クレスコのオーダー研修RPAハンズオンクレスコのオーダー研修RPAハンズオン

お問い合わせ

クレスコのオーダー研修が
選ばれる理由

INTRODUCTION

アイコン

RPA導入支援経験豊富な
クレスコだから

現場で使える
実践的な内容

アイコン

UiPathトレーニング
アソシエイトだから

質が高く充実した
プログラム

アイコン

貴社ニーズに応える
オーダー研修だから

内容・開催場所を
指定できる

※同じ習熟度で人数が揃わない場合など、他社との合同開催も可能

アイコン

コンサルから開発まで
ワンストップのクレスコだから

研修後、実務の
サポート可能

参加者の声

VOICES

  • どれもがこれから使えそうなものでした。どれもがこれから使えそうなものでした。
  • 具体例を挙げながら説明して頂けたので、すんなりと頭に入ってきました。具体例を挙げながら説明して頂けたので、すんなりと頭に入ってきました。
  • 普段UiPathに精通している方のお話を聞く機会がないため非常に勉強になりました。普段UiPathに精通している方のお話を聞く機会がないため非常に勉強になりました。
  • こんなこともできるのではないか?ということが広がりました。こんなこともできるのではないか?ということが広がりました。

研修終了後のアンケートで
満足度をお聞きしたところ
100点満点中、平均が88.7点と
高い評価を頂いています。

満足度 88.7点/100点
  • 全体的に、知りたいことについてのお話が聞けて良かったです。全体的に、知りたいことについてのお話が聞けて良かったです。
  • 頻出パターンについてまとまっている資料がとても良いと感じました。頻出パターンについてまとまっている資料がとても良いと感じました。
  • 実際に動かしながらの講習だったのでとても分かりやすかったです。実際に動かしながらの講習だったのでとても分かりやすかったです。
  • あまり深く考えていなかった点に気付けました。あまり深く考えていなかった点に気付けました。

オーダー研修ラインナップ

LINE UP

タイトル 難易度 対象者 前提知識の目安 内容 詳細

UiPath公式

速習プログラム・入門

  • ・IT技術者でない方
  • ・IT技術者で、業務フローの作成方法を知りたい方
  • ・事務的な業務でWord/Excelなどが使える方
  • ・プログラミング経験不問
  • ・RPA概要
  • ・業務改善手法の学習
  • ・業務フローの作成方法
  • ・Uipath Studioの基礎技術(ハンズオン)

詳細

UiPath公式

速習プログラム・実践

☆☆
  • ・IT技術者でない方
  • ・IT技術者で業務プロセス定義書の作成方法を知りたい方
  • ・速習プログラム・入門の修了者または、相応のUiPath操作経験がある方
  • ・業務プロセス定義書の作成
  • ・メンテナンス性の高いワークフロー構成
  • ・Uipath Studioハンズオン
    (経費登録業務のRPA化)

詳細

クレスコオリジナルテキスト

UiPath開発ハンズオントレーニング・基礎

☆☆☆ IT技術者 または速習プログラムを受講された方
  • ・速習プログラムの内容を理解している方
  • ・Excelマクロ、Accessその他プログラミング経験者
  • ・レコーディングによる自動化演習
  • ・Excel自動化演習
  • ・アクティビティ攻略トレーニング
  • ・UiPath Selector 重点攻略トレーニング

詳細

クレスコオリジナルテキスト

UiPath開発ハンズオントレーニング・応用

☆☆☆☆ IT技術者 または速習プログラムを受講された方 UiPathでおおむね三カ月以上の開発経験がある方
  • ・データ操作、レコーディング機能
  • ・アクティビティ・セレクタ使いこなし術
  • ・エラー制御・リトライ処理
  • ・処理速度チューニング
  • ・意図しない動作の解決方法

詳細

活用事例 1非IT部門での内製化

経理部門で、RPA導入を進めたい。
外注ではなく、できる限り経理部の社員に内製化でRPAを開発してもらいたい。
ただし、経理部社員はIT技術者ではなく、一般的な経理業務を担当しているため、ツールの使い方に終始せず業務の改善方法まで学べる研修を探している。

