品質管理QUALITY CONTROL

品質を高める取り組み

クレスコは品質管理を、経営の重要課題に位置付けています。

品質方針

クレスコは、「お客様が感動する価値を創造する」ことを目標に、品質活動を展開しています。

1.鉄板品質の実践と提供

常に品質を第一に考え、 お客様に鉄板品質のサービスを提供します。

2.生産性の徹底的追求

開発技術を磨き、ビジネスプロセスを改善し、生産性を追求します。

お客様の感動を⽬指してサービスを提供します

クレスコでは次の4つの活動を柱に品質活動を推進しています。

1.品質改善活動の組織

全社を統括する「重点プロジェクト評価会議」を設置し、
トップダウンで品質改善活動の意思決定と全社指導を⾏っています。

「重点プロジェクト評価会議」は、品質管理部⾨により毎週開催され、品質改善活動の状況が報告されます。会議では、プロジェクトにおける問題点・課題点に対し、迅速な意思決定が⾏われ、経営層への報告および開発部⾨への指⽰が⾏われています。

2.品質を支える開発標準体系

クレスコの品質を支える柱は「品質保証プロセス体系」です。
品質保証プロセス体系とは、品質管理を効果的に実施するために独自に構築した体系であり、提案からプロジェクトの実施、納品に至るまでの全てをカバーする「開発標準体系」をベースに、局面・局面を確実に実施していくことを目指したものです。
この品質保証プロセス体系を、クレスコではプロジェクト推進のバイブルとしています。

3.メトリクスの活用

品質保証プロセス体系に基づき、5つのアクション(PDCAM)を反復すること、そして局面レビューの確実な実施により、品質の確保に努めています。

5つのアクション(PDCAM)

計画を作る(P) プロジェクトの計画を必ず作る。
進捗・品質の把握(D) 計画に沿って実行し、進捗・品質を把握する。
局面レビュー(C) 局面レビューを行ってから次の工程へ進む。
アクティブマネージメント(A) 管理層とプロジェクトマネジャーは課題・問題点に必ず手を打つ。
メトリクスの活用(M) 判断基準を数値化し、意思決定の可視性を高める。

4.教育・トレーニング

(1)継続的な教育・トレーニングの実施

高い品質を実現するための要員の教育・トレーニングを計画的・継続的に実施しています。品質管理の原理原則の理解と行動様式としての定着に効果を上げています。

(2)知識・知財の活用

知識・知財共有活動を品質改善活動の武器として積極的に利用しています。社内における知識共有を目的に、CET制度(Cresco technical Expert Team)を推進。技術エキスパートの知識を全社で共有しています。
また、ナレッジマネージメント(KM)を品質改善活動に効果的に活用しています。社内に散在するノウハウや知識を「暗黙知から形式知」にして知財として共有し、ナレッジサイクルに乗せています。KMの基盤システムが社内ポータル上で構築されており、品質改善活動においてもそれを積極的に武器として活用し、多大な効果を上げています。

本サービスに関する
ご意見・お問い合わせはこちら

03-5769-8080
月~金(土日祝を除く)9:00~17:00

お問い合わせフォームへ