1. トップページ
  2. IR情報
  3. 経営情報
  4. コーポレート・ガバナンス
  5. コーポレート・ガバナンスの取組み

コーポレート・ガバナンスの取組み

 
[2016年6月30日 時点]

■ 基本的な考え方

 当社は、すべてのステークホルダー(利害関係者)の「期待」を以下のように認識しております。

1. 持続的な成長と中長期的な企業価値の向上を実現する。
2. グローバル社会の中、社会的使命と責任を果たす。
3. 経営理念や経営方針等を具現化し、「信頼される企業」であり続ける。

 当社は、これらの「期待」を具現化するため、コーポレート・ガバナンスを重要な経営課題と位置付け、取締役会を中心とした的確かつ迅速な意思決定および業務執行体制ならびに適正な監督・監視体制の構築を図るとともに、多様な視点、長期的な視点に基づいたコーポレート・ガバナンス体制を構築し、すべてのステークホルダーにとって企業価値を最大化すること、経営の効率性、透明性を向上させること、そして、株主のみなさまに対する受託者責任・説明責任を十分に果たすことをコーポレート・ガバナンスの基本方針としております。
 また、コーポレート・ガバナンスの実効性を一層強化するため、経営の健全性、公正性の観点からリスク管理、内部統制制度、コンプライアンスへの取組みを徹底し、当社に対する信頼性の向上と自浄能力の増強に努めてまいります。併せて、コーポレートガバナンス・コードの各原則に対する当社の取り組み方針や取り組み状況を明確にし、ステークホルダーとの対話の充実を図ってまいります。

■ コーポレート・ガバナンス・コードに関する取組み

 コーポレートガバナンスの実効性を一層強化するため、経営の健全性、公正性の観点からリスク管理、内部統制制度、コンプライアンスへの取組みを徹底し、当社に対する信頼性の向上と自浄能力の増強に努めてまいります。併せて、コーポレートガバナンス・コードの各原則に対する当社の取り組み方針や取り組み状況を明確にし、ステークホルダーとの対話の充実を図ってまいります。

≪ コーポレートガバナンス・コードとは ≫

金融庁と東京証券取引所が、5つの基本原則、30の原則、38の補充原則の全73コードを コーポレートガバナンスの指針としてまとめたものです。

東京証券取引所 コーポレート・ガバナンス情報サービス
                  [当社の証券コード: 4674]
 

ページの先頭へ戻る