1. トップページ
  2. IR情報
  3. 経営情報
  4. グループの概況・戦略[29期 中間]

グループの概況・戦略 [29期 中間]

 

■ 事業環境

当中間期の経営環境は、熊本地震やイギリスのEU離脱問題にはじまり、消費の低迷や円高、マイナス金利など、国内の懸念事項が相次ぎ、先行きの不透明感から、企業の投資が慎重姿勢に転じるなど、経営環境は、踊り場となりました。このような経営環境の中、企業の戦略的なIT投資の勢いは、競争力に直結するイノベーションを志向する「デジタル変革」の潮流が後押しする形となりました。IT投資の領域では、第3のプラットフォーム(クラウド、モビリティ、ビッグデータ、ソーシャル技術)、AI(人工知能)、ロボティクス、IoT、セキュリティへの関心が高まっております。特に、クラウドとモビリティに関する領域は、パブリッククラウドやモバイル端末(スマートフォンやタブレットPCなど)の普及を背景に、導入する企業が増えております。

■ グループ戦略

当社企業グループといたしましては、5ヶ年の新ビジョン『CRESCO Ambition 2020」』のもと、当中間期は、受注量の維持・拡大及び市場の変化に即したサービスの開発、先端技術の取込みに的確かつスピーディに対応すべく、開発体制の強化(人材の確保、育成等)、品質管理、グループ間連携に注力するともに、先端技術の研究(特に、AI、ロボティクス、IoT)、新規事業の創出、各種サービス・ソ リューションの拡販等に努めてまいりました。当中間期のトピックスは、以下のとおりです。

2016年4月 今後の事業展開及び事業の効率性向上を見据えた大幅な組織再編を実施  313KB
2016年4月 子会社「クレスコ・イー・ソリューション」と「エス・アイ・サービス」を統合 [詳細]
2016年6月 コーポレートガバナンスの強化と経営幹部の育成等を目的とした執行役員制度の導入  140KB
2016年9月 旅行業向けシステムを強みとする「(株)エヌシステム」を子会社化  226KB
2016年9月 品川本社の増床、全面リニューアルを実施  395KB

■ 事業概況

当中間期の連結業績は、企業の戦略的なIT投資の勢いが、競争力に直結するイノベーションを志向する「デジタル変革」の潮流が後押しする形となり、売上高147億40百万円(前同期138億19百万円)、営業利益11億31百万円(前同期12億8百万円)、経常利益12億84百万円(前同期14億10百万円)、親会社株主に帰属する四半期純利益は8億67百万円(前同期10億17百万円)と増収減益となりました。

当中間期業績
[単位:百万円未満切捨] 売上高 営業利益
クレスコ9,749869
クレスコ・イー・ソリューション   [※1]83647
クレスコ ワイヤレス 57▲ 26
アイオス 2,250117
クレスコ九州 2149
クレスコ北陸 32215
科礼斯軟件(上海)9▲ 3
シースリー 59265
クリエイティブジャパン 1,00993
メディア・マジック 173▲ 4
エヌシステム   [※2]45▲ 6
連結(連結消去後)14,7401,131



当社企業グループ各社が長年培ってまいりました営業力と経験を活かし、お客様の環境変化をいち早くとらえ、お客様のビジネスチャンスを支援する新規性と利便性を備えたサービスを開発するとともに、当社企業グループの協業や他社とのアライアンスを含めた事業を展開してまいります。


[※1] 2016年4月1日付で「クレスコ・イー・ソリューション」は「エス・アイ・サービス」を統合
[※2] 2016年9月1日付で「(株)エヌシステム」を子会社化

 

ページの先頭へ戻る