UiPathの開発環境「StudioXとStudio」使い分けポイント ‐ UiPath Automation Hub導入で何が変わる? UiPathの開発環境「StudioXとStudio」使い分けポイント ‐ UiPath Automation Hub導入で何が変わる?

無料セミナーお申込み

セミナー主旨

INTRODUCTION

セミナー主旨

「かんたん操作のUiPath StudioXってなに?UiPath Studioとの棲み分けは?」
「利用部門でのワークフロー開発が思ったよりうまく行かない……」
「技術サポートに時間を費やし、費用対効果に悪影響」

RPAのワークフロー開発は、ITに精通したエンジニアではなく管理部門に所属する作業者が開発を担うことが多いのが特徴です。RPA導入推進担当者とお話ししていると、利用部門の技術サポートに多くの時間を費やしてしまうという悩みを多く聞きます。

こういった声を背景に、2020年UiPath社より「Uipath StudioX」がリリースされました。StudioXはシンプルでわかりやすいUIが特徴です。カードとアクションを配置することで自動化の開発ができるため、プログラミング経験のない業務部門のユーザーも無理なく取り組めます。一方、エンジニアによる大規模な開発にはこれまで主に使われてきた「UiPath Studio」が適しており、その使い分けが重要です。本講座では、StudioXとStudioの比較を行った上で、「どのように使い分けるべきか」を知ることができます。

講師は、UiPathの技術書「基礎がよくわかる!ゼロからのRPA UiPath超実践テクニック」の著者でUiPath Japan MVP(2020)のRPAチームマネージャ吉田将明と、クレスコのRPA立ち上げ初期から事業戦略の中心を担ってきた海野平和が務めます。

当日は、デモンストレーションも交えながら紹介しますので、活用イメージが広がるかと思います。どうぞお気軽にご参加ください。

セミナー主旨

対象者

FOR WHOM

業務部門によるRPA開発に課題を感じている方、
UiPath StudioXについて知りたい方など

特に、以下のような方々にお勧めいたします!

プログラム

PROGRAM

第1部

UiPath 製品群の紹介

第2部

開発環境としてのStudioとStudioX
  1. 1. StudioとStudioX の比較
  2. 2. デモンストレーション

第3部

Studio と StudioX をどう共存させるか
StudioX導入のポイント
  1. 1. StudioX 導入前に検討すること
  2. 2. Studio と StudioX の使い分けのポイント
  3. 3. 現場主導の開発に必要な統制機能
  4. 4. 導入ユースケース
  5. 5. StudioX をより定着させるために

開催概要

INFORMATION

日時
2021年3月23日(火) 11:00-12:00

【書籍プレゼント企画情報】
3月23日(火) 11:00-12:00は、ご参加いただいた方の中から抽選で10名様に講師吉田が執筆した書籍をプレゼントいたします!(書籍名:「基礎がよくわかる!ゼロからのRPA UiPath超実践テクニック(オーム社)」)
※応募方法・抽選方法はウェビナー当日にご案内いたします。
場所
Zoomウェビナー
※参加方法は、申込後にお送りするメールにてご案内いたします。ご案内メールに記載されたURLで当日までにウェビナー参加登録をお願いいたします。
主催
株式会社クレスコ
費用
無料
ウェブセミナー

受講者の声

VOICES

StudioとStudioXでできることできないことが理解できました。
RPAのスケーリングイメージがわかりやすかったです。
StudioとStudioXの比較表が、良かったです。
StudioXのデモが印象に残りました。
StudioXなら誰でもデキそう!と思いました。
StudioとStudioXではターゲットとなる業務が異なる点が印象に残りました。

講師プロフィール

SPEAKER PROFILE

写真:吉田将明

吉田将明

RPAの導入コンサルティング、マネージメント、提案・営業活動など幅広い業務を担当し、クレスコのRPA関連事業を牽引している。さらに、テクニカルエバンジェリストとして、書籍やRPA記事の執筆、研修・セミナー講師、社外コミュニティでの登壇、RPA技術者育成に向けた教育・普及活動など、精力的に活動中。2017年よりRPAの取組みを開始。
2020年7月、UiPathの技術書「基礎がよくわかる!ゼロからのRPA UiPath超実践テクニック(オーム社)」を執筆・出版。
2020年10月、UiPath Japan MVP 2020に選出。

写真:海野平和

海野平和

2008年より新規事業企画部門で当時の先端技術(RFID、ローコード、Beacon、IoTプラットフォーム、BIツールなど)を用いた事業の立ち上げに携わる。
2018年4月よりRPA関連事業に、立ち上げ後の初期メンバーとして参画。参画後、クレスコRPAの事業規模は10倍以上となっている。
お客様へのRPA導入支援を中心に活動。うまくいかない理由をヒアリングする中で、多くのお客様がつまずく"共通ポイント"を発見。すべてのお客様がRPAを有効活用できるように、セミナー等による情報発信にも注力している。

お申込み

APPLICATION

※受講票をメールでお送りします。入力内容をよくご確認のうえ、お申込みください。

※日中帯ご連絡のつくお電話番号のご記入をお願いいたします。

下記の「お申込み注意事項」をお読みいただき、同意いただける方のみお申込みください。

ご提供頂きましたお客様の個人情報は、株式会社クレスコが製品サービスやイベント情報の提供をする目的のみで利用いたします。 お客様のご了承なしに第三者に開示することはいたしません。お客様の個人情報について、厳正な管理下で安全に保管し、適切な取り扱い及び保護に努めます。詳しくは、クレスコプライバシーポリシー をご覧ください。

お申込み注意事項

プログラム内容の変更

当日のプログラム内容は、上記の内容から変更される可能性があります。

キャンセルポリシー

当日でもキャンセルを受け付けます。

お申込み

お申込みは開催日前日まで承ります。満席になり次第、申込受付を締め切らせていただきますので、お早めにお申込みください。複数名でのお申込みは、ご受講者様おひとりずつご登録ください。株式会社クレスコおよび講師の所属企業と競合すると考えられる製品やサービスをご提供している方からのお申込みについては、主催者の判断に基づき受講をお断りさせていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。

お持ち物

メールにて送付する受講票と名刺1枚をご持参の上、会場受付までお越しください。ウェビナーの場合は不要です。

開催中止

講師の急病、天災、又はその他やむを得ない理由により、開催を中止させていただく場合があります。また、やむを得ず会場が変更になる場合があります。それらの場合、受講日までにメールにて連絡します。会場までの交通費や宿泊費は、受講される方の負担となります。

最少催行人数

セミナー開催の最少催行人数(10名)に達しなかった場合には中止となる可能性があります。

ウェビナー形式での催行

ウェビナーでは、「Zoom」を利用します。参加方法は、申込後にお送りするメールにてご案内いたします。ご案内メールに記載されたURLで当日までにウェビナー参加登録をお願いいたします。「Zoom」のアカウント作成は不要です。スマートフォン・タブレット端末でもご参加いただけます。また、ご受講者様の環境や利用ツールに起因するトラブル等により配信の品質が低下する場合があります。あらかじめご了承ください。

本イベントに関する
ご意見・お問い合わせはこちら

03-5769-8080
月~金(土日祝を除く)10:00~16:00

お問い合わせフォームへ