健康経営宣言

当社では企業理念であるクレスコ憲章において、第一に「クレスコは人間中心、実力本位の会社である」と掲げており、企業活動の中心である社員が心身ともに健康で、自己の実力を最大限に発揮することが、お客様や社会、ひいては当社の成長につながると考えております。

 

この考えのもと、当社では社員が健康で安心して、やりがいを持って働くことができる職場を実現するため、健康保持・増進のための取り組みを進めてまいります。

 

また、当社社員に限らず、社員のご家族、グループ会社や共に働く協力会社の皆様の健康も大切にし、当社の経験やノウハウを関係する皆様と共有いたしながら、社会全体における健康経営の推進に貢献してまいります。

2022年4月1日

株式会社クレスコ
代表取締役 社長執行役員 冨永 宏

 

<クレスコ憲章>

一、クレスコ は人間中心、実力本位の会社である

一、クレスコ は自由、若さ、夢を持つ会社である

一、クレスコ は最高の技術を発揮する会社である

一、クレスコ は皆が経営する会社である

一、クレスコ は世界で生きる会社である

 

「健康経営」とは、健康管理を経営的な観点から企業戦略として実践することであり、社員の活力や生産性のアップ、組織活性化をもたらし、企業価値や業績の向上につながります。

 

社員の心身の健康を維持・増進し、社員一人ひとりが、安心・安全に、やりがいを持って働ける職場を実現するこの取組みは、企業のレピュテーションや人材採用の面でも効果が期待できるものであり、併せて、企業のリスクマネジメントとしても重要です。

 

2023年3月には、4年連続で「健康経営優良法人認定制度」に基づく「健康経営優良法人2023」に認定されました。

健康経営戦略マップ

経営課題と健康課題を結びつけ、課題を解決するための取組みと期待する効果のつながりを把握して、健康経営を推進しています。

健康経営推進体制

健康経営事務局が中心となり、各部門や外部の専門家と連携を図っています。
また、各年度の取り組み結果および次年度の取り組みについては、健康管理最高責任者である社長および取締役会へ報告し、社外取締役を含めた意見交換を通じて改善と向上に努めながら健康経営を推進しています。
併せて健保組合広報誌の自宅送付や、健康増進イベントの周知・推進など、保険者との情報連携を通じてコラボヘルスに取り組んでいます。
 

課題と経年・目標値

課題

指標

2019年度

2020年度

2021年度

2022年度

2023年度

努力目標値

補足事項

実力の発揮

生産性の向上

プレゼンティーズム※

(健康問題による出勤時の生産性低下)

16.1%

12.2%

12.2%

12.8%

10%以下

[測定方法]ストレスチェック時に調査

アブセンティーズム※

(健康問題による欠勤)

1.17%

1.11%

1.37%

1.22%

0.8%以下

[測定方法]各月の休職者数合計/各月の社員数合計

測定人数

1,217人

1,267人

1,306人

1,367人

-

-

健康課題

フィジカル面の

不調予防

睡眠充足率

49.2%

59.8%

57.6%

55.9%

62%以上

-

運動習慣者比率

24.7%

31.0%

31.3%

34.9%

35%以上

-

健全な食生活

(就寝3時間以上前に夕食)

-

-

35.1%

34.5%

40%以上

-

健全な食生活

(朝食を毎日とる)

-

-

52.5%

51.2%

58%以上

-

ワークライフバランス満足度

49.7%

60.9%

61.8%

61.2%

65%以上

-

非喫煙者率

75.5%

78.3%

80.4%

81.5%

83%以上

-

健診有所見者率

-

25.1%

29.8%

29.9%

22%以下

[算出方法]会社独自の判定基準をもとに算出(2021年度までは医療機関の判定に準ずる)

定期健康診断後の精密検査受診率

-

-

-

55.2%(※)

60%以上

※2023/10/1現在

ハイリスク者の保健指導継続率

-

-

-

100%

100%

-

ハイリスク者の治療継続率

-

-

-

93.8%

100%

-

メンタル面の

不調予防

ストレスチェック

受検率

96.2%

96.2%

97.1%

96.9%

97%以上

-

高ストレス者率

17.3%

14.0%

13.5%

15.2%

10%以下

-

測定人数

1,143人

1,185人

1,228人

1,287人

-

-

セルフケアに取り組む社員割合

87.5%

89.4%

88.3%

89.4%

92%以上

-

健康リテラシー向上

リテラシー教育

受講率

-

100%

100%

99.6%

100%

-

受講者満足度

-

97.0%

93.0%

97.5%

100%

-

労働災害

件数

0

0

0

0

0

労災に伴う死亡は発生していません

※各年度3月31日現在

2. 教育について

クレスコでは社員の健康リテラシーを高めることで健康的な行動習慣を確立し、仕事のストレスの対処においても積極的に問題解決をしたり他者からのサポートを求める等、「健康を決める力」になると考え各施策を行っています。

階層別セミナー

・全社員を対象に健康リテラシー教育を実施。
・全管理職を対象にメンタルヘルスラインケア教育を実施。
・新任ライン管理職向けにライン視点での健康管理、健康経営施策を学ぶ研修を実施。
・新任管理職向けに健康管理、健康経営施策、休職や復職する部下のマネジメント留意点を学ぶ研修を実施。
・新卒入社社員を対象に健康管理セミナーを実施。

健康スキルアップ

・ストレッチ、傾聴スキル、産業医講話、保健指導など様々なテーマの動画を公開。
   勤務場所や時間を問わず、好きなときに気軽に視聴が可能。
・保健師による健康に関するコラム配信。
・健康経営、健康関連施策をまとめた「健康管理サイト」を設置。

3. 相談体制について

(1) 産業医・保健師・人事担当者による健康相談・面談

(2) 外部相談機関による健康相談・面談

4. オフィス環境について

(1) 感染症予防として、マスク・薬用石鹸・アルコール消毒液・ペーパータオル・アクリルパーテーションを設置

(2) 血圧計の設置

(3) AED(自動体外式除細動器)の設置

  • AEDボックスを本社フロアの受付向かいに設置しています。緊急の際は、どなたでもお使いいただけます。
  • AEDボックスの扉を開けるとブザーが鳴り、緊急が発生したことを周囲に知らせます。

5. その他、健康増進施策

(1) 定期健康診断の100%受診

(2) 有所見者に対する再検査・精密検査受診促進

(3) ストレスチェックの実施

(4) 健康ポイントの導入

  • ウォーキング等の健康に良い取り組みを実行するとポイントが付与され、特典を得られる制度

(5) 保健師による健康情報の配信

(6) 健康増進手当

  • 「適度な休暇取得」や「非喫煙等の一定の健康増進に寄与する行動」をとる社員に一時金を支給

(7) ウォーキングイベントの実施

  • 体を動かす機会を増やし定着するよう、春と秋の社内恒例行事として実施。個人戦とチーム戦があり、対象期間中8000歩以上歩く日が指定日数を超えるとクリア特典あり

(8) インフルエンザ予防接種の費用補助の実施

(9) 保険による支援

  • 団体3大疾病保障保険
  • GLTD(団体長期障害所得補償保険)

(10) 協力会社の健康経営の取り組み支援

  • 健康経営の施策や事例の情報提供

(11) クロスメディアHR総合研究所「こんな会社で働きたい ウェルビーイングな働き方を実現する健康経営企業編(1,970KB)」掲載

6. 健康経営の取り組みによる効果

離職率は低水準を継続しており、人財の流出防止・モチベーション維持・生産性向上につながっています。