情報管理と啓蒙

 
[2016年6月30日 時点]

■ 情報管理

 当社企業グループの情報資産の管理については、「クレスコセキュリティポリシー」および「リスク管理規程」に基づき、「セキュリティ基本規程」「秘密保持規程」「インサイダー取引防止規程」「個人情報保護規程」等情報管理の軸となる規程類を定め、マネジメントラインで情報管理を徹底するとともに、内部統制上、特に重要な業務プロセスについては、ITによる統制を行っております。

■ 啓蒙・指導

 コーポレート・ガバナンスの実効性を高めるために重要なことは、経営トップをはじめとして、当社企業グループの全役員、全社員がその重要性を認識することが必須であると考えております。そのため、法務部が中心となって、グループ会社を含めたコーポレート・ガバナンス体制の構築と啓蒙指導を行っております。
 特に、コンプライアンス意識の醸成・維持・向上を図るべく、当社企業グループの全役員・全従業員および協力会社社員に対し、反社会的勢力への対応を含む年1回のコンプライアンス研修や、コンプライアンスチェックシートによる毎月の自己点検を義務づけ、ルールの周知徹底と定着を図るとともに、リスクマネジメントの観点から取締役会をはじめ、ライン組織や内部監査室、法務部によるモニタリングを実施し、事故の未然防止および再発防止に努めております。

■ コンプライアンス基本方針

  • クレスコおよびグループ各社の使命はコンピューターソフトウェア開発事業およびそれに関連する各種サービスを通じて顧客満足の向上、社会の発展に寄与することであり、そのためにグループ全体で企業倫理・法令等の遵守を重視した経営を推進します。
  • この方針を徹底するため行動基準を制定し、グループ各社、各位はこの基準を遵守して行動します。
  • 当基本方針と行動基準の周知徹底を図り、監督指導や問題解決処理を通じてコンプライアンス経営、適正な内部統制システムの実践に努めます。

 

ページの先頭へ戻る