ホーム  > サービス&ソリューション > AIシステム開発

AIシステム開発AI

IBM Watson アプリケーション開発

初期エコシステムパートナーに選定

2015年10月より正式にパートナー募集を開始したIBM Watson エコシステムプログラムに先立ち、クレスコは2015年7月30日、初期エコシステムパートナーに選定されました。

お客様の立場に立った開発支援

クレスコが開発支援を行ったIBM Watson利用システムが、2016年4月1日にサービスインいたしました。Watson学習をお客様ご自身でも実施したいというご要望を踏まえ、お客様側の立場でプロジェクトに参画。お客様へWatson利用レクチャーの実施、手順書作成、ナレッジ共有を行ない、ご満足いただきました。

豊富なWatson API 利用ノウハウ

クレスコではWatson関連技術の習得、活用に積極的な取り組みをしています。 第2回 IBM Watson 日本語版ハッカソンでは、参加45チームの中から決勝進出5チームに選ばれ、アイディア賞を受賞しました。

IBM Watson

クレスコは IBM Watson のエコシステムパートナーです。

AIシステム開発実績

株式会社ザイマックス様事例「店舗担当者様のお問合せ効率化」

不動産総合マネジメント会社の株式会社ザイマックス様が多店舗事業者様より受託している建物管理業務において、お問合せ時の店舗担当者様の負担軽減を目的として導入したAIとLINEを組み合わせたシステムの開発をご支援いたしました。

課題

  • 店舗担当者様の負担軽減を行いたい
  • 故障状況の正確な把握を行いたい
  • 修理箇所、緊急度の把握とスピーディな対応を行いたい

AIとLINEを組み合わせたシステムを開発

LINEでの問合せを採用
使いなれたLINE画面上のボタンを操作することで簡単に問合せが完了

自動応答機能にAIを採用
写真やコメント文章などをAIが分析し、修理箇所や緊急度合いなどを判定

AIとLINEを組み合わせたシステムの構成

AI産学連携共同実験

機械学習を用いた仮想エージェントに関する共同研究

現在のコールセンターは、カスタマーとオペレーターが以下のような課題を抱えている。

カスタマーの課題、コールセンターの課題
既存の解決策

ルールベースのエージェントによる自動応答

ルールベースの課題
  • 一度作成したルールのメンテナンスが困難
  • ルールで対応しきれず、不自然な回答が行われることも
ルールベースの課題を解決すべくチャレンジ!!
機械学習を用いた仮想エージェント

共同研究の計画概要

STEPと研究対象

研究対象「オペレーター補助」「自動応答」

STEP1

オペレーター補助

  • データの整理
  • モデルの学習
  • 評価

STEP2

自動応答

STEP1の成果をもとにSTEP2へ進む

大学との連携

クレスコでは機械学習を得意とする大学と連携し、大学との予備研究・予備実験の成果を共同研究に活かす取り組みを行っています。