  • (1)「速習プログラム・入門 ☆」を受講し、業務フロー作成や、分岐処理や反復処理、例外処理を学び、簡単なロボットの作り方を学ぶ。
  •  ↓
  • (2)受講後、経理業務の業務フローを作成し、UiPath Studioで試しに自動化してみると、分からない点がいろいろ出てきた。
  •  ↓
  • (3)「速習プログラム・実践 ☆☆」を受講し、業務プロセス定義書の作成方法、例外処理、それらを踏まえたロボットの作成方法について学ぶ。
  •  ↓
  • (4)受講後、入門編受講時にはわからなかったことが、できるようになった!

活用事例 2IT部門での大規模開発体制構築

6カ月前からRPAの全社展開を進めており、自動化が簡単な業務は現場部門でロボットを構築している。
自動化難易度の高いロボット構築はIT部門の技術者10名体制で取り組んでいて、全員ITスキルはあり、UiPath Academy Foundation Training(無償のEラーニング基礎編)を修了しているが、動作が安定しなかったり、品質が良くないロボットもある。これから開発するロボットには、難易度が高いものや、異常終了が発生すると業務影響の大きい業務が多いため、IT技術者に相応のスキルを習得させるための研修を選定したいと考えている。

  • (1)「UiPath開発ハンズオントレーニング・基礎 ☆☆☆」を受講し、スタンダードな業務自動化手法を理解する。
  •  ↓
  • (2)受講後、難易度が比較的低い業務の自動化を数件担当し、開発力を養う。
  •  ↓
  • (3)「UiPath開発ハンズオントレーニング・応用 ☆☆☆☆」を受講し、体系的な知識を学び、効率的で安定するロボットの作成手法を理解する。
  •  ↓
  • (4)受講後、開発難易度が高い業務の自動化を担当できるようになった!

速習プログラム・入門

セミナー主旨

「業務フローを書いて、業務を整理できるようになりたい」
「業務自動化の進め方を知りたい」

RPAツールの操作方法だけではなく、RPA化業務にどう取り組むかを初歩から学びたい方にお勧めします。

日常生活においても、人は無意識のうちに様々なことを判断しながら生活しています。
本プログラムでは「買い物」という行動をフローチャートに整理することで、分岐処理や反復処理、例外処理を学んでいきます。IT技術者でなくても理解できる内容になっているのが特徴です。

後半では、UiPath StudioというRPAツールを実際に操作いただきながら経理業務の自動化を体験していただけます。

受講対象となる方

  • RPAによる業務改善の手法を学びたい方
  • RPAに向く業務を理解したい方
  • UiPath Studioの基礎的な機能を学びたい方
  • ※IT技術者以外の方も無理なくご参加いただけます。

前提知識

  • 事務的な業務でWord/Excelなどが使える方

受講で得られること

  • 業務改善手法の基礎を理解できる
  • RPA化対象業務プロセス選定の方法が分かる
  • UiPath Studioの機能を把握できる
  • 制御構造を含む簡単な開発ができるようになる
セミナー主旨

プログラム|1日目

はじめに
  • 学習概要・学習目標
1.RPA概要
  • RPA・UiPathの概要
  • RPA化対象業務 ・開発までの流れ
2.業務改善手法
  • ITツール導入 (RPA導入) の課題
  • RPA導入の利点、注意点
  • 業務フロー図の基礎
  • 業務可視化方法
【実習】
  • 業務フロー図の作成 [アナログ]
    付箋と模造紙を使用し、業務の棚卸作業
  • 業務フロー図の作成 [デジタル]
    フローチャートを使用し、ワークフロー作成
3.RPA化業務プロセスの確定方法
  • RPA化対象業務の選定方法
  • RPA化対象業務の難易度比較方法
  • 業務プロセスのワークフロー化
4.UiPath Studio紹介
  • UiPath Studioの基本操作

