表示の切り替え

  • パソコン
  • スマートフォン

ホーム  >  IR情報 >  経営情報 >  ESGに対する当社の考えと取組み状況 >  E(環境:Environment)の取組みについて

このページを印刷する
文字サイズの変更

E(環境:Environment)の取組みについて

環境保全活動

環境省が主導している「Fun to Share」に賛同し、「エコ意識を高め、『今できること』の取組みで低炭素社会へ。」を宣言し、環境負荷の低減(節電、省電力化、ペーパーレス化、リサイクルなど)、調達や選定におけるグリーン購買の推進の他、毎年5月から9月の間、スーパークールビズを実施しています。

AEDの設置

万が一の事態に備えたいという想いから、2012年9月に救命救急医療機器のAED(自動体外式除細動器)ボックスを本社フロアの受付に設置しました。緊急の際は、どなたでもご自由にお使いいただけます。AEDボックスの扉を開けるとブザーが鳴り、緊急が発生したことを周囲に知らせます。救命救急講習を受講している社員が、緊急事態においても即時の対応ができるように体制を整えています。

「クレスコOne%Club」

阪神淡路大震災での日本赤十字社への寄付をきっかけに社会貢献活動の一環として、「小さなことから。できるところから。」をテーマに、社員の任意加入団体として「クレスコOne%Club」を立上げました。社員からの寄付と、社員の寄付総額と同額を会社が補助して、日本盲導犬協会、日本介助犬協会、日本地雷処理を支援する会(JAMAS)、日本障害者リハビリテーション協会、交通遺児育英会、J.POSHに毎年寄付を行っており、大規模災害等が発生した場合は、日本赤十字社をとおして被災地の自治体に寄付しています。
また、寄付とは別に、日本介助犬協会が毎年5月に開催されている「介助犬フェスタ」には、2014年から毎年協賛しています。

地域のスポーツ振興

2016年よりサッカーJリーグ所属の「FC東京」のクラブスポンサー契約を締結しています。Jリーグ主催のリーグ戦等の公式試合前に着用する練習着の袖に、当社のロゴが入っています。
また、スポンサー活動を通して、地域のスポーツ振興や子ども達の健やかな精神や夢を育むきっかけ作りとして東京都内の小学生・少年少女サッカーチームを対象に、貸切バスにて「FC東京」のホームゲームにご招待する活動を行っています。 サッカーを通して子供達に健やかな精神と夢を育む機会になればと2017年は2回実施し、計80名の子供達をご招待しました。