ホーム  > 企業情報 > 沿革

沿革HISTORY

2017

4月
オフショア開発体制拡充のため、「ベトナム駐在員事務所」を開設
8月
組込み事業の自動車関連業務の営業拠点広域化のため、「名古屋開発センター」を開設
9月
子会社「科礼斯軟件(上海)有限公司」を精算
10月
子会社「株式会社アイオス」が「株式会社アプリケーションズ」の株式を取得し、子会社化(当社の孫会社化)

2016

4月
子会社「クレスコ・イー・ソリューション株式会社」が子会社「株式会社エス・アイ・サービス」を統合
9月
「株式会社エヌシステム」の株式を取得し、子会社化

2015

4月
子会社「ワイヤレステクノロジー株式会社」が子会社「クレスコ・アイディー株式会社」を統合し、「クレスコ ワイヤレス株式会社」に商号を変更
 
「株式会社エス・アイ・サービス」の株式を取得し、子会社化
 
組込み事業の自動車関連業務の拡大のため、「長岡開発センター」を開設
10月
「メディア・マジック株式会社」の株式を取得し、子会社化

2014

1月
子会社「株式会社クレスコ・コミュニケーションズ」の株式譲渡
12月
Java技術を用いたWebシステム開発に強みを持つ「株式会社 エー・アイ・エム スタッフ」に資本参加

2013

3月
関連会社「株式会社アプレッソ」の株式譲渡
4月
「株式会社クリエイティブジャパン」の株式を取得し、子会社化
5月
企業変革の推進と定着のコンサルティング業務を主体とする「株式会社エル・ティー・エス」に資本参加

2012

4月
「ソラン北陸株式会社(現 クレスコ北陸株式会社)」の株式を取得し、子会社化
6月
子会社「科礼斯軟件(上海)有限公司」を設立
12月
「株式会社シースリー」の株式を取得し、子会社化
 
「横浜センター」を「本社」に統合

2011

4月
「高輪センター」を「本社」に統合

2010

4月
「株式会社アイオス」の株式を取得し、子会社化
 
「株式会社インフィニード(現 クレスコ九州株式会社)」の株式を取得し、子会社化

2008

2月
「株式会社グリフィン(後の クレスコ・アイディー株式会社)」の株式を取得し、子会社化

2007

2月
エンベデッドソリューション事業部第4部にてISO9001:2000の認定取得
4月
組込み型ソフトウェア開発事業拡大に伴い、高輪センター(港区高輪)を開設

2006

4月
子会社「株式会社クレスコ・コミュニケーションズ」を設立

2005

6月
組込み型ソフトウェア開発事業拡大のため北品川(東京都品川区)に北品川センターを設置
10月
子会社「ワイヤレステクノロジー株式会社(現 クレスコ ワイヤレス株式会社)」を設立
12月
カーエレクトロニクス統括部にてCMM®レベル3達成

2004

2月
テクノロジーソリューション事業部横浜センターにてISO14001の認定取得
5月
本社(港区三田)、芝センター、田町センター及びワイヤレスソリューションセンターを統合し、港区港南へ移転
6月
プライバシーマーク付与認定審査合格
9月
オープンソース関連事業を展開する「オープンソース・ジャパン株式会社」に資本参加
 
情報システムに関するコンサルティング業務を主体とする「ビュルガーコンサルティング株式会社」に資本参加
12月
データ連携ソフトウェアパッケージ製品「データスパイダー」の開発会社「株式会社アプレッソ」に資本参加

2003

7月
子会社「株式会社ハートコンピューター」の株式譲渡

2002

4月
無線通信システムを手がけるワイヤレス・ソリューション・センターを新設

2001

3月
ソフトウェア開発事業の拡大のため、北海道(札幌市)に北海道開発センターを設置
9月
東京証券取引所市場第1部に上場

2000

6月
インターネット専業銀行「日本電子決済企画」(現 イーバンク銀行株式会社)に資本参加
8月
システム開発「シーアールエルブレインズ株式会社」(現 コグニティブリサーチラボ株式会社)に資本参加
 
酒造業界に特化したソフトウェア開発の「株式会社ハートコンピューター」を買収
9月
東京証券取引所市場第2部に上場
10月
インターネット事業を展開する「株式会社エンジン」に資本参加

1999

4月
マイコンシステムセンターを設置し、ファームウェア開発を強化
 
中国人ソフトウェア開発技術者による子会社「株式会社ウェイン」を設立
8月
単位株式数の変更(1単位 1000株→100株)
12月
テレマーケティング事業を手掛ける「第一アドシステム株式会社」に資本参加

1998

9月
子会社「芝ソフトウェア株式会社」を設立(現 クレスコ・イー・ソリューション株式会社)

1997

7月
店頭市場に株式公開、併せて資本金を7億5,870万円に増資

1996

2月
IIJとの間でインターネット専用線接続を開始

1995

4月
本社(港区高輪)、ソフトウェア事業部(中央区月島)、オープンシステム事業部(千葉市幕張)、システム事業部(港区西新橋)を統合し、港区三田へ移転

1992

10月
ダウンサイジング、マルチベンダー環境に対応する為、オープンシステム事業部を設置

1990

2月
通商産業省によるシステムインテグレーション登録企業となる

1988

4月
ソフトウェア開発、システム機器開発・販売を目的として、資本金9800万円にて株式会社クレスコ設立

クレスコとは

社名の「クレスコ」は、ラテン語で「成長する」という意味。成長を続けるために大切なのは、夢を描くこと。夢を実現させる確かな技術を、磨き続けること。