiPath Process Miningの主な機能としては以下の4つの機能があります。

続きを読む

PowerShellをもっとメジャーな存在にしたい

この記事は、『CRESCO Advent Calendar 2020』15日目の記事です。

皆さん、初めまして。システムズエンジニアリングセンターのさつです。
本ブログには初投稿となります。どうぞよろしくお願いいたします。

私は入社2年目のSEとして、プロジェクト内部向けの業務自動化ツールの開発などを主にやってきました。
そのツール開発の中でWindows PowerShellと出会い、その良さを実感しました。

しかし、個人的には、PowerShellはまだまだマイナーな存在、という印象があります。
私のプロジェクトでもそれほど使われている気配がないし、なんとなく「どうしてもPowerShellじゃないとダメな時だけ仕方なく使う」ものという印象があります。

そこで今回は、私の考えるPowerShellの良さを紹介し、PowerShellをもっとメジャーな存在にしたいと思い、本ブログ記事を書くことにしました。

続きを読む

UiPath Appsのアプリに機能を追加してみた

この記事は『CRESCO Advent Calendar 2020』 14日目の記事です。

皆さんこんにちは!
ビジネスプラットフォームテクノロジーセンター(BPTC)のもっちーです。

クレスコエンジニアブログでは毎年アドベントカレンダーをやっていますが、私自身はアドベントカレンダーの記事執筆は初めてです。
他の方のように、有益な情報を読者の皆さんに届けられるようにがんばります。

さて、今回私が紹介するのは、先月に書いたUiPath Appsに関する記事の引き続きとなります。
まだ先月の記事を読んでいない方は、先月の記事から読んでもらえると、より今回の記事を理解しやすいと思います。

続きを読む

Python初心者でも”スクレイピング”で楽をしたい!

この記事は『CRESCO Advent Calendar 2020』 13日目の記事です。

はじめまして!
まりもです。

クレスコエンジニアブログ初投稿です!(皆様お手柔らかに…)
先に言い訳を並べますが、私は文学部を卒業し、現在営業職に就いています。
間違いなく他のブロガーの皆様よりもITには疎めなタイプの人間です…。

そんな私でも“楽をしたい!”の思いを胸に今回プログラミングにチャレンジしてみました!


私は情報収集のために定期的に色々なサイトをチェックしているのですが、
「複数のサイトを一通り確認したものの何も更新がなかった」
という日がちょこちょこあったりします。(激萎え)

そこで今回は、pythonを使って
サイトの更新有無を確認するソースを書いてみようと思います。
(ゆくゆくは更新情報をメール通知するツールを作りたい…!)

続きを読む

AWS X-Ray で診る – Lambda での X-Ray の活用 –

(この記事は「CRESCO Advent Calendar 2020」12日目の記事です。)

どうも、ちゃんかわです。

今年のアドベントカレンダーでは、AWS X-Ray の紹介をします。
実際にアプリケーションを動かしながら、X-Ray の活用方法を見ていきたいと思います。

AWS X-Ray とは

AWS X-Ray は、アプリケーション(以下アプリ)の分析やデバックを行うことができる AWS のサービスです。特徴は、アプリ全体の動きをトレースすることができる点で、ユーザのリクエストに対してエンドツーエンドでの分析が可能です。

似たようなサービスに Amazon CloudWatch があります。CloudWatch は各 AWS サービスのログの管理やリソースのメトリクス監視を通じて、アプリの動きを個々の単位で見ることができます。

一方で X-Ray は、アプリをサービスマップと呼ばれるグラフから全体のパフォーマンスを捉えることができ、各リソースのレイテンシーの検出や障害の発生率の特定など、アプリを 「診る」 ことができます。

続きを読む

データサイエンス100本ノックをやろう(WindowsにDocker Desktop入れよう)

(この記事は「CRESCO Advent Calendar 2020」11日目の記事です。)

