ホーム  > 企業情報 > 品質管理

品質管理QUALITY CONTROL

品質を高める取り組み

クレスコは品質管理を、経営の重要課題に位置付けています。

品質方針

クレスコは、「お客様が感動する価値を創造する」ことを目標に、品質活動を展開しています。

1.鉄板品質の提供

常に品質を第一に考え、 お客様に鉄板品質のサービスを提供します。

2.徹底的な生産性の追求

開発技術を磨き、ビジネスプロセスを改善し、生産性を追求します。

お客様の感動を目指してサービスを提供します

クレスコでは次の4つの活動を柱に品質活動を推進しています。

1.品質活動の組織づくり

2.開発プロセスの標準化

3.メトリックスの活用

4.教育・トレーニング

1.品質改善活動の組織

全社を統括する「全社品質活動フォロー会議」を設置し、
トップダウンで品質管理活動の意思決定と全社指導を行っています。

「品質活動フォロー会議」は、品質活動に関わる経営層、SQA(※)および品質管理部門が出席して、毎週開催されます。会議では、品質活動の状況が報告され、問題点・課題点に対し経営トップを含めた迅速な意思決定が行われています。
※ Software Quality Assurance group; CMMにちなんで、弊社では現場の品質活動責任者を「SQA」と称しています。

2.品質を支える開発標準体系

全社を統括する「全社品質活動フォロー会議」を設置し、
トップダウンで品質管理活動の意思決定と全社指導を行っています。

クレスコの品質を支える柱は「品質保証プロセス体系」です。
品質保証プロセス体系とは、品質管理を効果的に実施するために独自に構築した体系であり、提案からプロジェクトの実施、納品に至るまでの全てをカバーする「開発標準体系」をベースに、局面・局面を確実に実施していくことを目指したものです。
この品質保証プロセス体系を、クレスコではプロジェクト推進のバイブルとしています。

3.メトリックスの活用

品質保証体系に基づき、5つのアクション(PDCAM)を反復すること(表1)、そして12の局面レビューの確実な実施(図1)により、品質の確保に努めています。

5つのアクション(PDCAM)

計画を作る(P) プロジェクトの計画を必ず作る。
進捗・品質の把握(D) 計画に沿って実行し、進捗・品質を把握する。
局面レビュー(C) 局面レビューを行ってから次の工程へ進む。
アクティブマネージメント(A) 管理層とプロジェクトマネジャーは課題・問題点に必ず手を打つ。
メトリックスの活用(M) 判断基準を数値化し、意思決定の可視性を高める。

4.教育・トレーニング

(1)継続的な教育・トレーニングの実施

高い品質を実現するための要員の教育・トレーニングを計画的・継続的に実施しています。品質管理の原理原則の理解と行動様式としての定着に効果を上げています。

(2)知識・知財の活用

知識・知財共有活動を品質管理活動の武器として積極的に利用しています。
社内における知識共有を目的に、CET制度(Cresco technical Expert Team)を推進。技術エキスパートの知識を全社で共有しています。
また、ナレッジマネージメント(KM)を品質改善活動に効果的に活用しています。社内に散在するノウハウ知識を「暗黙知から形式知」にして知財として共有し、ナレッジサイクルに乗せています。KMの基盤システムが社内ポータル上で構築されており、品質改善活動においてもそれを積極的に武器として活用し、多大な効果を上げています。

品質活動による成果

品質方針に基づいて品質活動を継続して行ってきたことにより、
ISO9001の認証取得や、CMM®レベル3達成などの成果が出ています。

≪ISO9001の認証を取得≫

ISO9001とは、製品やサービスの品質保証を通じて組織の顧客や市場のニーズに応えるために活用できる品質マネジメントシステムの国際規格のことです。お客様にご満足いただけるサービスや製品を安定して生み出す仕組み(品質システム)を規格化したものです。

組込み型ソフトウェア開発を行っておりますエンベデッドソリューション事業部 第4部(当時のカーエレクトロニクス開発部門)は、審査機関である(財)日本品質保証機構の登録審査を受け、ISO9001:2000品質マネジメントシステムの要求事項を満足していることが確認されたことにより、2007年2月23日に認証を取得し、その後、改訂版であるISO9001:2008に移行いたしました。

なお、品質活動が社内に十分に浸透したため、2014年12月31日付で認証を返上いたしましたが、今後もお客様の満足度向上のために、品質マネジメントシステムの継続改善に努めてまいります。

≪CMM®「レベル3」を達成≫

CMM®とは、カーネギーメロン大学の研究所が中心となって作り出した、ソフトウェア開発のプロセス能力を客観的に示す品質管理基準のことです。組織的なソフトウェア開発能力の成熟度によりレベル1からレベル5の5段階で評価され、アメリカでは国防総省がソフトウェアの開発案件に入札するための条件としてレベル3を要求しているほか、政府部門から一般企業まで幅広く利用されています。

クレスコでは、組込み型ソフトウェア開発部門であるカーエレクトロニクス統括部(現 エンベデッドソリューション事業部)が、2001年8月から組織的なプロセス改善活動を行ってきました。そして同部門は2005年12月22日、CMM®「レベル3」を達成したことが、リードアセッサー(評価者)に認められました。

今後も、CMM®に基づいた組織的なソフトウェア開発の継続的な品質向上と、CMMI®も視野に入れた上位レベルの達成を目指していくとともに、お客様のビジネス成功に貢献できる製品やサービスの提供に努めてまいります。