ホーム  > 企業情報 > ダイバーシティ

ダイバーシティDIVERSITY

多様性の受け入れは、個人ひとりひとりが充実した人生を送り、併せて、企業が変化する市場環境や技術構造の中で競争優位性を築くために、不可欠です。多様な人材が組織に平等に参画し、その能力を最大限発揮できる機会の提供は、様々なイノベーションを生み出し、価値創造につながります。個人の「違い」を尊重し、職務に関係のない性別、年齢、国籍等の属性を考慮せず、個人の成果や能力、貢献度に応じた評価を基本としています。

当社の企業理念である「クレスコ憲章」では、「クレスコ は人間中心、実力本位の会社である」とし、本人自身のステータスによらないあらゆる差別を排除しています。「ダイバーシティ」の概念は多岐にわたります。単に人材や職場、組織に多様性が存在するだけではなく、それぞれの違いを受け容れ、持続的に成長する力に変えていくことが大切と考えています。

<クレスコ憲章>

  • 一、クレスコ は人間中心、実力本位の会社である
  • 一、クレスコ は自由、若さ、夢を持つ会社である
  • 一、クレスコ は最高の技術を発揮する会社である
  • 一、クレスコ は皆が経営する会社である
  • 一、クレスコ は世界で生きる会社である

主な取組み

1. 女性の活躍推進

2011年4月~2016年3月の5カ年ビジョン『次世代クレスコ』の中で、「女性が活躍できる職場」をテーマとして、女性の採用や女性が管理職を目指せる仕組み作り、結婚・出産後も継続して働ける職場環境作りに取組みました。

2017年9月には女性の活躍推進に関する当社の取組み状況が優良であると認められ、厚生労働大臣から認定マーク「えるぼし」の最高位の認定を受けました。2020年4月現在、28名の女性が、管理職として活躍しており、2020年6月の株主総会では、初の女性の取締役(社外)が選任されました。

えるぼしロゴ

【取り組みの実績】

4月1日時点 2018年 2019年 2020年
社員の女性比率 21.5% 21.7% 22.9%
女性管理職数 24人 26人 28人

2. 障がいのある方の採用

2008年から障がいのある方の採用を継続的に行っており、2020年4月現在、22名が活躍しています。配属部署のメンバーには事前に、盲導犬協会や職業能力開発センターの方から、障がいの特性、注意を払う点、フォローの仕方などの説明を受け、障がいのある方が働きやすい環境を整えています。

3. 外国籍の方の採用

国籍に関わらず、外国籍の方を継続的に採用しており、2020年4月現在、11名が活躍しています。国内だけでなく、海外にまで採用活動の範囲が広げられるため、必然的に優秀な人材を確保できる機会が増えます。また、異なる価値観や文化を持つ人材がともに仕事をし、多様化が進むことで、これまでの価値観にとらわれない対応、発想や創造が期待できます。

4. 新規卒業者を対象とした「ユニーク採用枠」

次世代に向けた多様な人財を求めて、『これだけは負けない!』という経験や実績がある方の努力・挑戦・情熱には大きな価値があると考え、2013年度の新規卒業者採用からユニーク採用枠を設けています。

受験資格は『他者に負けない個性・能力・思考』をアピールできる方。エントリー部門は「スポーツ部門」「IT部門」「ユニーク部門」があり、ユニーク部門は以下のようなエントリー例があります。

【ユニーク部門のエントリー例】

  • スポーツ以外の部門で全国大会出場経験を持っている。
  • 大学時代に学生団体を一人で立ち上げ、代表を務めている。
  • 暗算、記憶力、速読術、速記術など、これだけは日本で誰にも負けない。
  • クレスコで新たなビジネスモデルを提案できる。
  • 新たにクレスコのCI戦略を考え提案できる。
  • 様々なゲーム大会(全国レベル)で優勝した経験がある。(カードゲーム、けん玉等)
  • 全国レベルのビジネスコンテストに入賞経験がある。
  • 専門資格を取得している。(簿記1級、FP技能士2級以上等)