プログラム|2日目

5.制御構造の基礎
  • 制御構造の基礎 ・ワークフロー上の制御方法
6.ワークフローの変更 (1)
  • ワークフローの変更方法を理解(1)
7.ワークフローの変更 (2)
  • ワークフローの変更方法を理解(2)
  • Excelファイルと他アプリケーションの自動化
  • 繰り返し処理
  • 変数
  • .NET関数
  • Excelファイルの保存方法
8.セレクターとは
  • セレクターの概要 ・UI要素の理解
【演習1】 レコーディング機能
  • レコーディング機能 (ウェブ) を使用した演習
  • [自習] Foundation (基礎) トレーニング
  • ウェブサイトから値を取得するワークフローを作成
  • 手動レコーディングについて
【演習2】 レコーディング機能
  • エラー対応の方法
参考:レコーディングのまとめ
  • レコーディング機能 のまとめ
  • デスクトップとベーシック比較
  • レコーディング可と不可の操作
9.データスクレイピング機能
10.デバッグ実行の方法
11.ロボットによる実行
12.主要なアクティビティの紹介
13.学習リソースガイド

速習プログラム・実践

セミナー主旨

「作成した業務フロー図から、どういう作りのロボットにするべきか学びたい」
「効果的で安定したロボットの作り方を知りたい」

RPAツールの操作方法だけではなく、ロボット作成の実務を学びたい方にお勧めします。

業務プロセス定義書を作成することで、業務のうちRPA化する対象範囲の決定方法や、例外処理の整理の仕方を学んでいきます。入門編よりも多くの時間をUiPath Studioでのハンズオンの時間に充て、演習を進めながらUiPathでの業務自動化の手順をご理解いただけます。

「速習プログラム入門編」受講後、本プログラムをご受講いただくことで、RPA化対象の業務を業務フローに整理し、業務プロセス定義書を作成できるようになり、それをUiPathでロボットに落とし込むところまでを理解することができます。

※業務フローに慣れた方、UiPathの簡単な使い方はご存知の方は、実践編からご受講いただくこともお勧めしております。

受講対象となる方

  • 業務プロセス定義書の記載方法を学びたい方
  • 部門間のコミュニケーションを円滑にしたいビジネス部門および開発部門の方
  • 開発標準作成のヒントを得たい情報システム部門の方
  • UiPath Studioを使用した開発手法を学び、Foundation(基礎)トレーニングの終了証取得を目指したい方

前提知識

  • 速習入門の修了者または、相応のUiPath操作経験がある方

受講で得られること

  • 業務プロセス定義書の活用方法を理解
  • メンテナンス性の高いワークフロー構成方法論・開発
セミナー主旨

プログラム|1日目

1 UiPath速習プログラム 入門(復習)
  • RPA開発までの流れ
  • RPA開発までのフェーズにて必要なこと
  • 業務改善手法の基礎
  • 業務フロー図作成のポイント
  • 業務フロー図の作成(アナログ)
【実習】 業務フロー図の作成 (デジタル)
業務プロセス定義書の活用・作成方法
  • 業務プロセス定義書テンプレートの紹介
  • ビジネス例外とアプリケーション例外の違い
【実習】(UiPath経費デモサイト登録)業務プロセス定義書の作成
3 メンテナンス性に優れた 安定的なワークフロー開発方法
  • ワークフロー作成前に骨組みを考える
  • 共通部品の考え方
  • Configファイルの紹介
  • 開発標準書の紹介
  • 最低限用意したい開発仕様書の紹介

プログラム|2日目

【演習】『経費登録業務』プロセスのワークフロー作成
  • Foundation (基礎) トレーニング
    (UiPathWeb経費デモサイト登録)ワークフロー内構成説明
[実習1]初期設定ワークフローの作成方法
  • Configファイルの呼び出し.xamlの呼び出し方法
  • 引数の設定の理解
[実習2}経費明細登録ワークフローの作成
  • [スロー(Throw)]の活用方法
  • [トライキャッチ(Try Catch)]の活用方法
  • [ログメッセージ(Log Message)]の活用方法
【自習】Foundation (基礎) トレーニング
  • 経費登録ワークフローを最初から作成&質疑応答

