• 活用・効果

    APIエコノミーの価値を考える

    APIエコノミーのサムネイル

     「API経済圏(APIエコノミー)」というキーワードがあります。  ICTサービスを利用する立場の方は、APIというキーワードをご存じないでしょう。逆に、ICTサービスを提供する立場の方であれば、APIには詳しくても、APIと経済圏(エコノミー)との繋がりにピンと来ないかもしれません。  そこで、APIの特徴を踏まえて「経済圏」と呼ばれている理由を確認し、さらに、攻めのIT経営におけるAPI経済圏(APIエコノミー)の価値を考えていきたいと思います。 はじめに  東京ガス様の施設において、来場者の動きをIoT 機器により収集し、データアナリティクスにより分析して可視化する実証実験をしています…

    続きを読む
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 活用・効果

    IoTのビジネス効果( 2 of 2 )

    普段人が立ち入らない場所にこそセンサーを設置して監視すると効果がある

    〜 IoTのビジネス効果( 1 of 2 )からの、つづき 〜 地味な世界でのIoTの価値 最も投資対効果が高いのは土木系の社会インフラでの活用  IoTの利活用で高い効果を期待できるのは、土木系の社会インフラである橋梁やトンネルの保全です。  工場という閉じられた空間では、ITの導入による効率化を進めることができました。  しかし、道路や水道のような屋外に建設される長大な土木系の社会インフラでは、なかなかITの導入が進みませんでした。土木系インフラの保全に役立つ技術はあっても、あまりに対象範囲が広すぎることと、ライフサイクルが非常に長い(製造設備の耐用年数がおおよそ5年〜10年程度なのに対し…

    続きを読む
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 活用・効果

    IoTとヘルスケア

    現在は普段の活動を計測するために腕に装着するタイプが最適

    少子恒例化に伴う医療費財源問題 日本の少子高齢化は世界に類をみないスピードで進展し、医療費は年間40兆円を超え、毎年1兆円ずつ増加しています。 今や日本の医療費、国民皆保険制度は待ったなしの危険な状況にあるといえます。 お金を稼ぐ現役世代より年金暮らしの老齢世代の人口が上回っているので、いくら医療費削減と政府が掛け声をかけてもそう簡単に解決する問題とも思えません。 いよいよ5割負担の時代がくるのか では、いよいよ健康保険の本人負担は4割5割へ引き上げられてしまうのでしょうか。確かに戦前は5割負担の時代もあったようですが、消費税を5%から8%にあげるだけでもあれだけ大騒ぎになったくらいですから医…

    続きを読む
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 活用・効果

    IoTのビジネス効果( 1 of 2 )

    IoTでデータはクラウドに集められる

    はじめに  2015年はIoT元年といわれていますが、IoTを怪しげなバズワードとして見る懐疑的な方も多いのではないでしょうか。  2015年頃までのIoTの事例は、O2O(Online to Offline)マーケティングにおけるスマホへのクーポン配信のような販売促進、或いはディズニーワールドのMagicBandのようなエンターテインメントでの活用事例が目立っていました。そのため、生産や流通、販売などの実業の現場におけるIoTの費用対効果が分かりづらい、或いは自分達には関係無いと思う方が多かったと思います。  また、「IoTはモノのインターネットである」という説明に納得感が無いことも、一過性…

    続きを読む
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 活用・効果

    IoTでオムニチャネルがさらに加速!次の戦略は?

    出勤前のスキマ時間にスマートフォンで商品を注文することができる時代になった

    セブンアンドアイのオムニセブンは世界初!? オムニセブンを知っていますか?セブンイレブンやイトーヨーカドーで有名なセブン&アイ・ホールディングス(以下 7&i )のリアル店舗とネット店舗を統合するオムニチャネル戦略が注目されています。TVや新聞、インターネット等でニュースに上がっていたこともあり記憶に新しいでしょう。

    続きを読む
    • このエントリーをはてなブックマークに追加