KEYAKIの利用シーン

KEYAKIの利用シーン

センサーやビーコン、マイクロサーバー等を利用することで業務の効率化が期待できます。

 

センサーは温度や照度といった各種データを計測することができます。センサーを使ったシステムで異常状態をモニターすることで人員による監視から機械による監視置き換えが可能となります。

 

ビーコンはBluetooth Low Energy(BLE)を使った近距離無線機器で、数センチから数十メートルの範囲に電波を発信します。ビーコンを使えば、GPSでは困難であった屋内での位置情報の取得や、ビーコンの設置場所に関連した情報の提示などが可能になります。

 

各種センサーのゲートウェイとして、ビーコンの受信機としてマイクロサーバーを設置し、マイクロサーバーからKEYAKIにデータを送信することでデータ分析等が可能になります。

 

センサーやビーコン、マイクロサーバー等とスマートフォンのアプリを組み合わせることで、O2Oマーケティングや業務効率化など様々な用途にご利用いただけます。

動線分析

店舗内の各エリアにビーコンを設置し、KEYAKIの外部API連携機能を使って 分析サービスと接続すれば、Webサイトの動線分析のように実店舗の動線分析が可能になります。

動線分析

CRM連携

CRMやリコメンドエンジンと組み合わせれば、 来店したタイミングで顧客に合わせたおすすめ情報を配信したりなど、 適切なタイミングで適切な情報を届けることができます。

CRM連携

ビーコンを利用したサイネージ

顧客の言語や好み、行動予定といった属性情報をもとに提供するコンテンツを場所や時間によって切り替えて出すことができます。

ビーコンを利用したサイネージ

RedShiftを利用した分析

IoTノードから収集したデータをAmazon RedShift等のサービスを使って分析できます。

実店舗での顧客の動きを可視化することで、売上・業務の改善につながります。

RedShiftを利用した分析

本サービスに関するご質問・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

03-5769-8080

お電話でもお気軽にお問い合わせください

月〜金(土日祝を除く)9:00〜17:00