UiPath開発ハンズオントレーニング・基礎

セミナー主旨

IT技術者でUiPathを利用した業務自動化の手法を効率的に学びたい方、非IT技術者で速習プログラム受講済みの方や、UiPath Academy Foundation Training(Eラーニングの基礎講座)を終えた方にお勧めのプログラムです。UiPath Studioの操作説明もしっかり行いますので、UiPathを触ったことがないIT技術者の方でも安心して受講いただけます。

RPAと相性が良く、候補業務にもよく挙がる「Excel一覧表の繰り返しデータ入力業務」の演習を行い、UiPathにおけるスタンダードな業務自動化をご理解いただけます。

UiPathでは、予め用意された部品(Activity)を組み合わせて業務自動化フローチャートを組み立てていきますが、部品(Activity)の数が多いため、「この処理を自動化したい場合、どの部品を使えばいいのかわからない」というのが初学者が悩む最初の課題です。そこで本プログラムでは開発の第一線で活躍するエンジニアが選んだ重要な部品(Activity)を、ユースケース(使用例)とともにご紹介します。また各部品の推奨プロパティ設定についてもご紹介します。

また安定したロボットを作成するためには、画面上のUI要素を認識するセレクター(Selector)という概念が重要です。ロボットが異常停止する原因の多くは、セレクターに起因します。本プログラムの最後では、安定したセレクターを作成するためのチューニング方法をわかりやすくご紹介します。

受講対象となる方

  • UiPath 公式 速習プログラム修了者
  • プログラミング経験者で、今後UiPathでロボット開発を担当される方

前提知識

  • (推奨)UiPath 公式 速習プログラム受講経験
  • または何らかのプログラム開発経験がある方(例:Excelのマクロ、Access等)

受講で得られること

  • 単純な業務を自動化することができるようになる
  • 自動化したい操作に対応する部品(アクティビティ)と、その使い方の理解
  • UiPathを安定稼働させるためのノウハウが得られる
セミナー主旨

プログラム

1.UiPath基礎トレーニング
  • UiPathの画面構成
  • レコーディングによる自動化
  • ワークフローのカスタマイズ
  • Excel操作の自動化
  • デバッグ実行の方法
  • ロボットによる実行
  • 主要なアクティビティの紹介
  • 学習リソースガイド
2.アクティビティ攻略トレーニング
  • 頻出アクティビティ一覧
  • 各アクティビティを使用したユースケース
  • 推奨プロパティ設定
3.UiPath Selector重点攻略トレーニング
Selectorチューニングをしないと安定しない業務の自動化演習
  • Selectorの考え方
  • SelectorEditorを使ったチューニング方法
  • UiExplorerを使ったチューニング方法
  • その他のチューニング方法
受講者の感想
  • 「セレクターについて深く学べたので自主学習よりも実践的な知見を得る事ができた。短時間で非常に濃密な時間を過ごせました。」
  • 「RPA導入新任者向け研修として最適。今後、当社のRPA開発者向け研修として活用させていただく事を検討します。」
  • 「セレクターのチューニング、UiExplorerの使用方法が、明日からすぐにでも実践できそう。」
  • 「Selectorについて詳しく説明がありわかりやすかった。また、開発に際しての実践的なアドバイスがとても参考になった。」
  • 「ロボのパフォーマンスチューニングは、想像以上に高速になり面白かった。」「セレクター重点攻略トレーニングがとても参考になった。」

UiPath開発ハンズオントレーニング・応用

セミナー主旨

「より効率的、安定的なロボットの作り方を知りたい」
「独学なので専門家の意見を取り入れたい」

UiPathによる業務自動化経験が3カ月以上の方を対象にしたより実践的なトレーニングコースです。
基本的な操作ができることを前提に、より実務的なノウハウを学んでいただきます。

1日目は、UiPathで必要となるMicrosoft .Net Frameworkのデータ型や関数、Excelに関するアクティビティとExcel操作に欠かせないDataTableというデータ型の扱い方、アクティビティのプロパティ設定などを学びます。