こんにちは、データテクノロジーセンターのn-satoです。

Pythonでデータ加工なんとなくやっているけどがっつりPandasとか駆使するってのはできない。そんなところに紹介?されたのが「データサイエンス100本ノック(構造化データ加工編)」。
実際にやってみたらとても歯ごたえある内容で、素晴らしい教材だと感じました。

本記事は私がデータサイエンス100本ノック(構造化データ加工編)の学習環境をDocker Desktopを用いて構築した経緯を記事にしたいと思います。

続きを読む

UXデザインとユーザー調査

この記事は『CRESCO Advent Calendar 2020』10日目の記事です。

こんにちは。EXDCのabです。久しぶりの投稿となりました。
今回は、業務ではあまり触れる機会がないユーザー調査について調べてみました。
ほぼ初心者の私が調べたものなので、基本的な事が知りたい方に向けた記事になります。
(間違いなどありましたらご指摘いただけると助かります…!)

ユーザー調査とは

ユーザー調査とは、ユーザーを理解するためのアプローチになります。
UXデザインにおいては、単にユーザーの「声」だけを聞くのではなく、そこからユーザーの「体験」も分析することで、ユーザー自身が気づいていない本質的なニーズについても把握することが必要になってきます。

その手法はたくさんあるのですが、何をどうやって選べばよいのでしょう・・?
例えば、「現在、提供している製品やサービスに関する満足度を知りたい」場合には、アンケートを使った満足度調査やアクセスログを解析することでユーザーにとって顕在的な満足度を理解することが可能です。

しかし、「新しい製品やサービスを開発するためのヒントを得たい」場合には、上記と同じ調査をどれだけ行っても、得たい情報は得られないですよね。。

まずはユーザー調査にはどのような種類があるのか調べてみました。

続きを読む

アジャイルにおけるチーム活動の重要性

この記事は『CRESCO Advent Calendar 2020』 9日目の記事です。

こんにちは。ディベロップメントテクノロジーセンターのつるだです。
アジャイル開発のプロジェクトにて、スクラムマスターとして複数チームを担当しています。
社内ではアジャイル推進として活動しています。
前回は、ウォーターフォールとアジャイルの違いについて考察し、開発の工程、体制の違いについても触れました。
今回はアジャイルにおけるチーム活動の重要性について考えてみます。

続きを読む

TableauのTrellis ChartでN x Mの格子を作りたい!

この記事は 『CRESCO Advent Calendar 2020』8日目の記事です。

みなさんこんにちは。データテクノロジーセンターの飯村北海です。

今年度から正式にデータ分析に関する専門の部門ができました。
[PR]Tableauなどを活用したBI導入サービス[PR]データ分析に関するセミナーなどのサービスを提供しています。

今日のテーマはBIツールであるTableauの Trellis Chart (格子チャート)です。

大抵の記事はN列 x N行の正方形タイプを説明していますが、N列 x M行の長方形タイプについて説明されたものが見つからなかったのでこちらで説明したいと思います。

続きを読む

問合せ対応業務の自動化ジャーニー ~vol1. 概要編~

この記事は『CRESCO Advent Calendar 2020』  7日目の記事です。

こんにちは!クレスコ吉田です。

AI、RPA、プロセスマイニングなどデジタル技術を活用した業務改善、業務効率化領域を担当しています。2020年7月にUiPathの技術書「基礎がよくわかる!ゼロからのRPA UiPath超実践テクニック」を執筆、出版しました。よろしければご覧下さい!

本日はカスタマーサポート、ないしは社内の問合せ対応における一連のプロセスを自動化する仕組みについて考えてみたいと思います。

コロナ禍において、私の周りでもリモートでの問合せ対応が増えてきており、それなりに人と時間をかけて対応をしています。それでも回答までに要する時間が伸びてきているので、プロセスを簡素化しつつ、ボトルネックになりうる作業を自動化し、かつ今後ナレッジ活用を進める基盤を作れないかと考えたのがきっかけです。

続きを読む