表示の切り替え

  • パソコン
  • スマートフォン

ホーム  >  IR情報 >  経営情報 >  ESGに対する当社の考えと取組み状況

このページを印刷する
文字サイズの変更

ESGに対する当社の考えと取組み状況

E(環境:Environment)、S(社会:Social)、G(企業統治:Governance)は、国連が提唱する「社会的責任投資(SRI)」における、企業が認識すべき「社会から企業への期待」であるとクレスコは認識しています。
また、企業として持続的な成長を遂げ、自身の企業価値を高めるうえで、このESGに対して「企業から社会に対してできること」を常に思考し、そして行動し続けることが必要であると考えます。

クレスコ創業時に、クレスコの企業使命を「企業活動の成長が世界の人々の幸福に可能な限り最大の貢献をすること、そしてそこに働く人々が共に喜びと誇りをもち、自己の能力を最高に発揮できることです。企業活動の源泉は、社員ひとり一人の技能の結集であり、常に技術力の向上に自己研鑽を重ね、何事にも積極果敢に挑戦することです。そこにおいて、個人の目的と会社の目的を一致させる理想郷を実現することです。」と考え、「人は皆平等であるという立場から、能力以外の差別を無くし、技術中心の、明るく活気のある社内と、開かれた経営を実現し、活躍する舞台を広く世界に求める。」という精神のもとに、創業理念「クレスコ憲章」を作りました。 いまでも、クレスコの企業活動の原点となっています。

<クレスコ憲章>

クレスコの本業であるシステム開発は、お客様の作業効率性や付加価値の上昇につながるものであり、ひいては「働き方改革」を含めたS(社会:Social)や環境負荷の低減E(環境:Environment)に寄与するものです。
また、組込み型ソフトウェアなどは、車や家電などのコンシューマ向け製品に用いられることにより、直接的にE(環境:Environment)の保全に働きかけるものです。
このことこそがクレスコの社会的使命であり、存在価値、そして存在理由そのものであると考えます。このような認識を持つクレスコの、「企業としてのESGの取組み」をご紹介します。