2日目は、遅延(Delay)アクティビティを使わないロボット構築方法、例外処理やリトライ制御について、エラー発生時の問題解決アプローチの演習などを学びます。

各章で2,3問の演習をはさみながら、2日間で実践的な内容を学んでいただきます。UiPathでの業務自動化のベストプラクティスを学びたい方は是非ご受講ください。

受講対象となる方

  • UiPath開発ハンズオントレーニング・基礎 修了者
  • UiPathでおよそ3カ月以上開発をされている方

前提知識

  • (必須)UiPathで簡単な業務が自動化できること

受講で得られること

  • 構築難易度の高い業務を自動化することができるようになる
  • UiPathを安定稼働させるためのノウハウが得られる
  • トライアンドエラーの方法を習得できる
セミナー主旨

プログラム|1日目

1.データ操作
  • 変数と型
  • .NET関数(文字列操作、配列操作)
2.レコーディング機能
  • セレクターとオブジェクト認識
  • 完全セレクターと部分セレクター
  • レコーディングの種類と特徴、使い分け
  • レコーディングで注意すべきポイント
  • データスクレイピング
3.Activityの使いこなし術
  • 共通(Common)系プロパティ
  • 入力(Input)系プロパティ
  • 出力(Output)系プロパティ
  • オプション(Option)系プロパティ
4.ExcelとDataTable
  • Excel関連アクティビティ
  • DataTableについて
  • ExcelとDataTable 頻出処理パターン

プログラム|2日目

5.Selectorの使いこなし術
  • セレクター(Selector)とは
  • 基本的なセレクターの操作方法
  • 実践的なセレクターの操作方法
6.エラー制御・リトライ処理
  • エラー制御
  • リトライ処理
7.処理速度チューニング
  • 待機(Delay)を使わないロボット構築
  • 待機(Delay)の代替となるアクティビティ
  • 待機(Delay)が必要なケース
8.意図しない動作の解決方法
  • エラー箇所とエラー原因の調査方法
受講者の感想
  • 「今までの開発を振り返ったときに、迷ったところや分からなかったところがすべて判明した爽快感がありました。もっと早く受けたかったです。」
  • 「Activityのプロパティ設定を今まであまり気にせずに実装してきたので、設定を変えることで動きに違いがあることに目からウロコでした。」
  • 「セレクターやUiExplorerについては、なんとなくで設定してきてしまったので、詳しく解説頂けて良かったです」
  • 「LIST型は値を特定しづらくあまり使用してこなかったが、研修を通じてとても使いやすい型であると感じました。」
  • 「Excel操作は業務上よく使用するので現在開発中の業務に活かせると思います。」
  • 「エラー処理やリトライ処理は難しかったですが、実務で取り入れる必要があるので、しっかり復習して理解したいです。」

開催概要

INFORMATION

日時
応相談
場所
貴社または貴社ご指定の場所など、応相談
主催
株式会社クレスコ
費用
応相談

「どの研修を選ぶべきかで悩んでいる」「詳細が知りたい」「受講希望人数が少ないが、受講方法はあるか?」「カスタマイズを希望しているが、どうしたらよいか?」など、詳しくはお問い合わせください。

セミナールームイメージ

講師プロフィール

SPEAKER PROFILE

写真:吉田将明

吉田将明

株式会社クレスコ 先端技術事業部所属

.NETテクノロジを活用したWindowsクライアントアプリ開発に長く従事し、モバイルアプリ開発、WebAPI開発などを担当する。2017年よりRPAの取組みを開始。導入コンサルティング、マネージメント、提案・営業活動など幅広い業務を担当し、クレスコのRPA関連事業を牽引している。また、テクニカルエバンジェリストとしてエンジニア目線でのRPA記事を多数執筆。研修やセミナー講師、社外コミュニティでの登壇、RPA技術者育成に向けた教育・普及活動など、精力的に活動中。

お問い合わせ

APPLICATION

お申込みについては、こちらのフォームよりお問い合わせください。当社営業より折り返しご連絡させていただきます。

ご提供頂きましたお客様の個人情報は、株式会社クレスコが製品サービスやイベント情報の提供をする目的のみで利用いたします。 お客様のご了承なしに第三者に開示することはいたしません。お客様の個人情報について、厳正な管理下で安全に保管し、適切な取り扱い及び保護に努めます。詳しくは、クレスコプライバシーポリシー をご覧ください。